すとろべりーぷりんす(すとぷり)の徹底解説まとめ

すとろべりーぷりんすとは、YouTubeやツイキャスで活躍する、6人組のユニットである。略称として「すとぷり」と呼ばれている。2016年6月に、ゲーム実況者のころんとさとみ、動画配信者のななもり。とジェル、歌い手の莉犬とるうとが、それぞれの得意分野を結集させて活動を始めた。動画や配信などでは、それぞれのイラストに声を当てて活動している。しかし定期的に生ライブも開催しているので、その時だけは顔出しをしている。元々フリーのユニットだったが、2020年8月に「株式会社STPR」所属を発表した。

遠井さんシリーズ第一話

遠井さんシリーズとは、「乙女ゲーム風ギャグ動画」で、YouTubeチャンネル『ジェルofficial』にて投稿されている動画シリーズである。当初は「遠井さんとジェルの恋愛を主軸にしたコメディ」というのがコンセプトだったが、今ではコメディ要素が強くなっている。遠井さんをはじめとして、登場人物ほぼ全てのアテレコを「ジェル」が担当しており、「ジェル」の声域の広さが注目されている。元々は「ジェル」の個人活動だったが、「すとぷり」のメンバーも度々登場しているため、今では「すとぷり」の代名詞となっているのだ。

ドッキリ企画

YouTuberが避けては通れないドッキリ企画。人気のYouTuberの特徴は、ドッキリが面白いことと言っても過言ではない。『すとぷりちゃんねる』のドッキリは、脱力的なのが特徴で、若い女性を中心に高い評価を受けている。ドッキリの内容で多いのは、「深夜に電話をかけてダル絡みしてみた」や、「電話をかけて相手の発言を全否定してみた」というような、「相手を怒らせよう」という企画である。しかし、メンバーが全員まったりしすぎており全然怒らないので、棘の無いドッキリになっているのだ。

ゲーム実況

「IDENTITYⅤ(第五人格)」のゲーム実況

「すとぷり」に欠かせないのが、ゲーム実況動画である。基本的にゲームが上手い「さとみ」、「ころん」、「るうと」は「ゲーム上手い組」と呼ばれ、「ジェル」、「ななもり。」、「莉犬」は「ゲーム下手組」と呼ばれる。ゲームの種類によって、この関係は少し変わってくる。実況中のゆるっとした喧嘩などが、ファンの間では人気である。

24時間リレー生放送

ツイキャスで、定期的に24時間生放送を企画している「すとぷり」。時間枠を決めてメンバーが、入れ替わりでトークをしている。

すとろべりーぷりんすの用語

すとぷりすなー

「すとぷり」のファン。『すとぷりちゃんねる』や『すとぷりのStop Listen』のリスナーを指す用語である。

おつぷり

「すとぷり」メンバーや「すとぷりすなー」の挨拶。「お疲れ様」という意味。

かまそ

「ななもり。」の口癖で、「頑張ろう」といったニュアンスの言葉。

カリスマキング

ななもり。の肩書きである。「すとぷり」のリーダーとして、持ち前のカリスマ性を発揮していることからこのように呼ばれる。

ダイゴ ジンカク

「さとみ」の別名。非公式だが、人物当てゲーム『アキネーター』で「さとみ」を出そうとすると、「ダイゴ ジンカク」が出てくることがある。「さとみ」の得意なゲーム、『第五人格』から名付けられている。

なんなんですか!

「るうと」の代名詞ともいえるワード。他メンバーに腹黒を指摘された時などに、「るうと」が発する言葉である。

ぶりぶりぶりっこラジオ

4jsho0506
4jsho0506
@4jsho0506

目次 - Contents