野間忠一郎 / Chuichirou Noma

野間忠一郎 / Chuichirou Noma

野間忠一郎(のま ちゅういちろう)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、主人公桜木花道を中心とする桜木軍団の三バカトリオの一員。
上級生の不良たちからも一目置かれるケンカ上手で、中学の頃は桜木軍団の仲間たちとケンカに明け暮れていた。しかし不良というわけではなく、調子に乗ってハメを外しがちなところはあれど卑劣な行為や弱い者イジメを嫌う正義漢である。好きな女の子に近づきたい一心でバスケを始め、次第に選手として成長すると共にその魅力にのめり込んでいく花道を見守り、応援する。

野間忠一郎 / Chuichirou Nomaの関連記事 (2/9)

藤真健司(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

藤真健司(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

藤真健司(ふじま けんじ)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、神奈川県屈指の強豪として知られる翔陽高校バスケットボール部に所属する3年生。 コートの外はクールだが、試合では闘志を剥き出しにする、総合力に長けた優秀で勇敢なプレイヤー。翔陽高校には監督業ができる人間が不在なため、普段は自身がそれを兼任しており、「自分が入らないと勝てない」と判断した時だけ選手として試合に出る。去年のインターハイ全国大会で、豊玉高校の南烈により負傷し、その時の傷がまだ額に残っている。

Read Article

神宗一郎(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

神宗一郎(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

神宗一郎(じん そういちろう)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、「神奈川の王者」の異名で知られる海南大学附属高校バスケットボール部に所属する2年生。 常に冷静で言動も穏やかだが、バスケに対しては並みならぬ情熱を持つ。入学当初はセンターだったが、監督の高頭力から「素質が無い」と諭され、一時はベンチ入りからも遠ざかる。しかし1日に500本のシュート練習によって3Pシューターとしての才能を開花させ、海南高校のスターティングメンバーの座をつかみ取った。

Read Article

流川楓(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

流川楓(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

流川楓(るかわ かえで)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、湘北高校バスケットボール部の1年生エース。 スピード、テクニック、得点感覚に精神力と、バスケットボールの選手として求められるあらゆる能力に長けたオールラウンダー。一方的にライバル視してくる桜木花道を含め、その実力は同校のバスケ部の誰もが認めている。さらなる高みを目指す飽くなき向上心の持ち主だが、それを別にすればマイペースを極めた唯我独尊な少年で、自分のプレイ以外にはほとんど興味を示さない。

Read Article

宮城リョータ(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

宮城リョータ(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

宮城リョータ(みやぎ リョータ)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、湘北高校バスケットボール部に所属する2年生。 スピードを武器とする切り込み役で、ボールを敵陣に運び攻撃の起点となる存在。バスケの選手としては背が低く、シュートも不得意と弱点は多いが、チームメイトのコンディションに合わせてプレイスタイルを変える聡明さを持つ。マネージャーの彩子に惚れており、バスケに打ち込む理由の何割かは彼女に振り向いてほしいからだが、今のところいい返事はもらえていない。

Read Article

THE FIRST SLAM DUNK(スラムダンク映画)のネタバレ解説・考察まとめ

THE FIRST SLAM DUNK(スラムダンク映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『THE FIRST SLAM DUNK』(ザ・ファースト・スラムダンク)とは、井上雄彦の漫画『SLAM DUNK』を原作とする、2022年に公開されたアニメ映画。『SLAM DUNK』のキャラクターである宮城リョータを主人公に据え、原作で最後の試合となった山王工業との一戦を描いている。 インターハイ2回戦に進出した神奈川県代表の湘北高校は、優勝候補筆頭の山王工業との試合に臨む。リョータにとって「山王工業を倒すこと」は、仲間たちと夢見た全国制覇に必須の大仕事にして、今は亡き兄の悲願でもあった。

Read Article

堀田徳男(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

堀田徳男(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

堀田徳男(ほった のりお)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、主人公桜木花道が通う湘北高校の不良たちのリーダー。 無骨な顔立ちに大柄で屈強な体格と、見るからに迫力のある少年。不良たちのリーダーなだけのことはあり、常に周囲を威圧し、暴力を振るうことへの抵抗感も薄い。一方で友情に厚く、身内と認めた相手には親身に接する。不良仲間にして友人の三井寿と共にバスケ部を襲撃するが、それが彼のバスケへの未練からの行動であることを知ると部に復帰するよう勧め、彼を応援し続けた。

Read Article

谷沢龍二(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

谷沢龍二(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

谷沢龍二(やざわ りゅうじ)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、かつて大学バスケットボール界で天才として注目された選手。物語開始時点で故人。 日本人離れした2メートルの長身に優れた運動能力の持ち主で、大学バスケ界屈指の名将と呼ばれた安西光義に「日本一の選手になれる」と期待される。しかしその安西の課す地味な練習に嫌気が差し、逃げ出すようにアメリカへとバスケ留学を決め、挫折した末に自殺に近い形で事故死した。安西の「まるで成長していない…」のシーンで有名なキャラクター。

Read Article

森重寛(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

森重寛(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

森重寛(もりしげ ひろし)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、インターハイ愛知県代表の名朋工業高校バスケットボール部に所属するスーパールーキー。 バスケの経験は中学2年生の夏からとまだ浅いが、1年生ながら2メートル近い巨体の持ち主で、その上で並外れた運動神経を併せ持つ。その才能と実力は驚くべきものがあり、全国クラスの選手である愛和学院高校の諸星大を圧倒し、そのままチームを勝利に導いている。全国大会でも活躍するが、作中では特にそれが描かれることはなかった。

Read Article

三井寿(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

三井寿(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

三井寿(みつい ひさし)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、湘北高校バスケットボール部に所属する3年生。 3Pシュートを得意とするオールラウンダーだが、ブランクのためスタミナには問題を抱える。中学生の頃に神奈川県MVPに選ばれるほどの選手として活躍し、恩人でもある安西光義が監督を務める湘北高校バスケ部に入部。しかし怪我と擦れ違いの末にバスケ部を去り、不良仲間と共にバスケ部と敵対するに至った。紆余曲折の末にバスケ部に復帰し、以降はチームの一員として活躍する。

Read Article

河田雅史(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

河田雅史(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

河田雅史(かわた まさし)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、秋田県代表にしてインターハイ優勝候補筆頭とされる山王工業高校バスケットボール部のレギュラー。 全国クラスの有力選手ひしめく山王工業において不動のセンターを務め、その中核としてチームを引っ張る。そのプレイスタイルは「おっきくてうまい」と称され、センター以外の役割すら全国屈指のレベルで完全にこなす器用さを持つ。向上心の塊で、自分に向かってくる選手を好み、主人公桜木花道の才能にも気付いて注目する。

Read Article

安西光義/安西先生(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

安西光義/安西先生(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

安西光義/安西先生(あんざい みつよし/あんざいせんせい)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、湘北高校バスケットボール部の監督。 でっぷりとした初老の紳士で、性格は至って温厚。かつては大学バスケ界で鬼コーチとして名を馳せていたが、現在は生徒の自主性に任せた指導を行う。今もなおその監督としての手腕と名声は衰えておらず、多くの選手から慕われ、他校の監督など多くのバスケ関係者からの尊敬を集めている。主人公桜木花道の才能を見抜き、期待し、その日々の成長に注目していく。

Read Article

牧紳一(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

牧紳一(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

牧紳一(まき しんいち)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、「神奈川の王者」の異名で知られる海南大学附属高校バスケットボール部の主将。 貪欲に勝利を求め、「怪物」とも称される神奈川最強のプレイヤー。コートの中ではそのカリスマとリーダーシップを発揮して王者のごとく振る舞うが、試合を離れれば意外と面倒見の良いところを発揮する。趣味はサーフィンで、肌が浅黒いのはそれが理由。老け顔であることを気にしており、作中でそれを指摘された時はムキになって反論していた。

Read Article

宮城カオル(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

宮城カオル(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

宮城カオル(みやぎ カオル)とは、『THE FIRST SLAM DUNK』(ザ・ファーストスラムダンク)の登場人物で、同作の主人公である宮城リョータの母親。 沖縄で家族と共に暮らしていたが、夫に先立たれ、その心痛から完全に立ち直れない中で海難事故により長男も失う。相次ぐ家族の死を受け止められず、逃げるように神奈川へと引っ越した。兄のことを決して忘れまいとするリョータを疎ましく感じるも、母としての愛情も持ち続け、バスケに熱中する彼を距離を置きながらも見守り続けた。

Read Article

彩子(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

彩子(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

彩子(あやこ)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、湘北高校バスケットボール部のマネージャーを務める2年生。名字は不明。 サバサバとした気風の良い少女で、自分より遥かに背の高いバスケ部の部員たちを相手にしても臆することなく指示を出す。素人同然の桜木花道に対しては、別メニューでの基礎的な練習に付き合い、その成長をもっとも近くで見届けた1人となる。バスケ部2年の宮城リョータに惚れられており、本人も彼の想いを知らないわけでもないように振る舞うが、作中でそれに応えることはなかった。

Read Article

安田靖春(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

安田靖春(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

安田靖春(やすだ やすはる)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、主人公桜木花道が所属する湘北高校バスケットボール部の2年生。 穏和な性格で、見た目も言動も威圧感のある花道を先輩としてあれこれ世話し、地味な練習を嫌がる彼をよくなだめていた。一方で意外と勇敢な面もあり、バスケ部に校内の不良たちがのりこんできた際は率先して前に立ち「帰って下さい」と告げている。基本的にはベンチを温める立場だが、基礎的な実力は確かなものがあり、試合では地味ながら的確な活躍を見せている。

Read Article

宮益義範(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

宮益義範(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

宮益義範(みやます よしのり)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、「神奈川の王者」の異名で知られる海南大学附属高校バスケットボール部に所属する3年生。 小柄かつ華奢な体格で脚も遅く、「運動神経がいい」とは言いがたい少年。しかし海南高校の猛練習に3年間耐え抜いた実力は本物で、基礎のしっかりした密かな実力者である。その努力家で勤勉な姿から、チームメイトたちからは「宮」、「宮さん」と呼ばれ尊敬されている。湘北高校との試合で公式戦初出場を果たし、主人公桜木花道と対峙した。

Read Article

魚住純(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

魚住純(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

魚住純(うおずみ じゅん)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、神奈川県屈指の強豪として知られる陵南高校バスケットボール部の主将。 神奈川県の高校バスケ界ではもっとも大きな体を持つ選手で、“ビッグ・ジュン”の異名で知られている。その巨体を活かしたパワフルなプレイが持ち味だが、激しやすいところがあり、それが弱点だとされている。自分に匹敵する巨体と実力を持つ湘北高校の赤木剛憲とは互いにライバルとして意識し合う間柄で、両校が試合をするたびに激しく競り合ってきた。

Read Article

桜木花道(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

桜木花道(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

桜木花道(さくらぎ はなみち)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、湘北高校バスケットボール部に入部した天才を自称するドシロウト。 恵まれた体格と抜群の身体能力、底無しのスタミナの持ち主。中学時代は荒れており、ケンカに明け暮れる日々を送っていた。高校入学後、同級生の赤木晴子に一目惚れし、彼女から「才能がある」と言われたことをきっかけにバスケを始める。次第にその才能を開花させ、チームに欠かせない戦力となり、“晴子の気を引くため”ではなく本気でバスケに打ち込んでいく。

Read Article

一之倉聡(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

一之倉聡(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

一之倉聡(いちのくら さとし)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、秋田県代表にしてインターハイ優勝候補筆頭とされる山王工業高校バスケットボール部の選手。 自身を「我慢の男」と称する、並外れた忍耐力の持ち主。猛練習で培われたスタミナと、そこから生み出される徹底したディフェンスを武器としている。インターハイ2回戦で神奈川県代表の湘北高校と対戦し、相手の3Pシューター三井寿とマッチアップ。執拗なマークで三井のスタミナを削り、ほとんど動けないまでに追い詰めた。

Read Article

赤木晴子(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

赤木晴子(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

赤木晴子(あかぎ はるこ)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、湘北高校バスケットボール部の主将である赤木剛憲の妹。 無骨な顔立ちと屈強な体格を持つ兄とは外見がまったく似ておらず、一方で兄妹そろって熱狂的なバスケファン。中学までは自分でもバスケをしていたが、生来の運動音痴でろくに活躍することができなかったため、高校では見て応援する側に専念している。同級生の桜木花道にバスケの才能の片鱗を感じ取り、彼にバスケ部に入るよう勧めるところから本作の物語は始まる。

Read Article

南烈(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

南烈(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

南烈(みなみ つよし)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、大阪府代表の豊玉高校バスケットボール部に所属する3年生。 クイックモーションからの3Pシュートを得意とする、大阪府の地区予選得点ランキングのナンバーワンに輝く点取り屋。前監督の北野を敬愛し、学園の都合で部を去ることとなった彼を呼び戻すため、当時のスタイルでの全国制覇を目指す。対戦相手の選手を怪我させたことで逆転した経験から、必要以上のラフプレイに走る傾向があり、「エースキラー」の異名を持つ。

Read Article

木暮公延(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

木暮公延(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

木暮公延(こぐれ きみのぶ)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、湘北高校バスケットボール部に所属する3年生。 バスケを愛し、地道に努力を重ね、日々の練習に裏打ちされた確かな技術の持ち主。赤木剛憲や流川楓といった湘北高校のスターティングメンバーと比べると実力は劣るが、彼らに次ぐシックスマンとしてチームを支える。その赤木とは中学の頃からのチームメイトにして良き友人。温和で誠実、仲間想いな少年だが、言うべきと判断した時には厳しい言葉を投げかける意志の強さを併せ持つ。

Read Article

宮城アンナ(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

宮城アンナ(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

宮城アンナ(みやぎ アンナ)とは、『THE FIRST SLAM DUNK』(ザ・ファーストスラムダンク)の登場人物で、同作の主人公である宮城リョータの妹。 3人兄妹の末っ子長女で、人懐っこく愛嬌のある性格。沖縄県出身で、それぞれ別の理由から父と上の兄を失っているが、まだ幼かったために当時のことはあまり覚えていない。神奈川に引っ越した後、父と上の兄の死を引きずる母と下の兄を見て育ち、それを原因として時に衝突する2人の緩衝材として立ち回る。

Read Article

松本稔(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

松本稔(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

松本稔(まつもと みのる)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、秋田県代表にしてインターハイ優勝候補筆頭とされる山王工業高校バスケットボール部の選手。 規格外の才能の持ち主である後輩の沢北栄治の後塵を拝しているが、本来はどこの学校に行ってもエースになれるほどの力量の持ち主である。インターハイ2回戦の湘北高校との試合では後半から投入され、前半でスタミナの尽きた三井寿を相手に得点を重ねる。しかしその三井もまだ余力を残していたことに気付かず、大量点を許すこととなった。

Read Article