ARIA / アリア

『ARIA』とは、天野こずえによる日本の漫画。当初は『AQUA』のタイトルで『月刊ステンシル』(エニックス刊)に掲載されていた。2002年から2008年まで『月刊コミックブレイド』(マッグガーデン刊)に掲載され、タイトルも『ARIA』に変更された。単行本は全12巻。累計発行部数は465万部に上り、関連書籍の累計発行部数は82万部を記録した。
舞台は西暦2300年代の未来、水の惑星にテラフォーミングされた火星に建設された「ネオ・ヴェネツィア」。主人公の水無灯里(みずなしあかり)は惑星マンホーム(地球)から来た少女。灯里がゴンドラを漕ぎ観光案内をする女性「ウンディーネ」になるために先輩や友人と修行しながら、たくさんの人と出会い、日常にある小さな幸せをみつけていく物語。
テレビアニメは2005年から2008年にテレビ東京系にて3期にかけて放送された。OVAも2作品制作。テレビアニメ10周年記念プロジェクト「蒼のカーテンコール」で劇場版アニメ『ARIA The CREPUSCOLO』が2021年3月に公開され、2021年12月には『ARIA The BENEDIZIONE』が公開された。