ノラガミ / Noragami

ノラガミ / Noragami

『ノラガミ』とは、あだちとかが月刊少年マガジンに2011年より連載している漫画。それを原作にアニメや舞台化もされている。主人公の夜トをはじめとした、日本の神をとりまく環境を軸に描かれる現代和風ファンタジー。祀られていない無名の神、夜トは自ら社を建てる為に、僅かな賽銭で仕事を請け負っていた。そんな彼と周囲の人や神を巡る戦いを描く。

ノラガミ / Noragamiの関連記事

ノラガミ(野良神)のネタバレ解説・考察まとめ

ノラガミ(野良神)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノラガミ』とは、あだちとかが月刊少年マガジンに2011年より連載している漫画。それを原作にアニメや舞台化もされている。主人公の夜トをはじめとした、日本の神をとりまく環境を軸に描かれる現代和風ファンタジー。祀られていない無名の神、夜トは自ら社を建てる為に、僅かな賽銭で仕事を請け負っていた。そんな彼と周囲の人や神を巡る戦いを描く。

Read Article

ノラガミ / Noragamiのレビュー・評価・感想

ノラガミ / Noragami
10

笑いあり、感動あり、すべてが詰まっている作品!

この漫画はとても絵がきれいで読みやすく、笑いも感動もあり、恋愛要素もあって、またとても生きることについて考えることができる作品です。
なにかに思い悩んだ時や、壁にぶつかったとき、もう人生をやめてしまいたいと思ったときに、大げさかもしれませんが、この漫画を読むと生きる勇気が湧いてくる気がします(笑)。私はこの漫画を読んで人生の価値観が変わりました。
なぜならこの漫画に出てくる人が生きたいと思っていても生きることのできなかった人たちで、そういった人たちが私達が生きている世界にも大勢いることに気づいたからです。
「未来も思い出も家族も友達も、あいつらには全部あるのになんで俺には無いんだよ!?」という言葉がとても心に刺さって印象に残り続けています。必死に生きようと思いました!

ダークアクションファンタジーで戦闘シーンもかっこいいですし、お笑いの要素も多いのでとても楽しいです。巻末のおまけ漫画もとても面白いです(笑)。
主人公だけではなく、その周りの登場人物もとても個性的で印象に残るキャラばかりです。
歴史の勉強や、神様のことについても知ることができるので、自分の知識が増えます。
アニメ化もされておりアニメではバトルシーンに動きがつくので更に見やすいものになっていました。とても面白く、ふか~い作品なので興味があったらぜひ読んでみてほしいです!

ノラガミ / Noragami
9

神様に興味はありますか?

ノラガミは月刊誌のマガジンで連載されている一つです。
主人公は夜ト(夜卜/ぼく)と雪音(人間の幽霊)そして、ヒロインがひよりという女子高生。ある日悩みが有り、ある番号に電話を掛けてしまうひよりが夜トと呼ばれる神様に出逢う所からスタートします。この夜トのお陰でこのヒロインのひよりは抜けやすい身体を手に入れてしまい、その身体を治してとお願いをしてからの本編になります。神様関係のお話ですが、人間が幽霊になりそれを神様が救い自分の神器にして、取り憑かれたり世の中に沢山いる悪霊をさばいていくバトル系でもあります。この漫画はアニメ化にもなっていて、ご存知の方もいらっしゃらるかと思いますが、毘沙門天が女性と言う驚きも。貧乏神もピンク髪の女の子です。他にも有名な恵比寿様や天神様と七福神の神様も勢揃いで出てきます。他には天照大御神や昔存在したであろう神様達も沢山出てきます。先程少しだけお伝えしましたが、各神様には神器と言う元は人間の幽霊が存在します。神様に寄っては神器の数が違い、1番多いのご毘沙門天の所です。基本メンバーはお揃いの軍服を着ています。その次は天神様の所。ここは女性ばかりですが巫女様の和服です。その中でも梅の精が存在しますが、このキャラクターが天神様にとって掛け替えの無い存在です。是非ご覧になって色々な角度から見て下さい。見方に寄っては感動したり笑えたりしますので。

ノラガミ / Noragami
8

5円でなんでもしてくれる神様

この作品にはいろいろな神様が登場します。自分の社や知名度によって、地位や力が確立する世界。そんな中、社もなく知名度もない、無名の神様・夜トが主人公として登場します。
夜トは、困っている人しか目に入らない電話番号を、学校のトイレ、看板などあちこちに書いて、賽銭5円で妖怪退治や赤ん坊の子守、水道工事まで何でもやる神様。デリバリーゴット夜トとして活動していきます。神様は、一人で活動するわけではく神器という元々死霊であり、神様に名前を与えてもらい、武具として変形する、僕と行動する。
そして、中学三年生の少女 ひよりと出会うことになり、夜トの運命は大きく変わります。物語が進むにつれ、夜トの正体や秘密、神様と神器の関係性が徐々に明らかになり、読むにつれ、続きが気になる作品です。ジャンルはバトル漫画になりますが、ところどころにギャグ要素もあり、笑える部分もたくさんあります。そして人間関係やそれぞれの神様の思いなどが描写されているシーンも多く感動するところも多いです。バトルシーンは神器を複数持つ神様も登場しそれらを使いながら戦闘するシーンは読んでいてすごく引きこまれます。アニメ化、舞台化もされた作品なので、マンガの枠にとどまらず、とても楽しめる作品になっております。

親タグ