ヴィンチェンツォ(韓国ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴィンチェンツォ』とは、2021年に放送された韓国のテレビドラマ。脚本はパク・ジェボム。制作会社は「スタジオドラゴン」。イタリア系韓国人マフィアであるヴィンチェンツォが悪の巨大組織「バベルグループ」の不正を暴き、戦いを繰り広げていく物語。独創的なストーリー、魅力的なキャラクター、スリリングな展開、ユーモアあふれる演出など、様々な要素を兼ね備えた作品として多くのファンを獲得している。主人公を務めたソン・ジュンギが大賞受賞。

『ヴィンチェンツォ』の概要

『ヴィンチェンツォ』とは、2021年に放送された韓国のテレビドラマ。脚本はパク・ジェボム。制作会社は「スタジオドラゴン」。イタリア系韓国人マフィアであるヴィンチェンツォが、悪の巨大組織「バベルグループ」との闘いを繰り広げていくストーリー。不正や陰謀を簡単にもみ消す「バベルグループ」によって次々と被害者が出る中、冷酷さとカリスマ性を兼ね備えた主人公のヴィンチェンツォが、手段を選ばない残酷な方法で組織に立ち向かっていく。ダークでスリリングな緊迫したシーンが多い中、笑いやほのぼのとした場面も存在するのがこのドラマの魅力の1つ。鮮烈なストーリー展開とヴィンチェンツォの魅力的なキャラクターに加え、ドラマ全体のエンターテイメント性とメッセージ性が、視聴者から大きな評価を得ている。また、キャスト陣の演技力も光る作品となっている。

『ヴィンチェンツォ』のあらすじ・ストーリー

イタリアからやって来たコンシリエーレ

ヴィンチェンツォがブドウ畑にオイルを撒いて火を放つシーン

イタリア系韓国人マフィアであるヴィンチェンツォ。カサノファミリーのコンシリエーレ(顧問弁護士)だった彼は、亡くなった養父であるボスの遺言を実行するため、ファミリーの一員を殺したエミリオという男の元へ向かった。しかしルールを破ったエミリオとの交渉は決裂する。ヴィンチェンツォは広大なぶどう畑にライターで火をつけて燃やし、その場を立ち去った。その後ボスの葬儀で長男のパオロから、今後は自分に服従するよう要求されるも、「それに値する人間ではない以上服従できない」と伝え、その場を後にした。それが許せないパオロは、密かに暗殺者を放つが、ヴィンチェンツォにあっけなく殺されてしまう。その後彼はパオロの車を報復として爆破した。そしてパオロに電話をかけて「イタリアには戻らない。俺を探すな」と警告し、韓国へと向かうのであった。

「バベルグループ」と「ウサン法律事務所」

法廷で争う娘のチャヨン(画像左)と父のユチャン(画像右)

「バベルグループ」は、多くの事業を手掛ける韓国きっての大企業だが、数えきれないほどの不正を働いている。汚い手を使って組織を大きくしているため、被害を被る人たちも数知れず。そして組織にとって不利益になることはことごとくもみ消してきた。腐った体質を影から支えているのは「ウサン法律事務所」である。ウサンはバベルの顧問弁護を請け負っている。
ウサンのエース弁護士であるホン・チャヨンは、「バベル製薬」被験者が会社側を告発したことで起きた裁判で、証人となる人物を大金で買収していた。彼女は頭のきれる強い女性で、結果を求め寄り賢くしたたかに成果を出していく。一方、告発人を弁護するのはチャヨンの父であり、「藁法律事務所」の代表ホン・ユチャンである。彼は常に弱者の立場になって弁護する正義の弁護士だ。法廷での勝利という結果を求めるばかりで本質を見落とし、ウサンの中で汚れていく娘に心を痛めながら、「バベルもお前もまるでマフィアだな」と非難する。ユチャンはチャヨンをとても愛しており、娘に正しい道を歩ませたいと思いながらも、顔を合わせると衝突ばかりしてしまう。そしてチャヨンはというと、母が亡くなったのは仕事に明け暮れて家庭を顧みなかった父のせいだと思っている。2人は法廷でも私生活でもケンカばかりしていた。

眠る金塊

立ち退きを迫られて拒否をするヴィンチェンツォたち

ヴィンチェンツォの韓国での目的。それは古びた雑居ビル、クムガプラザの地下に眠る隠された金塊を取り出すことだった。5年前、ヴィンチェンツォに相談を持ち掛けた中国の大富豪であるワン氏が、安全な場所に金を隠すためこの建物を買収して地下に隠したのであった。しかしワン氏は既に他界。地下に金塊が隠されていることは、ヴィンチェンツォとビルの管理を任されているチョ・ヨンウン以外は誰も知らない。ヨンウンは以前、イタリアでヴィンチェンツォに助けられた経緯があり、そのときから彼に信頼を寄せている。それ以来彼らはビジネスパートナーだ。韓国にやってきたヴィンチェンツォは、このビルに居住しながら地下に眠る金塊を探し、掘り当てることを決めた。
あるとき、「バベルグループ」が再開発のためにクムガプラザ周辺の物件を購入していることを知る。このビルも例外ではなくバベルは入居者たちに立ち退きを迫っていた。しかし彼らは反対。入居者たちをまとめる代表は、ビル内に事務所を構える「藁法律事務所」のユチャンであった。金塊を手に入れる前に他の企業にこのビルを手渡すわけにはいかないヴィンチェンツォ。彼は弁護士としてユチャンと入居者たちの味方をすることにした。しかし突然現れただけのヴィンチェンツォは、住人からもユチャンからも不信な男として見られるのであった。

ワインパーティーで解体を阻止

ビルの解体工事を阻止するため、ワインパーティーを開催したヴィンチェンツォ

権力と財力を背景に、独自のルールでビジネスを進め、腐敗や犯罪などの悪事を影で行っている「バベルグループ」。クムガプラザもバベルに巻き込まれる形となり、いよいよ明日ビルの解体、という危機的状況に陥ってしまった。バベル側のウサンに所属しているチャヨンも、解体される前に父を避難させようとビルまでやって来た。父を探し回るチャヨンをよそに、ヴィンチェンツォはスマホに夢中になっていた。不安に駆られ荷造りをしなければと立ち去ろうとする入居者たちに、「ワインパーティーをしませんか?」と彼が声をかける。
その夜、解体時間が近づくにつれ父ユチャンのことが気になって不安が募るチャヨンは、車に乗り再び現場へ急いだ。そしてプラザに着いた彼女は、解体されるはずの現場でワインパーティーが開催されていることに驚く。そこは入居者はじめ、人気インスタグラマーや政治家たち、一般の人たちで溢れかえっていた。後からやってきた解体業者は、パーティーのせいで現場へ侵入できず、呆然と立ちつくすのみであった。
この一件でバベル側の計画を阻止したヴィンチェンツォ。正面から立ち向かうのではなく、SNSやマスコミを上手く使い、クムガプラザを守ることに成功。入居者も、敵であるチャヨンでさえも、彼に魅了された瞬間であった。

突然の別れ

ユチャン(画像左)と酒を酌み交わすヴィンチェンツォ(画像右)

「バベルグループ」と対立する中で、当初こそ疑ってばかりいたユチャンだが、時間が経つに連れヴィンチェンツォと徐々に信頼を深めていた。しかし別れの日は突然やって来る。ある日2人がお店で酒を飲んでいると、トラックが店内に突っ込んできたのだ。トラックに衝突した2人は衝撃とともに吹き飛ばされてしまう。この事故によりユチャンは帰らぬ人となり、ヴィンチェンツォも意識不明となる。一見不運な事故に思える出来事だが、これは単なる事故ではなく、新たにウサン弁護士にやってきた元検事のチェ・ミョンヒの仕業であった。

命を奪った者への警告

コインランドリーに閉じ込められ、恐怖で震えるミョンヒ

ユチャンが亡くなった後、人権弁護士は表の顔、賄賂や偽証を行う裏の顔があったと、報道が流れ彼は名誉も傷つけられてしまう。ユチャンの事務所のナム事務長は心を痛め、娘のチャヨンも父を失くした悲しみに暮れ、なすすべがなかった。しかしそんな報道の裏で、ユチャンが過ごした事務所には生前彼に救われた人たちが訪れ献花やメッセージを添え、その死を悼んだ。
チャヨンはこの件を機にウサンを去った。入院していたヴィンチェンツォの前で泣き続けるチャヨン。父の死に不審な点があることを確かめたくとも、どうすることもできない。泣くばかりの日々が続いたが、9日目にしてやっとヴィンチェンツォが目覚める。そしてともに父の死の真相を確かめることを決意。彼らはさっそくトラック運転手がいる留置所へ向かった。そしてその運転手を脅迫して得た情報を元に、2人の人物を捕らえに向かう。トラック運転手にユチャンを事故死させるよう指示した人物だ。廃墟で2人を捕まえたヴィンチェンツォは、さらに背後に潜む黒幕の正体を教えるよう迫る。しかしなかなか口を割らない。するとヴィンチェンツォはピストルを突き付け1人の男に向けて発砲した。発砲音と共に血しぶきが飛び倒れる男。それを見ていたもう一人は恐怖におののき、ついに黒幕の正体を暴露。殺害を指示した人物はがミョンヒだと分かる。ユチャンの名誉を気付けたのもこの人物の仕業だった。
ミョンヒはコインランドリーでご機嫌にズンバダンスを踊っている。するとスマホに着信が入る。相手はヴィンチェンツォだが、ミョンヒは誰なのか分からない。電話の向こうの声は「ユチャンの殺害を指示した人物がお前だということは分かっている」と伝えた。そして気付けばコインランドリーは固く閉ざされ外に出ることができない。電話の相手がどこかで自分を監視していると周囲を見渡す。そして焦るミョンヒが次に見たのは、猛スピードでコインランドリーに向かってくるトラックだった。悲鳴を上げ部屋の隅に逃げ込み、恐怖で震えるミョンヒ。あと一歩のところでとトラックが急停止をして一命を取り留める。そんなミョンヒにユチャンの名誉を回復させるようヴィンチェンツォが要求した。しかしそれには応える気のないミョンヒ。危機が去り、彼女は自分を恐怖に陥れた相手を見つ出して必ず報復することを決意する。ミョンヒは弁護士でありながら血も涙もない、自分の欲望を満たすためならば殺人さえも平気で犯す毒蛇のような人物だった。

バベルとのシーソーゲーム

倉庫の火事に慌てふためくチャン・ハンソ会長

バベルグループは次々と問題を起こしていた。しかしそれが明るみ出ることはない。バベルの弁護を担当しているウサンが常に後ろに控えていて、訴訟問題さえも闇に葬り去っているからだ。
グループの中の「バベル新薬」が行った不正実験のために命を落とした研究員と、バベルの真実を暴こうとして亡くなった弁護士ユチャン。人命すらも軽視するバベルに対し、悪のやり方には悪のやり方をと言わんばかりに、ヴィンチェンツォは「バベル製薬」の原料貯蔵庫に火をつけ火事を起こす形で大打撃を与えた。想定外の大惨事に、駆け付けたグループの代表、チャン・ハンソはその場に崩れ落ちるしかなった。
また、「バベル化学」の主力開発物質である有毒物質BLSDによって被害者が頻出。訴訟問題まで発展していたが、代理人の弁護士と「バベル化学」がウサンと協力して被害者たちに示談を勧めていた。病院やマスコミも一体となり事件の本質を揺るがしている。そこでヴィンチェンツォは代理人の弁護士を「訴訟代理をわたしに引き渡さなければ、誰もいないところに送ってしまう。」と脅迫して舞台から退場させることに成功する。
その後ヴィンチェンツォとチャヨンはウサンを訪れ、過ちを認めるよう示談の提案を持ち掛ける。しかしそれを受け入れようとしないバベルとウサン。そして2人は「容赦しない」と宣戦布告をするのであった。その後バベルグループの権力を打ち破るための反バベル運動を続々展開。「バベル科学」の件では、ナニャクサの僧侶の友人が被害にあったこともあり、これを機にクムガプラザの人々もヴィンチェンツォに協力をするようになる。裁判の場でヴィンチェンツォ側が有利になるよう協力をしたり、様々な手段を用いて「バベルグループ」に立ち向かっていく。
その成果もあり、「バベルグループ」は資金源に行き詰まり危機に陥る。そこで、業界一のシングァン銀行からの投資の約束を取り付けることに成功。しかしこれもまた、銀行側頭取の弱みを握ったことで成立した契約であり、正攻法ではなかった。その投資話に不信を感じたチャヨンは調査を開始し、投資を阻止しようと動き始める。調査で分かったことは頭取であるファン・ミンソンがゲイでありDVの常習犯であるということ。ミンソンはその罪をもみ消してきたウサンに脅迫される形で融資をすることになったのである。
バベルとの投資話を打ち消そうと、容姿端麗なヴィンチェンツォがゲイであるミンソンに近づく。ミンソンは彼に一目ぼれをし、見事ハニートラップは成功。その後ミンソンはバベルとの投資協約を白紙に戻すことをヴィンチェンツォに約束した。しかしミョンヒのほうが先手を打っていたことで、投資協約は成功してしまう。ミョンヒはミンソンの実母である会長を脅迫して協約を進めていたのである。

wired10110
wired10110
@wired10110

Related Articles関連記事

梨泰院クラス(イテウォンクラス)のネタバレ解説・考察まとめ

梨泰院クラス(イテウォンクラス)のネタバレ解説・考察まとめ

『梨泰院クラス』とは、韓国のケーブルテレビ局にて2020年1月から3月まで放送された、飲食業界での成功を目指して仲間と共に奮闘する主人公を題材としたテレビドラマである。原作は、2017年から2018年にかけて連載されたチョ・クァンジンによるWeb漫画。パク・セロイが、父親を奪った同級生とその父への復讐を誓い、梨泰院で挑戦を始める。彼のもとに個性豊かなメンバーが集まり、外食No.1企業である長家グループを追い詰めていくストーリー。Netflixオリジナル作品として日本を含む世界に配信された。

Read Article

グッド・ドクター(Good Doctor)のネタバレ解説・考察まとめ

グッド・ドクター(Good Doctor)のネタバレ解説・考察まとめ

『グッド・ドクター』とは、2013年にKBSで放送された韓国のテレビドラマである。脚本パク・ジェボム、演出キ・ミンス。主演はチュウォン、ムン・チェウォン。日本ではKBS WorldやBSフジで放送された。自閉症にみられる傾向のサヴァン症候群を持ちながら小児外科医を目指すパク・シオンの成長とピュアな恋愛を描いたストーリー。2017年にアメリカで、2018年に日本でリメイクされた。企画段階では「グリーンメス」というタイトルであったが、内容が読み取りやすいという理由で『グッド・ドクター』に決定した。

Read Article

トキメキ☆成均館スキャンダル(韓国ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

トキメキ☆成均館スキャンダル(韓国ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『トキメキ☆成均館スキャンダル』とは、2010年に韓国のKBSで放送されたテレビドラマ。原作はチョン・ウングォルの小説『成均館儒生たちの日々』。幼いころに父を亡くし、病気がちの弟と母を養うため男装してお金を稼ぎながら家族を支える主人公のキム・ユニ。そんなユニがあるとき科挙試験の代筆を請け負うことになる。それをキッカケに女子禁制の名門校である「成均館(ソンギュンガン)」に入学が決まってしまう。寄宿舎での生活を通し共に学び合う仲間たちとの恋愛や友情、夢を育んでいく青春ラブストーリー。

Read Article

いつかの君に(韓国ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

いつかの君に(韓国ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『いつかの君に』とは、Netflixにて2023年9月より放送が始まった台湾ドラマ『時をかける愛』のリメイク版で、時空を超えたロマンスファンタジー。恋人ヨンジュンの死を受け入れられないジュニは、ある日手元に届いたソ・ジウォンの「涙を流して」という曲を聞きながら眠りに落ちる。目が覚めるとそこは1998年で、目の前にはヨンジュンそっくりの顔をしたシホンという高校生がいた。ジュニの顔と同じ顔をしたミンジュの身体に入ったジュニは、シホンを通してヨンジュンの影を追いかける。

Read Article

離婚報道で話題!ソン・ジュンギとソン・ヘギョの馴れ初めからゴールまでを徹底紹介!

離婚報道で話題!ソン・ジュンギとソン・ヘギョの馴れ初めからゴールまでを徹底紹介!

ソン・ジュンギとソン・ヘギョは2016年に韓国で放送されたドラマ「太陽の末裔」で共演。美男美女カップルとして話題を集め、韓国放映時、最高視聴率41.6%を記録。ファンや関係者に祝福されながら結婚するも、電撃的に離婚を発表して世間を驚かせた。 ここでは、そんな2人の馴れ初めからゴールまでの軌跡を紹介する。

Read Article

【オク・テギョン】韓国のバラエティ番組『三食ごはん』の画像まとめ!【イ・ソジン】

【オク・テギョン】韓国のバラエティ番組『三食ごはん』の画像まとめ!【イ・ソジン】

本記事では韓国で放送されていたバラエティ番組『三食ごはん』の画像をまとめて紹介している。この番組はイケメン俳優「イ・ソジン」とアイドルグループ2PMの「オク・テギョン」が、人里離れた山奥で朝・昼・晩の食事を手作りするという内容である。手際よく料理をこなすテギョンと、毒舌家の一面をのぞかせるやる気のないイ・ソジンとの対比が面白いとして人気を集めていた。日本語訳も掲載しているので、ぜひ最後まで記事を楽しんでほしい。

Read Article

【梨泰院クラス】チャン・グンウォン役で大活躍!話題の俳優「アン・ボヒョン」を徹底紹介!

【梨泰院クラス】チャン・グンウォン役で大活躍!話題の俳優「アン・ボヒョン」を徹底紹介!

2020年に放送され話題となった韓流ドラマ『梨泰院クラス』。本作にあって視聴者に強烈な印象を与えたのが、物語の悪役として君臨するチャン・グンウォンである。 シナリオの妙味もさることながら、終始迫力のある演技でこの役を見事に演じ切ったアン・ボヒョンもまた話題を集めた。ここでは、そんなアン・ボヒョンについて紹介する。

Read Article

韓国ドラマ『梨泰院クラス』マ・ヒョニ役で話題のイ・ジュヨンについて徹底解説!

韓国ドラマ『梨泰院クラス』マ・ヒョニ役で話題のイ・ジュヨンについて徹底解説!

飲食業界で成り上がろうと奮闘する若者たちの姿を描いた、Webtoon原作の韓国ドラマ『梨泰院クラス』。作中に登場するマ・ヒョニは、“トランスジェンダーのシェフ”という特徴的な設定のキャラクターで、これを見事に演じ切った俳優イ・ジュヨンに注目が集まっている。 ここでは、そんなイ・ジュヨンについての情報を紹介する。

Read Article

『梨泰院クラス』で大活躍!チャン・グンス役のキム・ドンヒについてまとめてみた

『梨泰院クラス』で大活躍!チャン・グンス役のキム・ドンヒについてまとめてみた

韓国有数の繁華街「梨泰院」の飲食業界で成り上がろうとする若者たちの努力と苦難と恋愛を描いた韓国ドラマ『梨泰院クラス』。チャン・グンスは主人公たちの起ち上げた店のスタッフという脇役ながら、要所要所で名演技を披露して物語を引き締める役目を担った。 そのチャン・グンスを演じた俳優キム・ドンヒについて紹介する。

Read Article

【梨泰院クラス】主人公パク・セロイ役で大注目!パク・ソジュンを徹底紹介!

【梨泰院クラス】主人公パク・セロイ役で大注目!パク・ソジュンを徹底紹介!

2020年に放送された韓国ドラマの中でも、屈指の話題と人気を獲得した『梨泰院クラス』。韓国ドラマらしいスマートで軽妙な物語に多くの視聴者が魅了され、世界的に高い評価を受けた。 ここでは、そんな『梨泰院クラス』の主人公パク・セロイ役を務めたことで話題となった、パク・ソジュンについて紹介する。

Read Article

徹底解説!『梨泰院クラス』のチョ・イソを演じたキム・ダミとは?

徹底解説!『梨泰院クラス』のチョ・イソを演じたキム・ダミとは?

韓国有数の繁華街「梨泰院」を舞台にした韓国ドラマ『梨泰院クラス』。韓国ドラマらしいスマートで軽妙な物語が世界中から高い評価を受け、日本でリメイク版が作られるなど2020年屈指の話題作となった。 そんな本作において、「ソシオパス気質の天才マネージャー」として存在感を放つのがチョ・イソである。そのチョ・イソを演じたキム・ダミについて紹介する。

Read Article

目次 - Contents