オーバーロード(Overlord)のネタバレ解説・考察まとめ

オーバーロード(Overlord)は、丸山くがね原作のWEB小説「オーバーロード」のアニメ作品。サービス終了間近のDMMO「ユグドラシル」で、一人サービス終了の時を惜しみながら待っているが、時間になっても強制ログアウトが行われず、異世界に転移しまった上に自作の強力なNPC達が意志を持って動き出す。時には救世し、時には目的の為に侵略行為も厭わない、異世界ダークファンタジー。

CV:三宅健太

異名: 凍河の支配者
役職:ナザリック地下大墳墓 第五階層守護者
製作者:武人建御雷

異世界転移後に意志を持った、ナザリック地下大墳墓の第七階層「氷河」に配置されたNPC階層守護者の一人。
武人建御雷の手によって作成された彼は、性格もコンセプトデザインも武人設定で、 敵が弱者であっても戦士として気概があれば一定の敬意を表す。
デミウルゴスからアインズの世継ぎの話が出た際は、いわゆる「爺のポジション」を狙っている様が描写されているが、その一面が出た時は、普段の武人然とした彼とは思えないほどに残念な人になる。
アニメではまだ活躍の場面が少ない。

戦闘力は階層守護者 同率序列3位で「武器戦闘最強」
武器で大ダメージを与えるスキル以外に、冷気ダメージを持つスキルや魔法も扱う事ができるが、MPや魔法攻撃力は低い水準である。

セバス・チャン

CV:千葉繁

異名: 鋼の執事
役職:ナザリック地下大墳墓 執事
製作者:たっち・みー

異世界転移後に意志を持った、ナザリック地下大墳墓の第九、十階層に配置されたNPCの一人。
執事であり厳密には守護者ではないが、役職上も他の階層守護者とは同格の扱いであり、戦闘メイド隊「プレアデス」を指揮下に持つ重要役職に付く。
彼の制作者である「たっち・みー」は、ユグドラシルのプレイに行き詰まっていたアインズやぶくぶく茶釜を救う等「弱きを助けずに強者を名乗れるはずがない」という考えを持つ人物であり、セバスもその考えに影響を受けて、ナザリックでは珍しく弱者救済を良しとする。
また、見た目が品のある老紳士である為、都市に潜入しての情報収集の任を与えられている。

戦闘力は武器を手に取らない格闘戦を主としている。
見た目とは違い種族は竜人であり、真の姿になった際はナザリックのNPCの中で、肉弾戦では随一の強さを持つ。

パンドラズ・アクター

CV:宮野真守

異名: 千変万化の顔無し
役職:ナザリック地下大墳墓 宝物殿領域守護者
製作者:モモンガ

異世界転移後に意志を持った、ナザリック地下大墳墓「宝物殿」に配置されたNPC領域守護者の一人。
階層守護者ではなく、特定の場所のみを守護する領域守護者という役職に就く。
「アクター(舞台役者)だからオーバーアクションを取るべき」という設定をされているために大仰な言動が目立ち、ドイツ語を好んで使うなどかなり痛いキャラクターになっている。製作者はモモンガ(アインズ)本人であり、製作当時は格好いいと思って設定していたが、今は外装を除く全てがダサいと思っている。アルベドやプレアデスといった女性陣と対面した際にドン引きされている姿を見て、恥ずかしさのあまりアインズの精神強制沈静化が発動するほどである。
アニメでは、宮野真守のアドリブでその姿が更に強化され、他の個性的なキャラクターの印象を全て掻っ攫って行った。
そんな性格面の設定とは裏腹に、頭脳はナザリックトップクラスであり、保有する能力も非常に応用力が高く、場合によっては守護者全員分の働きができるほど優秀である。

戦闘力は彼の場合少々特殊で、ドッペルゲンガーという種族の能力で「他者の外装をコピーし、80%の力を使用できる」というものを使用する。
この能力で、アインズ本人を含めた至高の41人全ての外装をコピーしている。
アインズの影武者から、至高の41人の中にいた商人のスキルを使用してのユグドラシル通貨への両替など、重要な仕事を複数こなす有能っぷりである。

ナーベラル・ガンマ

CV:沼倉愛美

異名: まん丸卵の戦闘メイド
役職:ナザリック地下大墳墓 戦闘メイド
製作者:弐式炎雷

異世界転移後に意志を持った、ナザリック地下大墳墓NPCの1人。
戦闘メイド集団「プレアデス」のメンバーであり、異世界転移後はナザリックでは貴重な数少ない人間型であるゆえに、主にアインズが冒険者として行動する際に扮するモモンのパートナーであるナーベとして行動している。しかし、やや短気であり人間蔑視の思想が強く、事ある度に敵意と暴言を飛ばすためアインズからは度々釘を刺されている。
おまけに、アインズが何故モモンと呼ばすのかを理解しておらず二人称が「モモン様」になりかけたり、口を滑らせアルベドの名を出したり、重要な人間の名を覚えていないなど、割とポンコツである。

戦闘力は、63レベルであるため、最大の100レベルNPCである階層守護者達よりは大きく劣る。
これはユグドラシルのNPC作成のルールとして、配置NPCの合計レベルが決まっているからである。
しかし、転移後の異世界の人間基準としては十分に化け物クラスであり、勝てる人間もほぼいないとされている。

ハムスケ

CV:渡辺明乃

異名:森の賢王(看板に偽りあり byアインズ)
役職:アインズのペット?

異世界で「森の賢王」と呼ばれ恐れられていた魔獣だったが、アインズの強さに圧倒され軍門に下る。その際にアインズから「ハムスケ」と命名される。
賢王と呼ばれている為に賢いはずだと期待されていたが、戦士に扮するアインズが魔法詠唱者であることを見抜けなかったり、住処であるトブの大森林の内情を全く知らないなどと看板に偽りあり、と評価を受けている。
基本的に外部の者に対して良い印象を持たないナザリックNPCたちであるが、ハムスケが常にアインズを称賛するため、比較的受け入れられている様子。
表面上はモモンの名声に利用する為に騎乗動物とされている。
見た目は現実世界のジャンガリアンハムスターそのものであったり、武士口調である等ユグドラシルと関係があるような伏線が張られている。
なんとメスである。

戦闘力は、ユグドラシル基準だと30レベル強である為に、ナザリックの中では弱い部類に入る。
しかし、転移後の異世界の基準ではかなり強い部類であり、魔法も使えることから、彼女に勝てる人間は比較的少ないとされる。

ガゼフ・ストロノーフ

CV:白熊寛嗣

異名:王国最強の戦士
役職:王国戦士長

転移後の異世界の人間であり、ナザリックが転移した地域を領土にしている「リ・エスティーゼ王国」の王国戦士長である。
王国のみならず周辺国家においても最強の戦士として名高く、評価も王国貴族を除き、国内外問わず非常に高い。
アインズが他国の兵士に襲撃を受けているカルネ村を救った直後に村へ到着し、無残に転がる他国兵とそれを行ったアインズと初対面する。
カルネ村を救ったとはいえ、正体を隠し仮面を被っている非常に怪しいアインズに対しても下馬し頭を下げて感謝を示す等誠実な人柄。
作中でも、「ガゼフより強い/弱い」という記述がよくあり、強さの単位・バロメーターとして扱われる事が多い為、原作読者からは強さの単位として利用されている。ファンからはネタとして無装備のガゼフを「1ガゼフ」(例:ハムスケ=1.2ガゼフ、クレマンティーヌ漆黒聖典所属時=1.5ガゼフ、シャルティア=測定不能)として、強さの単位とされることもある。

戦闘力は、転移後の異世界の人間種としてはかなり強い部類であり、周辺国家最強の戦士といわれている。
さらに、王国の至宝と言われるアイテムの装備を許されており、完全武装の際は噂に違わない実力を発揮する。

ンフィーレア・バレアレ

CV:村瀬歩

異名:天才錬金術師
役職:薬師

リ・エスティーゼ王国領である「城塞都市エ・ランテル」最高の薬師、リイジー・バレアレの孫である。
全てのマジックアイテムを条件を無視して使用できるという、転移後の異世界特有の「生まれながらの異能(タレント)」と呼ばれるのもを有している。
前髪で隠れてしまっているが、顔も非常に整っているうえ、魔法も第二位階(第十位階まで存在し、数字が増えるごとに威力が増す)まで使用でき、錬金術の腕も天才と言われるほどであり、天が二物も三物も与えてしまった人間。
モモンに薬草採取を依頼した際に、ユグドラシル産で異世界に存在しないポーションをアインズとしてもモモンとしても使用してしまった事と、ナーベの失言から「モモン=アインズ」と知る事になる。
しかし、アインズを片思いの幼馴染を助けてくれた大恩人として尊敬しており、その事をアインズに伝えた後に極秘にすると誓う。
真っ直ぐに憧れを向ける姿勢をアインズにも気いられており、供与された素材などを用いて新たなポーションの製造を依頼され、人間でありながらナザリックから保護される立場になる。

戦闘力は、ユグドラシルのレベルにすると10レベル少々である為、ナザリック陣営からしたらお話にならないレベル。
しかし、錬金術は魔法を使用するため「薬師として腕が立つ=使用できる位階が高い」ということである。
異世界基準では、第三位階を使用できれば優秀と言われるため、第二位階まで使用できる彼は決して弱いとされるものではない。

クレマンティーヌ

CV:悠木碧

異名:疾風走破
役職:ズーラーノーン12高弟の1人
元漆黒聖典第九席次

スレイン法国の特殊部隊である漆黒聖典第九席次に所属していたが、至宝である叡者の額冠を強奪したうえ逃亡する。
その後、ズーラーノーンというアンデットを使用する秘密結社に所属する事となる。
人間を殺すこと、弱者を甚振ることを「恋している。愛している」と評し、残虐な行為を好んで行う性格破綻者。アインズと一時を共にした冒険者を惨殺する。
ンフィーレアのタレントを使い、使用者制限のある叡者の額冠の力を発動させようと目論み誘拐し、救出を依頼されたアインズと戦う。さば折の状態で締め付けられ続け、臓物を上下両方から吹き出しながら死ぬという悲惨な最期を迎える。

戦闘力は作者公認の今まで出てきた戦士系キャラの中で『人類最強の戦士』である。
異世界では強者に分類されるハムスケ相手でも圧勝できるとされており、ユグドラシルではさほど硬くないとされるオリハルコン程度で製造されたスティレットの刺突攻撃によって、レベル100の魔法職であるアインズが作った鎧に凹みをつけることができる驚くべき攻撃力がある。
1.5ガゼフくらい。

『オーバーロード』の用語

0zseiryuuruki
0zseiryuuruki
@0zseiryuuruki

Related Articles関連記事

オーバーロードII(Overlord II)のネタバレ解説・考察まとめ

オーバーロードII(Overlord II)のネタバレ解説・考察まとめ

『オーバーロードII』とは、丸山くがねによる小説を原作とするアニメ作品『オーバーロード』の続編である。 かつて一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム『ユグドラシル』のサービス終了時に居合わせたモモンガは、サービス終了時刻を過ぎてもログアウト出来なくなるという異常事態に遭遇。 異世界に来てしまった彼は、自我を持ち絶対の忠誠を誓うNPC達と世界征服を目指すダークファンタジー。

Read Article

オーバーロードIII(Overlord III)のネタバレ解説・考察まとめ

オーバーロードIII(Overlord III)のネタバレ解説・考察まとめ

『オーバーロードⅢ』とは2012年にWEBに投稿された丸山くがねによる小説が原作のアニメ『オーバーロード』及び『オーバーロードII』の続編。リ・エスティーゼ王国の動乱からこれまで隠蔽されていたナザリック大墳墓だったが、ついに地上に姿を現す。謎の地下墳墓の調査のため冒険者がナザリックに侵入しナザリックの住人達がこれに応戦する。表舞台に姿を現したアインズ・ウール・ゴウンはナザリックを率いて冷戦状態にあったリ・エスティーゼ王国とバハルス帝国の戦争に参戦し「アインズ・ウール・ゴウン魔導王国」を建国する。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

オーバーロードの登場人物・キャラクターまとめ【Overlord解説・考察】

オーバーロードの登場人物・キャラクターまとめ【Overlord解説・考察】

『オーバーロード』は「ユグドラシル」というVRMMORPGに似た世界に転移してしまった主人公アインズが、世界征服を行っていく作品である。アインズが率いるギルドの拠点「ナザリック地下大墳墓」には、強力な配下がたくさん集っている。 ここでは『オーバーロード』の登場人物・キャラクターをまとめた。

Read Article

オーバーロード(Overlord)のMMDモデルまとめ

オーバーロード(Overlord)のMMDモデルまとめ

『オーバーロード』はVRMMORPG「ユグドラシル」と似た世界に転移した主人公が、世界征服を目指したり、同じ境遇のプレイヤーを探したりするダークファンタジーである。主人公のアインズをはじめ、主要な登場人物・キャラクターは人外の生き物が多い。ここでは『オーバーロード』のMMD(MikuMikuDance)のモデルをまとめた。

Read Article

異世界かるてっと(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

異世界かるてっと(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『異世界かるてっと』とは、『オーバーロード』『この素晴らしい世界に祝福を!』『Re:ゼロから始める異世界生活』『幼女戦記』の4作品に登場するキャラクターたちが登場する、スタジオぷYUKAI制作のクロスオーバーアニメーションである。 ある日、カズマたちのもとに現れた謎のボタンにより、他のアニメキャラクターたちが現れる。それらのキャラクターが異世界の学校で交友していく約十五分のショートアニメ。

Read Article

オーバーロードII(第10話『王都動乱序章』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第10話『王都動乱序章』)のあらすじと感想・考察まとめ

ツアレを勝手に助けた為に謀反を疑われたセバスは、アインズに尋問される。無罪を証明したセバスは、ツアレのことも助けて欲しいとアインズに嘆願し、ツアレはナザリック地下大墳墓の仲間として迎え入れられることになる。 しかし、セバスのことを恨む王国の裏組織「八本指」にツアレが攫われてしまい、アインズはツアレ奪還の為にナザリック地下大墳墓の戦力を動かすことを決めるのだった。 今回は「オーバーロードII」第10話『王都動乱序章』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードIII(第1話『支配者の憂鬱』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードIII(第1話『支配者の憂鬱』)のあらすじと感想・考察まとめ

リ・エスティーゼ王国の動乱からしばらくして、ナザリック地下大墳墓でアインズ・ウール・ゴウンは部下達を集め、働きを称え褒美を与えていた。NPC達の期待を裏切らぬようアインズは支配者を演じる一方で、働き続ける彼らの意識を変えたいと考えていた。女性守護者には休暇を与え、男性守護者には回覧板を回すが、図らずも第9階層の大浴場に集合してしまった。女湯で騒動が起き休暇の予定が中止となってしまうのだった。 今回は「オーバーロードIII」第1話『支配者の憂鬱』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第1話『絶望の幕開け』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第1話『絶望の幕開け』)のあらすじと感想・考察まとめ

アインズと同じ元ユグドラシルプレイヤーを示唆させる存在、そしてナザリックに脅威をもたらす可能性のある存在が登場する。 アインズは戦力強化の為に実戦経験をさせようと、付近に生息しているリザードマンの部族との戦争をコキュートスに命じる。 今回は「オーバーロードII」第1話『絶望の幕開け』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第13話『最強最高の切り札』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第13話『最強最高の切り札』)のあらすじと感想・考察まとめ

アインズは冒険者モモンとしてデミウルゴスと戦闘を開始すると、他者の目の届かないところでデミウルゴスに計画の全容を聞く。計画の利点は四つあり、財の強奪、住民の誘拐、八本指襲撃の隠れ蓑、そしてデミウルゴス扮する大悪魔ヤルダバオトを倒すことでモモンの名声をさらに高めるというものだった。ヤルダバオトを撃退した冒険者モモンは、計画通り最強の戦士としての名声を得るのだった。 今回は「オーバーロードII」第13話『最強最高の切り札』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第11話『ヤルダバオト』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第11話『ヤルダバオト』)のあらすじと感想・考察まとめ

裏組織「八本指」を潰す為に王国とナザリック地下大墳墓の二つの勢力が動き始める。セバスはツアレ奪還の為に再びクライム達と共闘することにする。一方で戦闘メイドのエントマは、蒼の薔薇のガガーランと鉢合わせしてしまい戦いを開始する。ガガーランは仲間のティアとイビルアイの援護によりエントマを追い詰めるものの、デミウルゴスが扮する悪魔「ヤルダバオト」が現れ戦況は一変するのだった。 今回は「オーバーロードII」第11話『ヤルダバオト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第12話『動乱最終決戦』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第12話『動乱最終決戦』)のあらすじと感想・考察まとめ

蒼の薔薇のイビルアイとデミウルゴスの戦闘中、突如空からアインズ扮する冒険者モモンが降ってくる。アインズは冒険者としての立場を貫き、自分の部下であるデミウルゴスと戦闘を開始する。 そして、アインズと戦う演技を終わらせたデミウルゴスはアインズに自分達の有用性を認めて貰う為の計画を進行し、王都はデミウルゴス率いる悪魔の軍勢と王国の軍や冒険者達との決戦の地になるのだった。 今回は「オーバーロードII」第12話『動乱最終決戦』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第4話『死の軍勢』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第4話『死の軍勢』)のあらすじと感想・考察まとめ

アンデッド軍との戦いに勝利したリザードマン。そんな彼らの前に絶対的な力を見せつけ現れたアインズは、今度は部下のコキュートス一人で攻めさせると言う。アインズ達との力の差に圧倒されたリザードマン達は死を覚悟する。 今回は「オーバーロードII」第4話『死の軍勢』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第9話『舞い上がる火の粉』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第9話『舞い上がる火の粉』)のあらすじと感想・考察まとめ

セバスはクライムとブレインと共に、王国の裏組織「八本指」が経営する娼館に襲撃すること決める。セバスは巡回使としてセバスをゆすったスタッファンを殺し、クライムとブレインは六腕と呼ばれる八本指の戦力の一人サキュロントと、八本指の奴隷部門長のコッコドールの捕縛に成功する。そして、王女ラナーはこの娼館襲撃を機に他の八本指の拠点を潰す為に動くことを決意するだった。 今回は「オーバーロードII」第9話『舞い上がる火の粉』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第6話『拾う者、拾われる者』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第6話『拾う者、拾われる者』)のあらすじと感想・考察まとめ

リ・エスティーゼ王国で情報収集を行っていたナザリック地下大墳墓の執事セバスは、道端に捨てられた傷だらけの女性ツアレを拾い介抱する。しかし、ツアレは王国を裏で牛耳る八本指という組織の運営する店の奴隷であり、彼女を処分する為に八本指が動き出そうとするのであった。 今回は「オーバーロードII」第6話『拾う者、拾われる者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第5話『氷結の武神』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第5話『氷結の武神』)のあらすじと感想・考察まとめ

リザードマン達は死ぬことが分かっていながらもコキュートスとの戦いに臨んだ。圧倒的な力の差がありながらも果敢に戦って死んだザリュースに感銘を受けたコキュートスは、彼を生き返らせて貰えるようにアインズに頼む。 今回は「オーバーロードII」第5話『氷結の武神』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第5話『炸裂!こんしんかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

異世界かるてっと(第5話『炸裂!こんしんかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ロズワール先生の計らいにより開催された懇親会。 親睦を深めるため、くじ引きで選ばれた者が「かくし芸」を披露することになったが、最初に選ばれたのは先生であるレルゲンだった。続々と「かくし芸」を披露する2組の生徒たちだったが、めぐみん、アインズは「かくし芸」の規模が大きいため外でやることになった。 今回は「異世界かるてっと」第5話『炸裂!こんしんかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第2話『旅立ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第2話『旅立ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

黒雲から現れたモンスターに宣戦布告されたリザードマン部族のグリーン・クロー。族長の弟ザリュースは、相手の計算を狂わせる為に他のリザードマン部族を仲間に引き入れることを提案する。そして説得が難しいとされたレッド・アイ族とドラゴン・タスク族へ自ら使者として旅立つのだった。 今回は「オーバーロードII」第2話『旅立ち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第3話『集う、蜥蜴人』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第3話『集う、蜥蜴人』)のあらすじと感想・考察まとめ

説得は難しいとされたレッド・アイ族に続きドラゴン・タスク族も仲間に引き入れ万全の状態に至ったリザードマン達。そんなリザードマン達を蹂躙すべくコキュートスはアンデッドの軍勢へ進軍の命を出す。しかしその結果はコキュートスの意に反し、リザードマン達の勝利という形で終わることとなる。 今回は「オーバーロードII」第3話『集う、蜥蜴人』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents