アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝(アンチャ4)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝(アンチャ4)』とは、ノーティードックが2016年に発売した作品で、プレイステーション4専用のアクションアドベンチャーである。
主人公ネイサン・ドレイクは、生き別れた実の兄サムから「ヘンリー・エイヴリーの財宝」を見つけなければ殺されることを告白された。かくして、ネイサンは兄と共に世界各地で、その謎を解きながら悪者と戦いつつ、財宝を探しを行う。これは、兄と弟の絆を描いた壮大なドラマである。

タフガイ

ダウンした時の体力が50%上昇する。

タフガイ2

ダウンしている時に□ボタンを連打することで移動速度が50%アップする。

置き土産

自身が倒された時にお金と弾薬を落とす。それは仲間が入手することができる。

ステルス1

敵が復活した時に居場所を知られることがない。また、サイドキックにマークされることもない。

ステルス2

10回格闘チャージでダウン。また敵にマークされなくなる。

ステルス3

20回格闘チャージでダウン。またタパク・ヤウリの杖にマークされることがない。

弾薬回収術

弾薬を拾う量が25%上昇する。また拾える範囲も12mに拡大する。

格闘家

格闘チャージ後の硬直時間が減少する。

稼ぎ屋

手に入れる事ができるお金が増える。

爆発物感知

爆発物を感知しやすくなる。

戦闘蘇生術

戦闘中の蘇生力が上昇する。

ロープの達人

ロープにぶら下がりながら射撃することができる。

ponmaguro039
ponmaguro039
@ponmaguro039

Related Articles関連記事

アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス(アンチャ3)のネタバレ解説・考察まとめ

アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス(アンチャ3)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』は2011年に発売されたPlayStation 3及びPlayStation 4専用ゲームで、開発は『クラッシュ・バンディクー』や『THE LAST OF US』で知られるノーティードッグである。『エル・ドラドの秘宝』『黄金刀と消えた船団』に続くシリーズ3作目として発売され、ネイトの少年時代、相棒サリーとの出会い、そしてネイトがいつも首からかけている祖先から引き継いだ指輪の意味が明らかになる。舞台を砂漠に移し、さらなる冒険が始まる。

Read Article

【アンチャーテッドシリーズ】美女・美人な登場人物・キャラクターの画像まとめ【Uncharted Series】

【アンチャーテッドシリーズ】美女・美人な登場人物・キャラクターの画像まとめ【Uncharted Series】

『アンチャーテッドシリーズ』(アンチャ)は海洋冒険家「フランシス・ドレイク」の子孫を自称するプロのトレジャーハンター「ネイサン・ドレイク」(愛称:ネイト)の冒険を描いたアクションアドベンチャーシリーズである。冒険の中で、エレナ・フィッシャーなどの美女がネイサンの冒険をサポートすることがあり、ネイサンと彼女たちの関係性にも目が離せないゲームである。ここでは『アンチャーテッドシリーズ』に登場する美女・美人な登場人物・キャラクターを紹介する。

Read Article

【プレステ3】今すぐやりたい!PS3のおすすめ名作ソフトまとめ!!【アンチャーテッド など】

【プレステ3】今すぐやりたい!PS3のおすすめ名作ソフトまとめ!!【アンチャーテッド など】

プレイステーション3の名作ソフトを、ジャンル別でシリーズの中でも特に面白い・高評価のものをまとめていきます。(2014年更新) アンチャーテッドやラスト・オブ・アスなど、PS3の名作ゲームをまとめているので最後までご覧ください!PlayStation 3は、ソニー・コンピュータエンタテインメントが日本において2006年11月11日に発売したコンピュータ、家庭用ゲーム機。発売当初はすべて大文字のPLAYSTATION 3という表記を使用していた。

Read Article

【ダークソウル3】オンライン苦手な人は必見!ソロプレイにおすすめのPS4ソフトまとめ【アンチャーテッドシリーズ】

【ダークソウル3】オンライン苦手な人は必見!ソロプレイにおすすめのPS4ソフトまとめ【アンチャーテッドシリーズ】

今やゲームといえばオンラインが主流になり、様々なプレイヤーとのやりとりを楽しむ人が増えてきました。その一方で、オンラインゲームのマナー問題を気にするあまり、「マルチプレイは苦手…」という人がいるのも事実です。この記事では、そんなあなたのためにソロプレイでも楽しめるPS4のゲームについてまとめました。オンラインだけがすべてじゃないですよね!

Read Article

目次 - Contents