浜名孝行

浜名孝行の関連記事 (2/4)

財前光(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

財前光(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

財前光(ざいぜんひかる)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、四天宝寺中学校2年テニス部のレギュラーである。顧問曰く「天才」と呼ばれ、試合描写も少ないそのミステリアスさから「能ある鷹は爪を隠す」と表現される。プレイスタイルはオールラウンダー。毒舌でクールな性格かつ、気怠げな態度が特徴。左耳に3つ、右耳に2つのピアスを付けていて、ブログを書いているという現代っ子である。敬語の混じった関西弁に「〜っすわ」という語尾を付ける。本編では出番が少なかったが、人気の高いキャラクターだ。

Read Article

鳳長太郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

鳳長太郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

鳳長太郎(おおとりちょうたろう)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、氷帝学園中等部2年テニス部のレギュラーである。先輩の宍戸亮(ししどりょう)とダブルスを組んでいて、氷帝最強ダブルスと呼ばれている。プレイスタイルはサーブ&ボレーヤー。「一球入魂」という掛け声とともに放つ「スカッドサーブ」という超高速サーブを使用する。背が高く、短い銀髪が特徴。性格は穏やかでお人好しで顔立ちも良い。また家柄が良く育ちも良い。いつもクロスのペンダントをお守り代わりとして付けている。

Read Article

真田弦一郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

真田弦一郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

真田弦一郎(さなだげんいちろう)とは、週刊少年ジャンプで連載されていた『テニスの王子様』に登場するキャラクターである。神奈川県にある立海大付属中学校3年生でテニス部副部長を務めている。テニスの実力は確かなものでその強さから他校の生徒より『皇帝』という二つ名がついているほどで、後輩たちからも恐れられるような厳格な人物である。立海大を全国三連覇へ導くべく、幸村が病に倒れた際は部長の代わりとして部員たちをまとめあげた。「常勝立海大」をモットーに上げており、負けは許されないと常々部員たちへ叱咤してきた。

Read Article

忍足謙也(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

忍足謙也(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

忍足謙也とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、四天宝寺中学校テニス部3年生。全国大会編にて初登場。全国大会準々決勝の不動峰戦では石田銀と共にダブルス2に登場し、神尾アキラ、石田鉄と対戦。スピードテニスに自信を持つ神尾アキラをも上回るスピードテニスを見せ、圧倒した。準決勝での青学戦では財前光と共にダブルス1に登場する予定だったが、千歳千里に譲ったため、プレイを見れたのは不動峰戦のみ。通称は「浪速のスピードスター」。氷帝学園の忍足侑士は従兄弟にあたる。

Read Article

宍戸亮(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

宍戸亮(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

宍戸亮(ししどりょう)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、氷帝学園中等部3年テニス部のレギュラーである。元はシングルスプレイヤーだったが、2年の鳳長太郎(おおとりちょうたろう)とダブルスを組んでおり「氷帝最強ダブルス」と呼ばれている。都大会で惨敗し、一度レギュラー落ちを経験した。レギュラー落ち以前は長髪だったが、レギュラー復帰の際に自らハサミで短髪にし青いキャップを後ろ向きに被っている。男気溢れる性格で、口癖は「激ダサ」。

Read Article

佐伯虎次郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

佐伯虎次郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

佐伯虎次郎(さえきこじろう)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、六角中3年のテニス部レギュラーである。副部長を務めている。ダブルスで相手の前衛を徹底的にマークし、動きを封じるプレイを得意としている。六角中テニス部のメンバーは監督であるオジイの手作り木製ラケットを愛用している。性格は優しく穏やか。爽やかな好青年である。愛称は「サエ」や「サエさん」。作中で「無駄に男前」と言われており、ファンからは「無駄様」と呼ばれている。青春学園中の不二周助(ふじしゅうすけ)とは幼馴染である。

Read Article

日吉若(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

日吉若(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

日吉若(ひよしわかし)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、氷帝学園中等部2年テニス部のレギュラーである。プレイスタイルはベースライン上で積極的に攻撃するアグレッシブベースライナー。実家が古武術の道場をやっており、古武術を取り入れた通称「演武テニス」で独特なフォームをしている。氷帝学園テニス部次期部長として扱われている実力者。神経質な面もあるが、性格は冷静沈着で他人に流されない。キリッとした目とキノコヘアーが特徴的である。座右の銘と口癖は「下剋上」。

Read Article

千石清純(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

千石清純(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

千石清純とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、山吹中学校テニス3年生。初登場は都大会2週間前、青学へ偵察に来た他校生として登場。ジュニア選抜経験の実力者として知られ、都大会では青学・桃城と、関東大会では不動峰の神尾と対戦している。オレンジ色(原作では茶色)の髪にゲジゲジとした眉毛が特徴。性格は飄々としており、人懐っこい。無類の女好き。千石が試合にいるとラッキーなことが起こることから「ラッキー千石」という異名で呼ばれている。

Read Article

カルピン(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

カルピン(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

カルピンとは、『テニスの王子様』に登場する猫のキャラクターで主人公越前リョーマ(えちぜんりょーま)の家の飼い猫。原作者の許斐剛の愛猫がモデルとされている。種類はヒマラヤンで、タヌキのような見た目をしている。2歳のオスで、人間で言うと約23歳である。青い瞳とふわふわの毛並みが特徴。リョーマにたいへん可愛がられており、リョーマのキャラクターソングでもカルピンに向けた楽曲が存在する。リョーマの買った猫じゃらしがお気に入り。「ほぁら」という独特な鳴き声をしている。

Read Article

桃城武(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

桃城武(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

桃城武(ももしろたけし)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、青春学園2年生テニス部レギュラーである。明るく陽気な性格で、先輩からは「桃」、後輩からは「桃ちゃん先輩」の愛称で呼ばれている。試合では「クセ者」と呼ばれ、見た目に反して策士な一面がある。「~いけね~な、いけね~よ」という風に、同じ言葉を2度繰り返すのが口癖。海堂とはライバル関係で、「マムシ」と呼びケンカが絶えない。「ダンクスマッシュ」や「ジャックナイフ」といったパワーを駆使した技を得意としている。

Read Article

入江奏多(テニスの王子様)のネタバレ解説・考察まとめ

入江奏多(テニスの王子様)のネタバレ解説・考察まとめ

入江奏多(いりえかなた)とは、『新テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、U-17日本代表3番コートの高校3年生。薄茶色のくせ毛と丸眼鏡姿が印象的。笑みを浮かべて丁寧な口調で話すことから優しそうな印象を受けるが、実は腹黒な一面があり、試合では、わざと追い詰められている演技をして相手の精神を揺さぶったり、相手の思考や行動を読むことで弱点を突くといったプレイスタイルを披露している。5番コートシャッフルマッチでは跡部と対戦し、跡部を試合続行不可能にまで追い込んだ。

Read Article

一氏ユウジ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

一氏ユウジ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

一氏ユウジとは、漫画『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、四天宝寺中学校の3年生でありテニス部のレギュラー。通称「モノマネ王子」でモノマネの振り幅が広く、お笑いにも力を入れており、その実力は試合中にも活かされている。お笑いではツッコミ担当で、ダブルスの相方であり同じく3年生レギュラー・金色小春とよく漫才を披露している。部活の会計補佐としても金色のことを支えており、私生活での仲も良好。頭にはハチマキのようにバンダナを巻いているのが特徴であり、試合中にはアイマスクをする。

Read Article

大石秀一郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

大石秀一郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

大石秀一郎(おおいししゅういちろう)とは、漫画『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、青春学園3年のテニス部副部長である。部長の手塚国光(てづかくにみつ)が怪我の治療のため不在の間は大石が部長代理を務めた。プレイスタイルはカウンターパンチャーでダブルス専門の選手である。菊丸英二(きくまるえいじ)とのペアは「黄金(ゴールデン)ペア」と呼ばれている。面倒見が良く世話焼きな性格から、「青学の母」とも呼ばれている。タマゴのようなシルエットの髪型に前髪2本が触覚のように出ているのが特徴だ。

Read Article

乾貞治(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

乾貞治(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

乾貞治(いぬいさだはる)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、青春学園テニス部3年生。緻密なゲームメイクと相手の打つ方向を予測するデータテニスを得意としており、口癖は「~の確率〇〇%」。立海の柳蓮二とは幼馴染であり、関東大会では激闘の末、勝利した。番外編ではギャグ要因として登場することもしばしばで、疲労回復のため開発した乾特製ドリンク「乾汁」は、罰ゲームとして定番となっている。海堂とダブルスを組むことが多く、トレーニング量は海堂の2.25倍と、ストイックな一面もある。

Read Article

柳生比呂士(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

柳生比呂士(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

柳生比呂士(やぎゅうひろし)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、立海大付属中学校テニス部3年生である。「紳士(ジェントルマン)」の異名を持ち、丁寧な口調と物腰が特徴的であるが、試合では勝ちに拘る冷徹な一面も見せる。得意技は「レーザービーム」で、コート上の隙間を的確に射貫く一撃必殺の技と言われている。決め台詞は「アデュー」。髪色は原作では茶色であり、アニメでは紫色となっている。眼鏡のズレを直す仕草が印象的。関東大会決勝では仁王と共にダブルス1に登場し、菊丸・大石に勝利している。

Read Article

観月はじめ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

観月はじめ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

観月はじめ(みづきはじめ)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、聖ルドルフ学院中等部3年のテニス部員である。選手でありながらマネージャーも務めており、監督に近い立ち位置だ。聖ルドルフの中で優秀な選手を地方から集めている「補強組」の内の1人で、観月は山形県出身である。データを集めて分析し戦うことが得意で、勝利のためには手段や犠牲を厭わない。誰に対しても敬語で話し、一見物腰の柔らかい人物に見える。だが性格は冷徹で無視したり挑発したりすることがある。長い前髪が特徴。口癖は「んふっ」。

Read Article

橘桔平(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

橘桔平(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

橘桔平(たちばなきっぺい)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、不動峰中学校3年生テニス部部長兼監督である。2年生の途中までは獅子楽中に在学しており、「九州二翼」と呼ばれる全国区の有名な選手であった。不動峰転校後は伊武や神尾らと共に新生テニス部を作った。都大会では氷帝の宍戸に6-0で圧勝し、その実力を見せつけるも関東大会準決勝では立海の切原に敗北する。その後は気持ちを新たにするためか黒髪から金髪となっている。全国大会準々決勝では九州二翼の千歳と対戦するも敗北。

Read Article

壇太一(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

壇太一(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

壇太一(だんたいち)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、山吹中学校テニス部の1年生である。入学当初は小柄であることを理由にテニス部のマネージャーをしていた。みんなが恐れる先輩の亜久津仁(あくつじん)を恐れるどころか、強い憧れを抱いている。亜久津に試合で勝利した小柄な越前リョーマ(えちぜんりょーま)を見て、自身もテニス部への入部を決意した。試合描写はなく、選手として成長途中のキャラクターだ。亜久津からもらった緑のヘアバンドを愛用している。「〇〇するです」など、誤った敬語を使っている。

Read Article

毛利寿三郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

毛利寿三郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

毛利寿三郎(もうり じゅさぶろう)とは、『新テニスの王子様』にて登場するキャラクターで、U-17日本代表の高校1年生である。播州弁を話すのが特徴で、四天宝寺中学校に在籍していたが、途中で立海大附属中学校へと転校している。自身の才能に甘えて練習を怠っていたため、関東大会で越知に敗北したことで一度は挫折を味わった。試合の後で病院へ行った際に目撃した幸村精市のリハビリ姿に心を打たれ、日本代表に選ばれるほどの努力を重ねた。越知とのペアは「超高校級ダブルス」とも言われてる。

Read Article

神尾アキラ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

神尾アキラ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

神尾アキラとは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、不動峰中学校テニス部2年生。地区大会決勝にて初登場し、青学・海堂と対戦するも敗北。関東大会準々決勝では山吹・千石と対戦。海堂との対戦での悔しさをバネに成長し、見事勝利する。「スピードのエース」という異名を持ち、スピードを武器としたテニスを得意としている。左目が常に隠れた鬼太郎のようなヘアスタイルをしている。口癖は「リズムに乗るぜ♪」「リズムを上げるぜ♪」「リズムを変えるぜ♪」「リズムにhigh!」。橘杏に密かに想いを寄せている。

Read Article

伊武深司(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

伊武深司(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

伊武深司(いぶしんじ)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、不動峰中学校テニス部2年生である。地区大会では越前リョーマと対戦。リョーマのツイストサーブに酷似した「キックサーブ」や、相手の筋肉をマヒさせる「スポット」といった技を見せ、竜崎スミレからは「不二にも優らずとも劣らない」と言わしめた才能の持ち主。ボソボソと刺のある発言をする「ぼやき」癖があり、気難しい性格であるが、部長である橘には絶対服従しており、「橘さんと一緒に全国に」と熱い一面も見せている。肩に届きそうな長髪が特徴的。

Read Article

種ヶ島修二(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

種ヶ島修二(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

種ヶ島修二(たねがしましゅうじ)とは、『新テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、U-17日本代表の高校3年生。初登場時は2軍のジャージを羽織っていたが、1軍の海外遠征帰国後に実は1軍のNo.2であることが明らかとなった。筋金入りの飛行機嫌いであるため、海外遠征には同行せず、2軍メンバーと共に合宿所に残っていた。U-17日本代表シャッフルマッチでは大曲と共に真田・亜久津ペアと対戦し圧勝。相手の打球を無にする能力を持つ。白髪に褐色の肌が特徴的。軟派な性格で、口癖は「ちゃい」や「ぺろっ」。

Read Article

ジャッカル桑原(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

ジャッカル桑原(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

ジャッカル桑原(じゃっかるくわはら)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、立海大付属中学校3年テニス部のレギュラーである。ブラジル人とのハーフで、持久力に優れていることから「4つの肺を持つ男」と言われている。また、守備を得意としていることから「鉄壁の守護神(ディフェンダー)」と言われている。丸井ブン太(まるいぶんた)とダブルスを組むことが多く、そのペアは「プラチナペア」と呼ばれている。褐色のスキンヘッドが特徴。クールだが、人当たりの良さから苦労することもある。

Read Article

リリアデント・クラウザー/蔵兎座(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

リリアデント・クラウザー/蔵兎座(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

リリアデント・クラウザー/蔵兎座とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、名古屋星徳中テニス部1年生である。全国大会立海戦にて初登場。名古屋星徳中テニス部はレギュラー7名全員が外国人留学生であり、クラウザーはその1人である。全国大会立海戦では切原と対戦。試合序盤は必殺技の「サザンクロス」で切原を圧倒するも、悪魔(デビル)化した切原に敗北。『新テニスの王子様』では、「リリアデント・蔵兎座」と改名し、日本に帰化。金色の髪と英語交じりの片言の日本語が特徴的。

Read Article