モーニング娘。(モー娘。)の徹底解説まとめ

モーニング娘。とは、ハロー!プロジェクトの看板グループであるアイドルグループである。1997年に結成され、加入と卒業を繰り返し活躍を続けている。ダンス・歌ともにパフォーマン力が高いことで有名で、芸能人ファンも数多く獲得している。デビューからほとんどのシングルでオリコン10位以内を獲得しており、アイドル戦国時代と言われる今でも輝きを放っている。日本だけでなく海外でも多くのファンがいて、世界へと人気の幅を広げているグループだ。

モーニング娘。の概要

モーニング娘。は1997年、テレビ東京『ASAYAN』のオーディション企画で落選した5名(中澤裕子・飯田圭織・石黒彩・安倍なつみ・福田明日香)で結成された。デビューの条件であるインディーズシングル『愛の種』を5日間で5万枚を売り切るというミッションを見事達成し、『モーニングコーヒー』でメジャーデビューを果たした。「LOVEマシーン」や「恋愛レボリューション21」など数多くのヒット曲を出し、社会現象を起こす。

メジャーデビューからリリースしたすべてのシングルでオリコン週間ランキングで10位以内に入るという偉業を成し遂げている。加入と卒業を繰り返すことで20年以上続いているアイドルグループは、モーニング娘。以外にはいない。
2014年1月1日以降、正式名称の表記を変更したモーニング娘。であるが、その表記方法は「モーニング娘。」の後に西暦の下2桁を付して「モーニング娘。'○○」である。例えば、『モーニング娘。'21』)の読みは、「モーニングむすめ トゥーワン」と読む。西暦を追加した理由は、その年に誰がいてどんな曲をリリースしたのか思い出してもらうためという、歴史あるグループだからこその理由だ。

モーニング娘。の楽曲はほとんどがつんく♂による楽曲のため、リズムの工夫が細かく表現されている楽曲ばかりで、何度も聞きたくなる「スルメ曲」ばかりだ。

モーニング娘。の活動経歴

オーディション落選組での結成とメジャーデビュー

インディーズシングル『愛の種』

テレビ東京『ASAYAN』のオーディション企画「シャ乱Qロックヴォーカリストオーディション」にて、落選した中澤裕子・飯田圭織・石黒彩・安倍なつみ・福田明日香によって結成されたモーニング娘。。

オーディション落選組ということもあり、メンバー間が不仲でそれぞれがライバル心を燃やしている中で、メジャーデビューの話が舞い込んでくる。メジャーデビューの条件は、インディーズシングル『愛の種』を5日間で5万枚手売り達成することだった。実際は、購入希望者が多すぎてトラブルを回避するために、手売りだけでなく店舗販売したということもあり、手売りだけで5万枚という結果以上の結果を残した。大阪の販売会場では15,612枚の売上を記録し、「1店舗における同一CDの1日の売り上げ枚数」の世界記録にもなった。

そして、見事目標を達成したモーニング娘。は、『モーニングコーヒー』でメジャーデビューを果たす。

突然の追加メンバー加入

2ndシングル『サマーナイトタウン』

モーニング娘。は『愛の種』の5万枚手売りが達成できなかったら即解散だったと後につんく♂が語っている。無事にメジャーデビューを果たし、これからがスタートだという時に、突然の追加メンバーの加入が告げられる。
ここで加入したのが2期メンバーである保田圭・矢口真里・市井紗耶香だった。1期メンバーは追加加入を良く思っていない様子であったが、2ndシングル『サマーナイトタウン』はオリコン週間ランキングで4位を獲得。続く3rdシングル『抱いてHOLD ON ME!』ではオリコン週間ランキング1位を獲得。その年の日本レコード大賞で最優秀新人賞を獲得し、紅白歌合戦初出場も果たした。

後藤真希の加入と『LOVEマシーン』

7thシングル『LOVEマシーン』

波に乗っていたモーニング娘。に新たな新メンバーが加入する。3期メンバーの後藤真希だ。中学生で金髪というインパクトのあるビジュアルに、歌唱力とカリスマ性を持った後藤の初シングルは『LOVEマシーン』である。この曲はモーニング娘。初のミリオン達成を記録した楽曲である。なお、石黒彩にとっては、ラストシングルでもあった。

3期メンバーは元々2人加入させる予定で、9人で『LOVEマシーン』をリリースする予定だったが、オーディション段階で「後藤だけレベルが違いすぎる」ということから、後藤1人加入で8人でのシングルとなった。前作『ふるさと』が不振であったため、つんく♂は明るい曲を提供し、ダンスの振りも真似しやすい振付にした。これまでのモーニング娘。のイメージを覆したこの楽曲は、初動売上はモーニング娘。史上最高記録として記録されている。

『LOVEマシーン』によってアイドル界のトップへと一気に駆け上がったモーニング娘。は、ここからさらに躍進を続ける。

黄金期を迎えたモーニング娘。

11thシングル『恋愛レボリューション21』

モーニング娘。の躍進はその後も続いていく。2000年、『LOVEマシーン』発売後にリリースされた『恋のダンスサイト』では2作品連続でミリオン達成を記録した。
同年、4期メンバー(吉澤ひとみ・石川梨華・辻希美・加護亜依)が加入して『ハッピーサマーウエディング』をリリース。この楽曲は99.1万枚と100万枚達成はできなかったが、日本レコード協会の集計ではミリオンセラー認定した。また、この楽曲はグループとしては歴代3番目の売上を記録しており、ハロー!プロジェクト全体でも4番目の売上でもある。

10thシングル『I WISH』では、TBS系列のシドニー五輪のテーマソングに起用。その後、中澤裕子のラストシングルである「恋愛レボリューション21」、石川梨華をセンターにした「ザ☆ピ~ス!」など
連続してヒット曲をリリースしたモーニング娘。は、アイドル界では独走状態を続ける。いわゆる「黄金期」を迎えたのだ。

メンバー1人1人の個性も光っており、バラエティ番組でもモーニング娘。を見ない日はないくらい、爆発的人気を誇った。モーニング娘。の人気は止まることなく、うなぎ上りに上昇していった。

人気メンバーの卒業ラッシュ

15thシングル『Do it! Now』

アイドル界を独走し続けたモーニング娘。であったが、ここで人気メンバーの卒業ラッシュが始まる。

まずは15thシングル『Do it! Now』で後藤真希が卒業する。絶対的エースでセンターだった後藤の卒業は衝撃を与えた。17歳という若さでモーニング娘。を後藤は卒業し、ソロ活動に専念することになった。18thシングル『AS FOR ONE DAY』では2期メンバーの保田圭が卒業。タレント性に優れていた保田は、歌番組『うたばん』でとんねるずの石橋貴明や中居正広にいじられ、ネタにされていたが、確かな歌唱力でモーニング娘。を下支えしていた。21stシングル『愛あらばIT'S ALL RIGHT』では初期からセンターを務めていた安倍なつみが卒業し、23rdシングル『女子かしまし物語』では辻希美と加護亜依が卒業した。25thシングル『THE マンパワー!!!』では飯田圭織、26thシングル『大阪 恋の歌』では矢口真里・石川梨華の卒業と、2002年から2005年の間で、黄金期を引っ張ってきたメンバーたちが立て続けに卒業していった。

後に評価される暗黒時代「プラチナ期」

人気メンバーが次々と卒業をし、人気が低迷していったモーニング娘。。さらにAKB48の登場によって、アイドル界のトップの座を奪われるといったファンにとって悔しい時期がここから始まる。
しかし、モーニング娘。の進化はここから始まる。それは5期メンバー高橋愛が作り上げてきたモーニング娘。だ。高橋愛がリーダーを務め、且つ2007年から2010年秋までの期間を「プラチナ期」と呼んでいる。

この時期はテレビの露出こそ少なかったが、ライブパフォーマンスに力を注ぎ、フランス・上海・中国といった海外公演を実現するなどこれまでのモーニング娘。とは路線を変更した。4年間メンバーの増員もせず、固定メンバーで活動を続け、歌やダンスのレベルが一気に上がったのもこの時期だ。この「プラチナ期」に憧れて加入したハロー!プロジェクトの現メンバーは数多く存在する。アイドル界でも憧れている人が多く、アイドルが憧れるアイドルをになった「プラチナ期」は、暗黒期と世間では言われていたかもしれないが、間違いなくパフォーマンス力が高かった時代である。

高橋愛がリーダーになった当初は、吉澤ひとみが卒業して6期メンバーの藤本美貴がリーダーに就任したが、スキャンダル発覚によりリーダー就任後1か月足らずで脱退。34th『女に幸あれ』は、本来藤本がメインで歌うはずで既にレコーディング済みあったが、急遽歌割が変更されてリリースされた。コンサートも秋ツアーが予定されていたが、9人でのツアーとなり、高橋のリーダーの始まりはバタバタした中でのスタートとなった。

「プラチナ期」は、高橋愛と6期メンバーの田中れいながツートップで時代を作り上げてきた。そして、5期メンバーの新垣里沙と6期メンバーの亀井絵里が2番手のような役回りで歌唱を支え、同じく6期メンバーの道重さゆみ、7期メンバーの久住小春、8期メンバーの光井愛佳、中国からの留学生としてジュンジュンとリンリンで構成されていた。

「プラチナ期」の由来は、2009年にリリースされたアルバム『プラチナ 9 DISC』から付けられた名称である。

プラチナ期の功績があったからこそ、後にモーニング娘。の代名詞となる「フォーメーションダンス」が確立されていったのだ。彼女たちの努力なしにはモーニング娘。は続いていなかったかもしれない。

「プラチナ期」の終焉と「カラフル期」

13rdアルバム『カラフルキャラクター』

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アンジュルム(スマイレージ)の徹底解説まとめ

アンジュルム(スマイレージ)の徹底解説まとめ

アンジュルムは、ハロー!プロジェクトに所属するアイドルグループ。 2009年4月4日、ハロー!プロジェクトの研修生に当たるハロプロエッグからの選抜グループとして、スマイレージを結成。2010年5月26日にメジャーデビュー。 その後、メンバーの卒業・加入を繰り返し、2014年12月17日に現在のグループ名・アンジュルムに改名した。ハロー!プロジェクトの中でも2番目に長いキャリアを持つ。 ハロー!プロジェクトきっての個性派集団である。

Read Article

つばきファクトリー(ハロプロ)の徹底解説まとめ

つばきファクトリー(ハロプロ)の徹底解説まとめ

つばきファクトリーは、ハロー!プロジェクトに所属するアイドルグループ。 2015年4月29日に結成された。 メンバーは、山岸理子、小片リサ、新沼希空、岸本ゆめの、浅倉樹々、谷本安美、小野瑞歩、小野田紗栞、秋山眞緒の9名。2017年2月22日にメジャーデビュー。 ハロー!プロジェクトの中でも特に、清楚でおしとやかなイメージのあるグループ。切ない乙女心を歌った曲や、女性にも共感されるような曲が多いという点で、他のハロー!プロジェクトのグループとは一線を画している。

Read Article

℃-ute(ハロプロ)の徹底解説まとめ

℃-ute(ハロプロ)の徹底解説まとめ

℃-uteは、ハロー!プロジェクトに所属していたアイドルグループ。2005年6月11日に結成。初期メンバーは、矢島舞美、村上愛、梅田えりか、鈴木愛理、中島早貴、岡井千聖、萩原舞の7名。 2007年にメジャーデビュー、同年末には日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞した。プロデューサーのつんくからは「ハロプロ一のパフォーマンス集団と」評されている。 2010年からは矢島舞美、鈴木愛理、中島早貴、岡井千聖、萩原舞の5名で活動。2017年6月12日に解散した。

Read Article

BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)の徹底解説まとめ

BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)の徹底解説まとめ

BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)とは、ハロー!プロジェクトに所属するアイドルグループ。 一岡伶奈をリーダーとするCHIKA#TETSU、高瀬くるみをリーダーとする雨ノ森 川海、平井美葉をリーダーとするSeasningSの3つのユニットによって構成される。 デビュー以来、寸劇を取り入れた楽曲や、メンバーのキャラクターを活かした個性的な楽曲で話題を集めている。2019年にレコード大賞最優秀新人賞を獲得し、2020年には第34回日本ゴールドディスク大賞ベスト5ニュー・アーティストに選出された。

Read Article

こぶしファクトリー(ハロプロ)の徹底解説まとめ

こぶしファクトリー(ハロプロ)の徹底解説まとめ

こぶしファクトリーは、ハロー!プロジェクトに所属するアイドルグループ。 2015年1月2日に結成された。 初期メンバーは、広瀬彩海、藤井梨央、野村みな美、小川麗奈、浜浦彩乃、田口夏実、和田桜子、井上玲音の8名。2015年9月2日にメジャーデビュー。 こぶしを聞かせた力強い歌声と常に全力の熱いパフォーマンスでファンを魅了した。5人体制になってからは、井上玲音のボイスパーカッションを中心として、アカペラにも挑戦するなど、パフォーマンスの幅を広げた。 2020年3月30日をもって解散。

Read Article

呪怨 黒い少女(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

呪怨 黒い少女(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪怨 黒い少女』とは2009年に公開された日本のホラー映画作品である。同時上映は『呪怨 白い老女』。監督・脚本は安里麻里。今作では『呪怨』シリーズのメインキャラクターである伽椰子を登場させないという新たな試みが行われている。伽椰子に代わるメインキャラクターとして、この世に産まれることができなかった真っ黒な少女の霊が人々に厄災を振りまいている。終盤では、除霊を試みた真理子と真理子を騙し打ちした霊との戦いが繰り広げられている。自由を得た霊は伽椰子のように家に固執することなく歩み去っていく。

Read Article

大江戸妖怪かわら版(児童文学・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

大江戸妖怪かわら版(児童文学・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『大江戸妖怪かわら版』は香月日輪により執筆され、2006年に理論社より刊行、文庫本シリーズ、およびそれを原作として『月刊シリウス』に連載された漫画作品である。人を傷つけ人に傷付けられながら生きてきた人間の少年雀は、次元のすき間からボロボロになって「魔都大江戸」に落ちてくる。魔人の「鬼火」に助けられた雀は、妖怪や異形の者たちに優しく接してもらううち、次第に心を開く。魔都大江戸で生きることを決意した雀が、奇想天外な妖怪たちと暮らし、成長していく様を描いた作品である。

Read Article

黒歴史満載!?芸能人・有名人の衝撃流出写真を大公開

黒歴史満載!?芸能人・有名人の衝撃流出写真を大公開

類まれなる美貌や才能をいかんなく発揮して、芸能界・スポーツ界で活躍している多くの有名人たち。しかし時にはその姿からは想像もつかないような写真が発見されることもある。本記事では未成年飲酒・喫煙、熱愛報道、整形疑惑や変顔写真など芸能人・有名人の衝撃的な流出写真をまとめて紹介する。

Read Article

【後藤真希】ヤバすぎる…黄金時代の「モー娘。」が語る当時の裏話とは!?【辻希美】

【後藤真希】ヤバすぎる…黄金時代の「モー娘。」が語る当時の裏話とは!?【辻希美】

1997年に発足し、メンバーを入れ替えながら活動を続けているアイドルグループ「モーニング娘。」。その黄金時代を支え、今はもう脱退している者たちが当時の裏話を語ってくれました。 安倍なつみ、飯田圭織、中澤裕子、石黒彩、矢口真里、辻希美、加護亜依、保田圭、後藤真希が語る当時の確執などはかなりヤバいです。表には見えなかったけどやっぱり当時はいろいろとあったんですね。

Read Article

モーニング娘。のオーディションに落選した芸能人まとめ【倖田來未・IMALU】

モーニング娘。のオーディションに落選した芸能人まとめ【倖田來未・IMALU】

『モーニング娘。』は90年代から活躍する女性アイドルグループで、日本国外にもファンがいるほど人気が高い。「女性アイドルといえばモー娘。」といっても過言ではない時代もあり、多くの女性がオーディションに申し込んだ。その中には後に芸能界で活躍する人もいたようだ。 ここではモーニング娘。のオーディションに落選した芸能人をまとめた。

Read Article

モーニング娘。の所属メンバーがOGと決別宣言!不祥事のことばかり聞くマスコミにウンザリ

モーニング娘。の所属メンバーがOGと決別宣言!不祥事のことばかり聞くマスコミにウンザリ

モーニング娘。といえば、1997年の結成以来ずっと活動を続けてきたアイドルグループ!長い歴史の中で、メンバーチェンジを繰り返してきました。そのOGの中には、不祥事などで何かと世間を騒がせている人も。マスコミはモー娘。’14のメンバーにOGの話題を振っていましたが、これにメンバーが反論。OGのことばかり聞かないでと決別宣言をしました。そう言いたくなる気持ちはとってもよくわかります。OGはOGであり、メンバーの活躍とは本来何の関係もないことなのですから。

Read Article

【安倍なつみ】モーニング娘。のOGたちが不幸すぎる件【矢口真里】

【安倍なつみ】モーニング娘。のOGたちが不幸すぎる件【矢口真里】

モーニング娘。のメンバーに誰がいるかと聞かれて安倍なつみ、矢口真里、市井紗耶香、後藤真希、飯田圭織などの名前が思い浮かんできた方は、ちょうどグループが絶頂期にあった頃ではないでしょうか。メンバーから卒業し、OGとなった彼女たちですが、その後の人生はどうやら不幸ばかりのようです。一体何があったのか、この記事でまとめました。

Read Article

これぞアイドル!モーニング娘。のプラチナ期が熱いまとめ

これぞアイドル!モーニング娘。のプラチナ期が熱いまとめ

あれ?最近モーニング娘。テレビでみないなぁ〜なんて時期がありましたよね?ファンの間では有名なモーニング娘。のプラチナ期といわれている時代です。高橋愛ちゃんが束ねるハイクオリティなパフォーマンスでライブ中心の活動に力を入れていた歌って踊れて最高に可愛い!今でも根強い人気を誇るプラチナ期をまとめてみました。

Read Article

「歌とダンスのスペシャリスト集団」といわれたモーニング娘。の「プラチナ期」を徹底紹介!

「歌とダンスのスペシャリスト集団」といわれたモーニング娘。の「プラチナ期」を徹底紹介!

「カラフル期」と呼ばれるモーニング娘。'14は「時空を超え 宇宙を超え/Password is 0」でグループ初となる5作連続1位を獲得し、話題となった。本記事では、新しい世代「カラフル期」の礎となった「プラチナ期」を紹介する。音楽的にも面白い楽曲が多いため、アイドルファン以外の方も楽しめる内容となっている。

Read Article

モーニング娘。OGのハロウィンパーティーに潜入!辻希美はやっぱり叩かれる?

モーニング娘。OGのハロウィンパーティーに潜入!辻希美はやっぱり叩かれる?

かつて、「モーニング娘。」のメンバーとして人気を牽引してきた後藤真希、辻希美、藤本美貴、吉澤ひとみ、飯田圭織。グループOGとなった彼女たちがハロウィンパーティーで一堂に会し、様々な仮装や料理を披露!各々ブログやSNSでその様子をUPしていました。その中で気になるのが辻ちゃん。これでもかといわんばかりに叩かれる彼女ですが、どうしていつも辻ちゃんばかり槍玉に挙げられてしまうのでしょうか。さすがに可哀想になってきました…。

Read Article

道重さゆみがモーニング娘。を卒業!その理由は後輩の活躍を願ってのことだった!

道重さゆみがモーニング娘。を卒業!その理由は後輩の活躍を願ってのことだった!

モーニング娘。のメンバー、道重さゆみ卒業に関するまとめです。かねてから絶頂期での卒業と、後輩たちにグループを任せたいと考えていた彼女。2014年の単独コンサートツアーをもって、長年のアイドル活動に終止符を打ちました。ここでは重道さゆみのプロフィールやアイドルとしてどんな評価を受けてきたか、卒業に対するファンの反応などを紹介していきます。

Read Article

モーニング娘。が2014年の紅白に落選…実績あるのにAKBグループばかりとファンから怒りの声

モーニング娘。が2014年の紅白に落選…実績あるのにAKBグループばかりとファンから怒りの声

出場者に毎年注目が集まる『NHK紅白歌合戦』ですが、2014年のそれに関しては大きなどよめきが起こりました。AKBグループからなんと4枠が出場しており、モーニング娘。の名前がなかったのです。これに対してファンの怒りが爆発。モー娘。だってちゃんと実績を残しているはずなのに、なぜAKBグループばかりが出場するのかとの声が飛び交っていました。紅白の選考基準がもはやよくわからないですよね…。

Read Article

【モー娘。】「新生モーニング娘。」「プラチナ期」「黄金期」の名曲を動画で紹介!

【モー娘。】「新生モーニング娘。」「プラチナ期」「黄金期」の名曲を動画で紹介!

本記事ではアイドルグループ「モーニング娘。」の活躍ぶりを、「新生モーニング娘。」「プラチナ期」「黄金期」の3つの時期に大別し、名曲の数々を動画で紹介している。1997年に第1期として誕生した「モーニング娘。」は、メンバーチェンジを繰り返しながら大人気アイドルとしての地位を着実に獲得していった。

Read Article

目次 - Contents