「喧嘩稼業」を連載中の木多康昭先生の過去作品の問題シーン!

ヤングマガジンで「喧嘩稼業」(旧・喧嘩商売)を連載中の木多康昭先生。
喧嘩稼業はストーリー性のある作品で人気を博していますが、以前はギャグ作品を出しており多くの著名人をネタにして問題作扱いされました。
今回は木多先生の作品から問題シーンを紹介させていただきます。

初の連載作「幕張」で…

ある有名芸人をネタにした1シーンです。
雑誌には掲載されましたが後日クレームが来て単行本では丸々修正されて収録されることとなりお蔵入りとなったシーンです。

実名出して芸を否定するのはなかなかありませんね(笑)

担当編集者の女性関係を暴露!

続いて同作品「幕張」からです。
暴露されるのは当時の担当編集であり、現・少年ジャンプ編集長である瓶子吉久さんです。
瓶子さんによく似た登場人物「鬼瓶」というキャラクターが居ます。
そのキャラクターがある大会に出場し自分の根性をアピールするという競技での1シーンです。
このシーンの前後だけ他のキャラクターから「瓶子」と連呼され彼が披露するのは…

「自分が担当している女性作家に手を出した事があります。」

といった暴露話でした(笑)

単行本のあとがきにて作者のポリシーが載っています。

どうやらそういうことらしいです(笑)

単行本1巻にはすでにこんな内容が記されていました(笑)

作品の内容がすでに問題作!

その後、木多先生は集英社では掲載を許可してもらえず講談社に移籍し少年マガジンで連載を始めます。
「泣くようぐいす」という野球漫画の連載を始めますが、ギャグに走り著名人をネタにする作風は変わらず最終的に打ち切りとなります。

そして次の作品「代表人」
これがかなりの問題作で連載前から編集部では問題視されていたようです。

国民的男性アイドルグループ「SMAP」をモデルにしたと思われるグループを作品に登場させネタにします。

草なぎ剛さんが元ネタの人物に対して
「人はこのような骨格を愛する事はできない」
と大胆指摘!

稲垣五郎さんに関しては例の事件の報道をネタに!
しかも名前が「菅野」!(元カノです)

しかもこの作品、途中で話が脱線し主人公が変わります(笑)

新たな主人公の必殺技は同雑誌に連載しているGTOが何故必要以上に病気により休載されたのかを考えた時に炸裂する「大人の事情」という必殺パンチ!

その後、見開きのバックには思いっきりGTOのキャラクターが掲載されるのですが…

さりげなくその後ろにいるのは、木多先生のかつての古巣である少年ジャンプで「HUNTER×HUNTER」を連載している冨樫先生の自画像が!!
ちなみに単行本では消されています。

その後、連載は結局打ち切りという形でラストは木多先生が裁判にかけられるというシーンで終わります。
わずか2巻で終了し、単行本も初版のみで絶版となっており入手困難の為、一部ではプレミア扱いされているそうです。

次の作品では著名人の淫行ネタが…

次は掲載誌が青年誌ヤングマガジンに移り連載される「喧嘩商売」です。
始めから担任の先生に「女子高生ハンター」の島田先生というキャラクターを登場させ読者の度胆と抜きます。
ちなみにこのキャラクターは「世紀末リーダー伝たけし」の作者・島袋先生を元にしており、作中で何度も「しまぶー」と呼ばれます(笑)
島袋先生は過去に未成年売春により連載が突如打ち切りとなった過去があります。

思いっきり島袋先生扱いされる島田先生。ちなみに連載1回目。

堂々と未成年との関係を主張する島田先生。

堂々と打ち切りになった作品(他誌)のデラックス版の宣伝をする島田先生。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

喧嘩商売(漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

喧嘩商売(漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『喧嘩商売』(けんかしょうばい)とは、木多康昭による漫画作品。格闘技を題材としているが、修行したり実際に殴り合ったりする以外の戦術的な駆け引きを重視した内容が特徴。基本的にはシリアスな内容だが、ギャグ漫画家としてデビューした木多らしい強烈な下ネタやパロディが時折描かれる。 いじめられっ子からの脱却を目指して喧嘩に明け暮れていた高校生の佐藤十兵衛は、工藤優作という喧嘩屋に敗れ、大きな屈辱を味わう。これを払拭するため、十兵衛は工藤との再戦を目指して表の裏の格闘技界に乗り込んでいく。

Read Article

喧嘩稼業(漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

喧嘩稼業(漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『喧嘩稼業』(けんかかぎょう)とは、木多康昭による漫画。それぞれの想いを胸に、莫大な賞金がかかった異種格闘大会「陰陽トーナメント」に臨む格闘家たちの姿を描いている。2010年に「第一部完」という形で完結した『喧嘩商売』の続編である。 高校生の佐藤十兵衛は、喧嘩屋の工藤優作へのリベンジを目的に、表と裏の格闘界で戦い続けていた。その工藤が陰陽トーナメントに参加することを知った十兵衛は、別の選手から出場枠を奪い取る。各流派の伝説級の格闘家たちもまた、それぞれの想いを胸にトーナメントに挑んでいく。

Read Article

喧嘩商売・喧嘩稼業の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

喧嘩商売・喧嘩稼業の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『喧嘩商売』『喧嘩稼業』とは、週刊ヤングマガジンに連載中の木多康昭による漫画作品。主人公、佐藤十兵衛を中心に繰り広げられる喧嘩・格闘技を描いた格闘漫画。単なる強さと強さのぶつかり合いだけでなく、戦いを優位に進める為の策略・巧みな心理戦なども描かれており戦闘中の会話などから名言・セリフも多い。

Read Article

【進撃の巨人】ONE PIECEはどう終わる?名作漫画の最終回に関する考察まとめ【ワンピース】

【進撃の巨人】ONE PIECEはどう終わる?名作漫画の最終回に関する考察まとめ【ワンピース】

最終回に関する作者・尾田栄一郎の発言が話題となった「ONE PIECE」や、実は最終回の一コマが既に公開されていた「進撃の巨人」などの人気漫画。ここでは名作漫画がどのような終わりを迎えるのか、ファンたちのによる考察をまとめました。またカオスすぎるラストの「喧嘩稼業」や、悲しくも美しいラストに胸を打たれる「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」など、最終回が話題となった漫画についても紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents