すとろべりーぷりんす(すとぷり)の徹底解説まとめ

すとろべりーぷりんすとは、YouTubeやツイキャスで活躍する、6人組のユニットである。略称として「すとぷり」と呼ばれている。2016年6月に、ゲーム実況者のころんとさとみ、動画配信者のななもり。とジェル、歌い手の莉犬とるうとが、それぞれの得意分野を結集させて活動を始めた。動画や配信などでは、それぞれのイラストに声を当てて活動している。しかし定期的に生ライブも開催しているので、その時だけは顔出しをしている。元々フリーのユニットだったが、2020年8月に「株式会社STPR」所属を発表した。

発売日:2020年5月30日

収録曲
1. Strawberry Nightmare

「TOKU」と「ななもり。」が作詞、「るうと」と「松」が作曲を手掛けた曲。『すとろべりーはろうぃんないと』に引き続き、「すとぷり」のハロウィンをテーマにした2曲目の曲である。「本当に入って大丈夫なの...??」「大丈夫だって!!」「怖いよ..もう帰ろうよ…」といったように、所々にセリフが入っているのが可愛らしいと人気。

『マブシガリヤ』

発売日:2020年5月30日

収録曲
1. マブシガリヤ

「谷口尚久」が作詞、「るうと」と「松」が作曲を手掛けた曲。青春の応援歌で、学生から高い評価を受けている。作詞家で有名な「谷口尚久」と、YouTuber「パオパオチャンネル」にボカロ曲を提供していることで有名な「ナユタン星人」が協力して作られた曲ということで、話題になった。

『スキスキ星人』

発売日:2020年6月22日

収録曲
1. スキスキ星人

「ナユタン星人」が作詞、作曲を手掛けた曲。「ナユタン星人」特有の、宇宙をテーマにした個性的な歌詞。

『大宇宙ランデブー』

発売日:2020年8月10日

収録曲
1. 大宇宙ランデブー

「ナユタン星人」が作詞、作曲を手掛けた曲。アニメ『妖怪学園Y ~Nとの遭遇~』のオープニングテーマになっており、ノリの良い曲。

『Streamer』

発売日:2020年8月24日

収録曲
1. Streamer

「谷口尚久」と「ななもり。」が作詞、「るうと」と「松」が作曲を手掛けた曲。「すとぷり」の活動をひとまとめにした曲。

フルアルバム

『すとろべりーらぶっ!』

発売日:2019年7月3日

収録曲:
1. 『GO GO CRAZY』(作詞作曲:NA.ZU.NA)
2. 『Move on!』(作詞:谷口尚久 / 作曲:原田雄一)
3. 『僕らだけのシャングリラ』(作詞:谷口尚久 / 作曲:中野ゆう)
4. 『アニバーサリー』(作詞:谷口尚久 / 作曲:松本サトシ、遠藤 直弥)
5. 『キングオブ受動態』(作詞:谷口尚久 / 作曲:るうと、松)
6. 『道標』(作詞:KOUTAPAI / 作曲:るうと、松)
7. 『好きになっていいよね?』(作詞:谷口尚久 / 作曲:遠藤 直弥)
8. 『よさこいディスコParty』(作詞作曲:草野将史、原田雄一)
9. 『Don’t Give Up‼︎』(作詞:ななもり。 / 作曲:NA.ZU.NA、M.I、小久保祐希)
10. 『BREAK OUT』(作詞:小久保祐希 / 作曲:小久保祐希、横野康平)
11. 『Day By Day』(作詞 :長浜駿平、Kamy / 作曲:長浜駿平)
12. 『No Parfect』(作詞:木村友威 / 作曲:横野康平、小久保祐希、JUNE)
13. 『朝の夕日』(作詞:KOUTAPAI / 作曲:佐々木裕)
14. 『おかえりらぶっ!』(作詞作曲:HoneyWorks)

全14曲を収録したファーストフルアルバム。初回限定版には、特典としてDVDがついている。DVDには、幕張メッセで行われた『すとろべりーめもりーvol.7』から、『AquaKiss』(作詞:宮崎淳子 / 作曲:山崎真吾)、『はりーはりーらぶ』(作詞作曲:金崎真士)、『大好きになればいいんじゃない?』(作詞作曲:Honeyworks)の3曲が収録されている。このフルアルバムのテーマは「挑戦」である。ミニアルバム『すとろべりーすたーと』発売日の1カ月前から準備していたことを、「ななもり。」が語っている。『すとろべりーすたーと』制作中に、もっと良いものができるのではというインスピレーションを元に、「るうと」を中心に完成させた。今までにアイドル調の可愛らしい曲が多かった「すとぷり」にとって、『GO GO CRAZY』『僕らだけのシャングリラ』といったクールな曲や、『よさこいディスコParty』『Don’t Give Up‼︎』といったK-POP調リリックの曲を収録したこのアルバムは、テーマ通りの「挑戦」した作品になっているのだ。

『すとろべりーねくすとっ!』

発売日:2020年1月15日

収録曲:
1. 『ストロベリー☆プラネット!』(作詞作曲:ナユタン星人)
2. 『ギンギラ銀河』(作詞作曲:ナユタン星人)
3. 『アモーレ・ミオ』(作詞:谷口尚久 / 作曲:JOE)
4. 『Next Stage‼︎』(作詞:ななもり。 / 作曲:るうと、松)
5. 『Now and Forever』(作詞:小久保祐希 / 作曲:小久保祐希、YUU for YOU)
6. 『Party Light』(作詞作曲:渡辺泰司)
7. 『忍恋』(作詞:谷口尚久 / 作曲:草野将史)
8. 『溶解ウォッチ』(作詞作曲:ナユタン星人)
9. 『遊獣浮男ボーイ』(作詞作曲:れるりり)
10. 『脳内ピエロ』(作詞:松本有加 / 作曲:渡辺泰司)
11. 『咲かせて恋の1・2・3!』(作詞:るうと、TOKU / 作曲:るうと、松)
12. 『ヒカリユメ』(作詞作曲:れるりり)
13. 『LOOK UP』(作詞:谷口尚久 / 作曲:るうと、松)
14. 『タラレバ』(作詞:木村友威 / 作曲:杉田昌也)
15. 『好きでいてくれていいよ』(作詞:DECO*27 / 作曲:DECO*27、 Rookwell)
16. 『革命前夜』(作詞作曲:HoneyWorks)

全16曲を収録したセカンドフルアルバム。初回限定ライブ映像盤A、初回限定ライブ映像盤B、初回限定ボイスドラマCD盤、通常盤の4種類が発売されている。初回限定ライブ映像盤にはそれぞれDVDが付属されている。AのDVDには『GO GO CRAZY』、『Move on!』、『キングオブ受動態』、『すとろべりーめもりーvol.10 ダイジェスト』が、BのDVDには『GO GO CRAZY』、『道標』、『おかえりらぶっ!』、『すとろべりーめもりーvol.10 ダイジェスト』が収録されている。ボイスドラマCD盤には、『私立すとぷり学園!恋する私の王子達...のはずだった。』が収録されている。また、Aの盤面には大人組、Bの盤面には子供組のアーティスト写真が載っている。楽曲の制作には「HoneyWorks」、「ナユタン星人」、「DECO*27」、「れるりり」といった、音楽界のヒットメーカーが起用されている。アニメ『妖怪ウォッチ新シリーズ 妖怪学園Y~Nとの遭遇~』オープニングテーマ『ギンギラ銀河』を収録するなど、今までの「すとぷり」の活動を総まとめして新しいステージに進む、意思表示のアルバムである。

ミニアルバム

『すとろべりーすたーと』

発売日:2019年3月27日

収録曲:
1. 『パレットダンス』(作詞:松井洋平 / 作曲:EFFY)
2. 『Endless Flight』(作詞作曲:松坂康司)
3. 『非リアドリーム妄想中!』(作詞:TOKU、ななもり。 / 作曲:るうと、松)
4. 『でこぼこげーむぱーてぃー』(作詞:るうと、TOKU / 作曲:るうと、松)
5. 『すとろべりーごーらんどっ』(作詞:るうと、TOKU / 作曲:るうと、松)
6. 『AquaKiss』(作詞:宮嶋淳子 / 作曲:山崎真吾)
7. 『はりーはりーらぶ』(作詞作曲:金崎真士)
8. 『大好きになればいいんじゃない?』(作詞作曲:HoneyWorks)

全8曲を収録したミニアルバム。デビュー以来8回のライブをこなし、着々と来場者数を増やしてきた「すとぷり」が、初めて発売したファーストミニアルバムである。『パレットダンス』、 『はりーはりーらぶ』 『大好きになればいいんじゃない?』など、「すとぷり」の中でも特に人気の高い楽曲を選りすぐったミニアルバム。また、ファーストフルアルバム『すとろべりーらぶっ!』制作のきっかけになったのは、このミニアルバムである。全てのスタート地点として制作した『すとろべりーすたーと』だったが、制作段階で新たなインスピレーションが大量に湧いてきて、『すとろべりーらぶっ!』ができたそう。

4jsho0506
4jsho0506
@4jsho0506

目次 - Contents