菜の花の彼(ナノカノカレ)のネタバレ解説・考察まとめ

『菜乃花の彼ーナノカノカレー』は、桃森ミヨシと鉄骨サロによって2014年から2017年まで『マーガレット』で掲載された漫画である。
昔のトラウマによって恋に臆病になってしまった主人公と、主人公に惹かれる2人の男性を中心に描かれる恋愛ストーリー。二部構成で、一部は少女漫画の王道ストーリーだが二部からはサスペンス要素も強くなり、新感覚の少女漫画となっている。読者に訴えかけるような繊細でリアルな心理描写と胸に残る切ない展開が話題を呼んでいる。

『菜の花の彼ーナノカノカレー』の概要

『菜乃花の彼ーナノカノカレー』は、桃森ミヨシと鉄骨サロによって『マーガレット』(集英社)に2014年から2018年にわたって二部構成で連載された漫画である。
『悪魔とラブソング』で米国図書館協会ヤングアダルトサービス部門が選ぶおすすめ日本漫画2013年版に選出された実力派作家桃森ミヨシが鉄骨サロとタッグを組み、コンビとしての初連載となった。

中学時代に経験した恋愛がトラウマとなって高校生になっても臆病な主人公・菜乃花は、ある日街ですれ違った年下の中学生・隼太に恋をして告白をする。
初めて自分から好きになった菜乃花は、隼太との関わり合いで傷を癒やし、過去を乗り越えようとしていた。
しかし、ある日トラウマのきっかけとなった元彼・鷹人と再会してしまう。怯える菜乃花だが、鷹人は再会したことで菜乃花への気持ちを改めて実感する。
この再会をきっかけに菜乃花、隼太、鷹人は運命の渦に巻き込まれていく。

登場人物ひとりひとりのキャラクター作りや作中の心理描写がしっかりしており、従来の少女漫画とは一線を画す内容が人気を呼び、衝撃の話題作となっている。

『菜の花の彼ーナノカノカレー』のあらすじ・ストーリー

出会い

高校1年生の綾瀬菜乃花(あやせなのか)は中学の時、彼氏と気持ちがすれ違い傷ついた経験があった。
そのためか、友人の優子(ゆうこ)や千里(ちさと)の恋愛話に上手く対応できない日々を送っていた。

そんなある日ファーストフード店で、彼女の浮気が原因で別れ話をするカップルと遭遇した。
その時後ろの席にいた菜乃花は、彼氏の声が印象的だと思った。

相変わらず優子や千里の恋愛話に上手く対応できず、悩みながら帰宅していると、後ろで聞き覚えのある声がした。
その声の持ち主は、友人に彼女と別れた理由を聞かれ「気持ちのあるく早さが合わなかっただけ」と答えていた。
菜乃花にはそれが、自分と彼氏が上手くいかなかった答えのような気がして、思わず「私と付き合ってくれませんか」とその声の彼に言ってしまった。
彼は桐山隼太(きりやまはやた)といい、菜乃花が卒業した中学校の生徒だった。
突然の告白に隼太は「失恋したばかりだから答えられない」と優しく断った。しかし、どうしても諦めきれない菜乃花は、自分のメールアドレスを渡した。

惹かれる心と再会

突然現れた鷹人と動揺する菜乃花。

しばらくして隼太からメールで呼び出され、改めて付き合えないと断られてしまった。
偶然そこにやってきた隼太の友人たちが、2人のことで隼太をからかってきた。
隼太は菜乃花をかばって「自分が振られた」と言うが、菜乃花はその言葉を泣きながら否定し立ち去った。

隼太は自分の言葉が逆に彼女を傷つけたと気付き、謝ろうと菜乃花の高校を訪れた。その時菜乃花も、自分の態度を反省し隼太に謝ろうと中学校を訪れていた。
何日もすれ違いが続き、菜乃花は意を決し自分の中学の制服を着て中学校内に潜入した。そこで、財布を忘れて教室に戻ってきた隼太と会うことができた。
隼太は、自分の領域まで踏み込んできてくれた菜乃花の気持ちが嬉しく「ここから始めさせてください」と告白した。
それから菜乃花と隼太は、電話でやり取りをするなど穏やかな関係になっていった。

ある日、優子の彼氏の大地(だいち)に喧嘩の仲直りをするため、カラオケボックスに一緒に行ってほしいと頼まれた。疑いながらもついて行くと、そこには優子はおらず大地に襲われそうになってしまった。
その時助けてくれたのは、そこでバイトをしていた元彼の上杉鷹人(うえすぎたかと)だった。
突然現れた鷹人に菜乃花は動揺したが、鷹人の「運命みたいだろ」という言葉を否定し「好きな人がいる」とはっきり告げた。かっとなった鷹人は菜乃花に無理やりキスをした。

夏祭りの悲劇

鷹人とのキスを隼太に言えないまま、菜乃花は隼太と穏やかな日々を送っていた。
ある日、菜乃花は優子たちとトリプルデートでマミー牧場に行くことになった。マミー牧場は、中学の時社会見学で訪れた、鷹人との最初で最後のデートの場所だった。
菜乃花はデート中も鷹人といた頃を思い出していたが、そんな自分を反省し隼太に中学の頃の話をすることにした。
隼太は話を全て肯定して聞いてくれ、菜乃花は嬉しく思うのだった。

バレーボールの大会が近い隼太のために、菜乃花は体育館にハチミツレモンを持って行った。しかし元カノのマネージャーが取り次いでくれず、メモを添えて渡してもらうことにした。
差し入れをもらった隼太はとても幸せな気分になり、菜乃花のことがとても好きなのだと実感した。

菜乃花と隼太は、夏祭りに行く約束をしていたのだが、当日隼太は行けなくなってしまった。
仕方なく千里たちと一緒にお祭りに行ったが、途中ではぐれてしまい数名の男に襲われそうになった。そこに助けに来てくれたのは、またしても鷹人だった。
鷹人は重傷を負ってしまい、菜乃花は必死で看病した。その姿を隼太が木陰から見ていた。
隼太に気付いた鷹人は、菜乃花を抱き寄せ「キスしたことは言ってないよな」と隼太に聞こえるように言った。
菜乃花の懸命に看病する様子と、キスをしたという鷹人の言葉で激しく動揺した隼太は、そこから動くことができなかった。

それからの隼太は、部活では集中することが出来ずレギュラーを降りてしまい、不安がる菜乃花とは電話しても苛立ち「会えない」と言ってしまうのだった。
心配した部員の洋(ひろし)は、バレー部OBの健介(けんすけ)に電話をし、隼太が夏祭りから様子がおかしいと相談した。鷹人の友人である健介は、鷹人が関係していると思い菜乃花に電話をした。
健介から電話を代わった鷹人が夏祭りの時隼太が見ていて、キスのことも知っていると菜乃花に告げた。

隼太が知っているという事実に打ちのめされた菜乃花は、それでも必死になって隼太を探した。高架下で隼太を見つけた菜乃花は、鷹人のことを認めて謝罪した。
隼太はキスが自分に告白した後のことだったと知り、感情がぐちゃぐちゃになってしまった。そんな隼太に菜乃花は黙ってキスをし「さよなら」と言ってその場を立ち去った。

その後隼太は、気持ちを切り替え部活に戻り大会に出場した。
順調に勝ち上がっていくが、菜乃花が見に来ることはなかった。それでも諦めず、明日の決勝を見に来てほしいと菜乃花にメールを送った。
その日の試合は、肩の怪我が悪化した隼太が倒れてしまい負けてしまった。
医務室で目覚めた隼太は、試合に負け菜乃花に気持ちが届かなかったことを嘆き、声を上げて泣いた。

一方、試合会場に来ていた菜乃花は、同じく試合を見ていた鷹人に偶然会った。
菜乃花は鷹人を前に、隼太へのやるせない思いをぶつけ泣きわめいた。そんな菜乃花に「やり直そう」鷹人は迫ったが、菜乃花を抱き寄せたのは隼太だった。
そのまま菜乃花を連れ去り「大好きだ」と思いをぶつけた。2人は抱き合い、やっと思いが繋がったと実感した。

望まぬ再会

菜乃花は穏やかな日常を取り戻し、隼太は菜乃花の高校を受験することにしていた。
そんなある日、不祥事を起こした鷹人が菜乃花の高校に転校してきた。
隣の席になった2人はぎこちなく、図書室で話をしようとしたが揉めてしまった。そこに現れた烏丸桜治(からすまるおうじ)は、隼太と同じ声をしていた。
人を好きになるという感情が分からない烏丸は、それを知りたいと思っていた。
それで、菜乃花の彼氏の声が自分に似ていると聞くと、菜乃花に異常な興味を示した。

烏丸は隼太と同じ声で、菜乃花に運命だからと付き合うことを迫った。最初は同じ声に何も言えなかった菜乃花だったが、最後にはきっぱり断った。
烏丸は菜乃花に執着する鷹人にも興味を示し、菜乃花のことは大嫌いと目の敵にし始めた。

学校では鷹人と菜乃花の噂が広がっていた。そこに烏丸の嫌がらせが重なり、どんどんひどい状態になり菜乃花は孤立していった。
そんな中、隼太がアメリカに引っ越すことになってしまった。
取り乱した菜乃花だったが、後日話し合いお互いの想いの深さを知り、離れても大丈夫と確信するのだった。

学校でのうわさが悪化していく中、鷹人は菜乃花が大切にしているものを踏みにじることはしないと約束し、関係を修復していった。
烏丸は大人しくなり、平和な日々が戻ったような気がしていた。

悪夢の文化祭

文化祭の出し物で、花畑カフェを提案する菜乃花。

文化祭の季節がやってきて、菜乃花はクラスの出し物に「花畑カフェがいい」と手をあげた。鷹人は自分との思い出の場所を選んだと思ってしまった。
少しずつ菜乃花の周辺に異変が起き始めてた。文化祭の準備中、菜乃花の小道具が荒らされ、隼太には自分の声で「大事なものも気づいたら失っている可能性があるよ」と電話がかかってきていた。

菜乃花は優子に花畑カフェを思いついた理由を聞かれ、マミー牧場の花畑のことを話すと優子は「隼太くんと行ったとこね」と何気なく返した。それを聞いた鷹人は、隼太に自分の大切なところまで奪われると絶望に打ちひしがれた。
そして、菜乃花への想いを消すために、自分が消えるという考えを持ち始めた。
そんな鷹人に烏丸が菜乃花との心中を持ちかけた。
次の日から、鷹人は見違えるほど明るくなり周囲は歓迎するが、菜乃花は鷹人のことが分からないと思っていた。鷹人を見かけた隼太は、鷹人が烏丸のように見え不安を覚えた。

文化祭の当日、烏丸を探り鷹人の様子も知っていた隼太は、不安を抱えたまま菜乃花の高校を訪れた。
菜乃花のクラスの花畑カフェは盛況だった。
そんな中、優子が大地と連絡が取れないと心配したので、さっき見かけた隼太が探しに行くことにした。そして隼太は烏丸に捕まってしまった。

教室で1人隼太を待つ菜乃花に、心中を考えていた鷹人が静かに近寄った。しかし、隼太が来ないことにすねる菜乃花の表情は見たことがなく、伸ばした手を止めてしまった。「明日片付け大変だね」と言う菜乃花の言葉に、心中すれば菜乃花の明日を奪うことになると考えた鷹人は複雑な気持ちになった。
その時、急に教室が煙に覆われ始め、鷹人は菜乃花を抱いて飛び降りればいいと思ったが体が動かなかった。
一方、拘束を解いた隼太は急いで菜乃花の救出に向かった。

教室に煙が充満しても菜乃花は鷹人を気遣った。その姿が自分の好きになった菜乃花だと鷹人は涙を流した。
その時、助けに来た隼太の声がドアの向こうから聞こえてきた。
菜乃花がドアを開けると、そこにいたのは烏丸だった。
菜乃花を抱きかかえた烏丸に、鷹人は「計画は実行しない」と指示通りに動かなかった。
「鷹人がやらないなら、自分がやろう」と烏丸は菜乃花を連れ去ってしまった。
鷹人はその場で他の男たちに襲撃された。

後から来た隼太に助けられ鷹人は菜乃花を探し、非常階段まで辿り着いた。
非常階段では烏丸が菜乃花を抱きかかえ、今にも飛び降りそうだった。
烏丸は「自分は菜乃花の恋愛の一部で運命だ」と言い、近寄る隼太をけん制して菜乃花ごと飛び降りた。
落ちる寸前に隼太が烏丸の腕を掴み、慌てた鷹人も腕を一緒に掴んだ。
烏丸はどちらかの腕を掴めば、掴んだ方が落ちると菜乃花に選択を迫り、どちらも選ばなかった菜乃花と一緒に落ちていった。

記憶喪失

菜乃花と烏丸は意識不明の重体だった。
事件は発煙筒の煙に驚いた生徒が誤って飛び降りたとニュースになっていた。
隼太は毎日病院が閉まるまで、待合室で待ち続けた。鷹人は襲撃された怪我がひどく、入院していた。
しばらくして目を覚ました菜乃花は、半年間の記憶をなくしていた。

隼太は記憶をなくした菜乃花に会いに行くことができないでいた。菜乃花の失くした半年間は自分のいた半年だったからだ。
菜乃花は事実を知らされず、学校に通っていた。事実を公表すれば菜乃花が傷つくと鷹人も黙っていた。

菜乃花は穏やかに学校生活を過ごし、鷹人とも普通に接していた。
鷹人は転校してきてから友達になったと菜乃花に説明し、自分を最低だと思いながらも菜乃花に「やり直したい」と告白した。
菜乃花に鷹人の告白を聞いた千里は、卑怯な鷹人に我慢がならず忘れられてしまった隼太を不憫に思った。

千里は隼太に会い「出会った時のようなことが起これば、思い出すかも」と話したが、ちょうどそこに来た菜乃花は、隼太を見ても全く反応しなかった。
傷ついてその場を後にした隼太の姿に、千里は涙を流した。隼太はそのまま黙ってアメリカに行ってしまった。

鷹人の告白に中学時代の姿を映した菜乃花は、鷹人とやり直すことに決めた。
菜乃花は鷹人と毎日楽しく過ごせるようになったが、なぜ鷹人に踏み込めるようになったかが分からず、記憶を失くす前のことを鷹人に尋ねてみた。
鷹人が答えてくれないので、いつも何か言いたげな千里に聞いてみた。聞かれた千里は感情的になり「菜乃花には、ものすごく好きな隼太がいた」と伝えてしまった。
そのあと鷹人は菜乃花に、隼太のことや菜乃花の記憶喪失につけこみ告白した事など全て話し「どうしても諦めきれなかった」と告げた。

2年後・再会

鷹人から菜乃花の居場所を告げられる隼太。

2年の月日が経ち、菜乃花と鷹人は変わらず一緒に過ごしていた。
鷹人は菜乃花の後ろにもう1人の菜乃花がじっと自分を見ているようで、怖くて菜乃花に触れることができずにいた。
ある日鷹人はもう1人の菜乃花に会える気がして、マミー牧場へ菜乃花をデートに誘った。
道中も到着してからも菜乃花は、隼太と一緒に行った時の記憶と中学の時の記憶が混ざってしまっていた。
菜乃花は花畑を見て、自分が鷹人でない誰かとここに来たことや、文化祭のことも一部思い出し混乱してしまった。しかし、記憶が全部戻っても鷹人のことが好きだろうと思った。
鷹人と菜乃花は想いを確かめ合った。

病院では長い眠りから烏丸が目覚めた。
病院を訪れた鷹人は「隼太の声を菜乃花に聞かせるな」と烏丸に忠告された。

一方、菜乃花は偶然帰国していた隼太に出くわしていた。
電話をする隼太の声を聴いて胸がざわつく感覚に襲われた菜乃花は、彼がハヤタだと分かり話をするため呼び止めた。
菜乃花は「友達から隼太と付き合っていたと聞いている」と話し、鷹人のことを好きになったことも話した。それを聞いた隼太は、自分のことは忘れるよう伝えその場を去った。しかし隼太は菜乃花を取り戻そうとしていた。

翌日鷹人は菜乃花から隼太に会ったことを聞いた。
焦る鷹人だったが菜乃花のすっきりとした様子を見て、烏丸が言っていたことは心配いらないと安心した。
隼太はアメリカで火事に遭い、それが原因で声がかすれてしまっていた。

鷹人の誕生日のお祝いをしている時、最初は穏やかだった菜乃花が次第に混乱し、鷹人のものにしてほしいと懇願した。鷹人はキスをしたが菜乃花の涙は止まらなかった。

菜乃花の記憶を取り戻そうと、鷹人は烏丸の元を2人で訪れた。
烏丸の声で菜乃花が記憶を取り戻すと考えていた鷹人に、菜乃花は烏丸と隼太の声を聴き分けていたと烏丸は言った。
その会話を聞いて動揺した菜乃花は「記憶をなくした時と同じように、飛び降りればいい」と烏丸にけしかけられ屋上に向かった。

同じころ、菜乃花を取り戻したい隼太は、烏丸がヒントを握っていると考え病院へ向かっていた。
屋上へ行った菜乃花を追いかけた鷹人は、病院にたどり着いた隼太と出くわした。
驚いた鷹人だったが、菜乃花が屋上に向かっていることを教え、後を追わせた。
鷹人のために記憶を取り戻したいと思った菜乃花は、屋上の端まで来ていた。

鷹人は屋上へは行かず、烏丸に菜乃花を放すよう懇願する。助けに行かない鷹人を責めた烏丸だったが、鷹人の菜乃花の幸せを願う強い想いに動かされ菜乃花に電話をした。
「もう君を放すよ」という烏丸の言葉に、今にも飛び降りそうだった菜乃花は動きを止めたが、屋上に走ってきた隼太を見つけ、驚いて足を滑らせてしまった。
落ちる寸前に隼太が腕を掴み、そのまま引っ張り上げた。
その瞬間、菜乃花は隼太の記憶を取り戻し、同時に鷹人への想いが溢れ混乱し気を失ってしまった。

その日以来、鷹人は姿を現わさず卒業式にも現れなかった。
隼太と平穏な生活を取り戻した菜乃花は、記憶が戻り混乱も乗り越えていた。

半年後、菜乃花の大学に隼太も通うことになった。
菜乃花は心が2つあるような感覚を持っていた。きれいな花畑をきれいと思う心と、もう1つの心に引っ張られる感じがしていた。
菜乃花は隼太の新しい家を訪れた時、机の上に初めて会った時渡したメモと、差し入れの時渡したメモがきれいに保管されているのに気が付いた。そして小さな花畑みたいと涙を流した。

『菜の花の彼ーナノカノカレー』の登場人物・キャラクター

綾瀬菜乃花(あやせなのか)

高校1年生。
周りからは大人しく思われているが、大胆な行動で驚かせることもある。
可愛らしい見た目とは裏腹に、冷静沈着な面もあり、物事を俯瞰している部分もある。
自分の意見や芯をしっかり持っている。
中学生の頃の恋愛がトラウマとなってからは恋愛に対しては消極的になった。
そんな自分を変えようと過去とも向き合い、隼太と出会って付き合うようになる。

jsrna
jsrna
@jsrna

目次 - Contents