すとろべりーぷりんす(すとぷり)の徹底解説まとめ

すとろべりーぷりんすとは、YouTubeやツイキャスで活躍する、6人組のユニットである。略称として「すとぷり」と呼ばれている。2016年6月に、ゲーム実況者のころんとさとみ、動画配信者のななもり。とジェル、歌い手の莉犬とるうとが、それぞれの得意分野を結集させて活動を始めた。動画や配信などでは、それぞれのイラストに声を当てて活動している。しかし定期的に生ライブも開催しているので、その時だけは顔出しをしている。元々フリーのユニットだったが、2020年8月に「株式会社STPR」所属を発表した。

メンバーカラーは水色。1996年5月29日生まれの24歳。公式ペアの「さとみ」と同じく、ゲーム実況者の出身。少しお馬鹿なキャラクターで、普段のガサガサ声と綺麗な歌声のギャップが人気。同メンバーの「るうと」は、元々「ころん」に憧れていて仲良くしているが、今では「るうと」の方が態度が大きい。そんな2人もファンからは「可愛い」と高評価である。ハイテンションなトークが売り。

るうと

メンバーカラーは黄色。 1998年10月25日生まれの21歳でユニット最年少。元々は歌い手の出身で、歌が上手いのはもちろん、自身のオリジナル曲やグループの曲の作詞、作曲を手掛けている。グループの音楽関係担当として、メンバーからは厚い信頼を得ている。声が可愛らしくぶりっ子っぽい印象も受けるが、反面腹黒なキャラも持ち合わせており、それがファンにはウケている。公式ペアは「莉犬」。「すとぷり」の子供組とも呼ばれるが、公開されている顔写真は、可愛いというよりはイケメンといった印象を受ける。身長も168.2センチでやせ型と、すらっとしている。

「るうと」の腹黒をメンバーが指摘する動画

莉犬

メンバーカラーは赤。1998年5月24日生まれの22歳。イラスト上では猫耳が特徴的である。歌い手兼声優の出身で、『妖怪ウォッチ』や『いつだって僕らの恋は10センチだった。』等での声優実績を持つ。ちなみに、声優の時は「こいぬ」という名義で活動を行っている。歌い手としても人気が高く、『お願いダーリン』の歌ってみた動画では、YouTubeで1000万回再生を記録している。公式ペアは「るうと」で、2人のじゃれあいがファンには好評なようだ。FTM(性同一性障害)をカミングアウトしている。

すとろべりーぷりんすのディスコグラフィー

配信シングル

『苺色夏花火』

発売日:2018年9月2日(第1リリース)、2020年5月30日(第2リリース)

収録曲
1. 苺色夏花火

「TOKU」と「ななもり。」が作詞、「るうと」と「松」が作曲を手掛けたシングル曲。「花火大会の恋模様」がテーマになっている。「TOKU」は、「すとぷり」の曲を度々作詞している作詞家で、「松」は「るうと」と仲の良い作曲家である。

『すとろべりーはろうぃんないと』

発売日:2018年11月4日(第1リリース)、2020年5月30日(第2リリース)

収録曲
1. すとろべりーはろうぃんないと

「TOKU」と「ななもり。」が作詞、「るうと」と「松」が作曲を手掛けた曲。ハロウィンをファンシーな世界観で歌っている。

『パレードはここさ』

発売日:2020年5月30日

収録曲
1. パレードはここさ

「TOKU」と「ななもり。」が作詞、「るうと」と「松」が手掛けた曲。テンポが良く、勇気づけられる歌詞で人気がある。

『クリスマスの魔法』

発売日:2020年5月30日

収録曲
1. クリスマスの魔法

「TOKU」と「ななもり。」が作詞、「るうと」と「松」が作曲を手掛けた曲。「すとぷり」初のクリスマスソング。

『Strawberry Nightmare』

4jsho0506
4jsho0506
@4jsho0506

目次 - Contents