クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂)のネタバレ解説・考察まとめ

「クジラの子らは砂上に歌う」とは、「梅田阿比」による漫画作品。2017年にJ.C.STAFF製作でアニメ化。砂の海に浮かぶ巨大な船「泥クジラ」には、超能力「情念動(サイミア)」を操る「印」と、操れない「無印」がいた。印である主人公「チャクロ」は泥クジラの歴史を綴る記録掛りをしていた。チャクロはある日、砂の海を漂流してきた島で謎の少女「リコス」に出会う。

ニビ

CV:田丸篤志

印。17歳。体内モグラの一人。
元々体内モグラはニビがリーダーであった。
小さい頃オウニにちょっかいをかけ喧嘩になったことで体内送りになり、それがきっかけでオウニと仲間に引き入れる。
オウニが外の世界に憧れを持つきっかけを作った人物。
サイミアの能力は高めで、喧嘩慣れしているのかオウニとのコンビネーションは抜群であった。
しかしオウニを庇って槍を受け、それが致命傷となって絶命。
外の世界に憧れを抱いても居たが、オウニたち仲間との生活にも満足していた。

ギンシュ

CV:小松未可子

印。16歳。自警団のメンバー。
他人にあだ名をつけて呼び、自分を「姉さん」と呼ぶチャクロを「チャッキー」と呼び可愛がる。
帝国の襲撃の際や、ヌース・スキロス討伐で活躍。
明るい性格で、シリアスなシーンでも居るだけでその場が少し明るい雰囲気になる。

シュアン

CV:神谷浩史

印。26歳。自警団の団長。
長老会のラシャの息子。
高い戦闘能力を持ち、オウニと戦っても引けをとらない。
また自分に対しても他人に対しても命に対する執着が無く、戦い方も一切容赦が無い。
いつも笑顔であるがどこか不気味な雰囲気もあり、何を考えているか分からないが、与えられた職務は全うする。
スキロス攻防戦ではリョダリと戦いになり、リョダリを退けた。
妻・シエナには醜い死体を残す前に自決し死に様は美しくするように言い、シエナは実際に自決して死んでしまう。
シエナの死体を見た際には冷静を装っていたが、一人になると雑草を斬り付けて八つ当たりし、涙を流していた。
しかしシュアンは自分が悲しんでいると認識する事が出来なかった。
オウニとは一度戦ったことがあり、涙を見せないオウニと自分は近い存在であると思うのか、オウニの前に現れることが多い。
だがオウニは泣かなくても死んだ人は忘れない、シュアンと自分は違うと否定した。

ネリ

CV:加隈亜衣

無印と名乗っており、長老会の世話係りをしていた。
しかしどこか不思議な雰囲気を持ち、チャクロに心象風景や、サミなど死んだ人たちの投影を見せた。
そしてチャクロを他人の事を深く感じ取れる人と言い、皆の心を繋いで欲しいとチャクロに願った。
長老会がヌース・ファレナを破壊しようとした際には、チャクロたちを焚きつけ、自分はヌース・ファレナの元に居た。
ファレナをママと呼び、ファレナが受けた傷を癒すためにファレナの母体へ帰り、消えていった。
大人しい性格で、優しくおっとりしている。

エマ

CV:加隈亜衣

ネリが消えた後に出てきたネリそっくりの人物。
本人曰く、ネリとは血を分けた双子。
ネリと色違いの衣装を着ており、チャクロの前に現れては意味深な言葉を残していく。
ヌース・スキロスとの戦い前にはチャクロに泥クジラを守るように言い、チャクロが生き延びることができたらファレナの秘密を教えると約束した。
実際にチャクロが生き延び、コカロを持ち帰ると喜び、コカロが舵であることを教えた。
ネリよりも明るい性格で、好戦的でミステリアス。

帝国

オルカ

CV:石田彰

リコスの兄。本名不明。
アパトイアを率いる軍を指揮する長官で、ファレナ殲滅作戦の提案者。
しかし作戦に失敗して、帝国の持つ8つしかないヌースの一つスキロスを失うことになる。
帝国の魂召会(エクレシア)から死刑を宣告されるが、エクレシアを言葉巧みに言いくるめ、死刑を免れた。
オウニをデモナスと見なし、手中に収めようと狙っている。
書記官「イティア」に食べると感情が戻るといわれているヌースの肉「魂肉(サルクス)」を与え、感情を取り戻させている。
しかしサルクスを与えて良いのは貰った人間の三親等までとされているため、イティアを妻とし、「柳」という名前を与えた。
砂の海に落ちたリョダリを保護し、リョダリを自分の道化にした。

リョダリ

CV:山下大輝

泥クジラを襲撃した帝国の兵士の一人。
リコスとは幼馴染。
ヌースの元に居ながら感情が殆ど食べられず、狂気的な感情が残ったため家族から病気とされ切り捨てられた。
そのため帝国の人々を人形のようだと蔑み、感情を持っている泥クジラの人々の存在に嬉々する。
泥クジラの住人たちを愛しく思っているが、それは感情を持つ人間を自らの手で殺害したいという倒錯した愛情表現となって現れる。
チャクロがサミの死やリョダリたちの虐殺行為に涙すると、泣いている人間を始めて見たと興奮した。
しかしシュアンとの戦いで傷を負い、自分の死を怖がり逃走するが、逃走した先に居た印の子供達によって弓で攻撃され、砂の海に落ちる。
その後は砂マンボウという生き物に運ばれて生還し、もう一度ファレナに行きたいという気持ちから、オルカの支配下に下る。

スィデラシア連合王国

ロハリト・ノ・アモンロギア

rushire
rushire
@rushire

Related Articles関連記事

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

NEW
とある魔術の禁書目録(インデックス第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

とある魔術の禁書目録(インデックス第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『とある魔術の禁書目録』とは、鎌池和馬のライトノベル『とある魔術の禁書目録』を原作とする、J.C.STAFF制作によるサイエンス・ファンタジーアニメ作品。第1期は、2008年10月から2009年3月まで放送された。第1期以降、2020年までには、第2期、第3期までが放送されている。『とある科学の超電磁砲』、『とある科学の一方通行』などと合わせて「とある」シリーズと呼ばれており、本作『とある魔術の禁書目録』はその中核的な位置づけの作品である。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents