怪物事変(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『怪物事変(けものじへん)』とは藍本松による人気のダークファンタジー漫画である。「ジャンプスクエア」にて2017年より連載中。シリーズ累計発行部数は420万部を突破しており、2021年1月から3月までアニメも放映されている。
舞台は東京にある隠神探偵事務所、主人公である夏羽(かばね)が消息不明の両親を探すため、怪物による数々の怪異事件を仲間である隠神(いぬがみ)達と共に解決していく物語である。

『怪物事変』の概要

『怪物事変(けものじへん)』とは藍本松による人気のダークファンタジー漫画である。「ジャンプスクエア」にて2017年より連載中。
シリーズ累計発行部数は420万部を突破しており、2021年1月からTVアニメがTOKYO MXなどでスタート。監督は数々のアクションアニメーション作品を世に送り出す藤森 雅也監督が務めている。

昔々、まだ人間と怪物がお互いの存在を認識し、垣根なく暮らしていた時代に大きな争いがあった。勝ったとも負けたとも言えない争いの果てに、賢く強い怪物の長たちがそれぞれの力を込めた怪物の石を作りだし争いを収めた。それから長い月日が経ち、舞台は架空の日本。多くの人間や怪物が住む街、東京にある隠神探偵事務所。
怪物の世界には知能レベルに差があるため法律がない。知能が高い化け狐が秩序のため取り締まっているのみである。そのため怪物による怪異事件は多く存在するが、人間には怪物が見えない者が多く、怪物が引き起こした事件は迷宮入りしてしまう事件は多い。
そんな怪異事件を取り扱うのが隠神探偵事務所の仕事である。主人公、夏羽はとある事件で知り合った隠神に隠神探偵事務所で働かないかと誘われる。
両親の顔を知らない夏羽は唯一の手がかりである命結石を頼りに両親に会いたいと願い、怪物の世界へ足を踏み入れる。
夏羽の持つ命結石を狙い襲ってくる飯生やその部下達と戦闘を繰り返しながら、隠神探偵事務所へ届く怪異事件を夏羽やその仲間達が解決していく物語である。

『怪物事変』のあらすじ・ストーリー

怪物の子・夏羽

事件調査の合間に畑仕事する夏羽(左)と隠神(いぬがみ)。

13歳の少年・日下夏羽(くさか かばね)は父親と母親に捨てられ、片田舎で旅館を経営する叔母の家で暮らしていた。

ある時夏羽のいる村で家畜の変死体が相次いで発見されるという事件が起きる。人の所業ではないそれを恐れた夏羽の叔母は、東京にある隠神(いぬがみ)怪物相談事務所の探偵である隠神鼓八千(いぬがみ こはち)に調査の依頼をする。夏羽に興味を持った隠神は、夏羽と接する中で夏羽の正体が人間ではなく、人間と屍鬼(クーラー)と呼ばれる怪物(けもの)の間に産まれた、所謂半妖であることを見抜いた。隠神は自身もまた化狸であり、夏羽と同じ怪物(けもの)だということを明かす。また夏羽が首からさげている首飾りが「命結石(めいけっせき)」と呼ばれる石であることを夏羽に教えた。「命結石」は貴重な石であり、捨てる子供にやるようなものではない。そのことを知った夏羽は自分の両親について知りたいと思い始める。

夏羽と隠神は新月の夜に家畜の変死に関わる犯人を見つけ出す。犯人だった怪物を二人で退治した後、隠神は夏羽に銃を向けた。本当は夏羽の叔母から夏羽を殺すように依頼を受けていたのだと。叔母は夏羽の出生について知っており、怪物である夏羽を渋々引き取った。今回の事件を機に夏羽を始末してしまおうと考えていたのだ。夏羽の中に芽生えた両親に会いたいという願いに気づいていた隠神は、夏羽を殺したフリをして叔母に任務完了の報告をする。屍鬼は特定の条件下に置かれない限り死なない。隠神に撃たれた傷が治って目を覚ました夏羽は、隠神の事務所がある東京に着いていた。

仲間達との出会い

隠神の経営する怪物相談事務所は、地下にあるバーのような立ち居振る舞いをしている。看板に特殊な仕掛けをしており、妖怪絡みの事件が日々舞い込んできた。夏羽は隠神探偵事務所にいた、蜘蛛(アラクネ)の母を持つ蓼丸織(たでまる しき)と雪男子(ユキオノコ)の岩木山雪里白那之五十六子 晶(いわきやまゆきさとしろなのごじゅうろくし あきら)という2人の少年に出会う。同じ年頃の夏羽達は隠神の元でさまざまな事件をこなしつつ、仲を深めていった。

ある日夏羽は隠神に飯生妖子(いなり ようこ)に会ってくるように言われる。美しい女性に变化して人を操る飯生は警視庁を牛耳っており、絶大な権力を持っていた。夏羽が首からさげていた「命結石(めいけっせき)」と呼ばれる石に興味を示していた。そこで紺(こん)という狐の少女に言って夏羽から「命結石」を奪わせる。しかしそれは隠神が事前にすり替えていた偽物だった。狸である隠神と狐である飯生は、一応は協力関係だが、自分の欲望のままに生きる飯生がこういった行動に出るだろうと隠神は予測していたのだ。隠神は飯生に釘を指し、飯生もその場ではその言葉に従い身を引く。しかし飯生はこの後も紺を利用して夏羽の「命結石」を狙い続けるのだった。

夏羽達と任務をこなしていく内に、織は目をそらしてきた自分の両親について知る決心を固める。隠神に連れられて皆で織の父親の弟で織の叔父に当たる蓼丸昭夫(たでまる あきお)に会いに行く。昭夫は織に両親は二人とも既に亡くなったと告げた。しかしそれは真っ赤なウ嘘であり、昭夫は織の母親・山蜘蛛之仔 組(やまぐものこ くみ)を使って金儲けを企んでいたのだ。蜘蛛(アラクネ)は人の傷を癒やし、欠損した臓器までもを再生できる金の糸を生み出すことができる。昭夫は組に子供を孕ませ、ついに金の糸を生み出すことのできる子供を作り出した。それが織に妹・綾(あや)である。全てを知った織達は昭夫と昭夫が作り出した失敗作の妖怪を倒す。その後死んだと思われていた母親の組が見つかり、綾と組と共に東京に戻った。

ある日織が晶とケンカをし、晶が家出する。晶は町中で偶然生き別れになてちた双子の兄・岩木山雪里白那之五十五子 結(いわきやまゆきさとしろなのごじゅうごし ゆい)と再会した。晶に優しかった結は、故郷である雪の里にあった「零結石(れいけっせき)」と呼ばれる氷の力を司る石と同化を果たし変わってしまっていた。晶には自分がいればいい、自分には晶がいればいいと強く思い込み、晶を迎えに来た夏羽達と戦闘になる。晶は結が変わってしまったのは「零結石」のせいだと思い、結の胸にある「零結石」を奪い去ろうとした。その際結の「零結石」と夏羽の「命結石」が融合する。「零結石」を失った結は、晶の知っている優しかった結に戻ることができた。

「零結石」を持つ結と出会い、夏羽は怪物の「結石」について知る。「結石」は日本各地に存在しており、その土地土地で有力な怪物が持っているという。夏羽が持つ「命結石」はその一つで、夏羽の両親もまた名のある怪物一族の長ではないかという推論が立った。「結石」同士が融合するという事実はこの時初めてわかったことであり、隠神はそれを交渉材料に全国各地にある「結石」を探しに出かけることになった。

晶は結が自分を見つめ直す旅に着いていき、織は自身の能力アップのために事務所に残った。夏羽は隠神と、飯生から夏羽の「命結石」を奪ってくるよう命令を受けた紺と共に、隠神の故郷・四国の屋島へ向かうのだった。

狸の里・屋島

夏羽は隠神と紺と共に四国の屋島を訪れる。屋島には変幻自在の石「幻結石(げんけっせき)」があり、四国狸の頭領・太三郎(たざぶろう)がそれを持っていた。隠神から「幻結石」を夏羽に譲るよう頼まれた太三郎は夏羽を試すことを決める。夏羽は最初こそ太三郎に敵わなかったが、紺達周りの人間の指導の甲斐もあって太三郎から「幻結石」を奪うことに成功し認められた。夏羽は持っていた「命結石」に「幻結石」を合わせる。すると二つの石は融合し一つの石になった。隠神はその石は屍鬼(クーラー)という夏羽の父親の種族の体に力を封じ込めたものだと言う。夏羽はそれを聞いて石を全て集めればこの石にされた屍鬼は生き返るのではないかと考え、会ってみたいと思うようになった。

しかし翌朝、夏羽の持っていたはずの「命結石」がなくなっていた。飯生から四国の石を回収してくるよう命令されていた紺が盗ったのだ。嘘をつくのが下手な紺の「盗っていない」という言葉を夏羽は信じる。それは罪悪感となって紺に伸し掛かった。飯生の命令に従わなくてはいけない。でも夏羽のことを裏切りたくない。それを口にした瞬間、紺の腹が爆発する。それは飯生の部下の筆頭である野火丸(のびまる)の仕業だった。野火丸は裏切り者を殺しにきただけだと言い、夏羽の持つ「命結石」には手を出さずに去っていく。

紺の死に感情を抑えきれない夏羽。するとそこに綾と織、組が現れた。綾は髪の毛を使って紺の傷をどんどん治していく。おかげで紺は一命を取り留めた。この件で飯生と完全に対立することになったと悟った隠神は、飯生よりも先に石を集めなければならないと思い立つ。そこで隠神は福岡にいる河童が持つ「浄結石(じょうけっせき)」を探しに、夏羽と織は島根にいる大蛇(おろち)が持つ「流結石(りゅうけっせき)」を探すために旅に出た。

「結石」を求めて

全国各地に散らばって「結石」を探す夏羽達。

夏羽と織は「流結石」を探すために島根県八ッ首村にやってきた。しかしそこは既に飯生の部下・赤城 一秋(あかぎ かずあき)と花形楓/花楓(はながた かえで/かえで)という狐によって滅ぼされていた。夏羽達は村の生き残りの大蛇(オロチ)のいちごと環(たまき)という二人の子供に出会い、いちごから「流結石」の場所を聞かされる。夏羽達は赤城の精神攻撃を食らうが、織によって現実に引き戻される。そして天ヶ淵(あまがふち)という沼の底にある「流結石」を手に入れた。その後「流結石」を狙う赤城と楓の追撃にあうが、水神の生まれ変わりという環と「流結石」の力もあり、皆で力を合わせて撃退に成功する。

その頃隠神は北九州河童連合最強の女力士・女子高生の潔(きよい)と相撲で戦うことになっていた。隠神が潔に勝てば「浄結石」をくれるという約束なのだ。無事に潔に勝利した隠神は「浄結石」を手に入れる。

夏羽達と別れて沖縄にやってきていた晶は、どういう経緯かわからないが、沖縄にある「天結石(てんけっせき)」を手に入れていた。そのことを晶のSNSで知った夏羽と織は急いで沖縄に向かう。しかし夏羽達が沖縄に到着した時には、「天結石」は沖縄に派遣された飯生の部下である梅太郎(うめたろう)に取られてしまっていた。

状況を報告し合った夏羽達は、状況を鑑みて一度屋島で合流することになった。合流した夏羽は「命結石」に「流結石」と「浄結石」を融合させる。夏羽達の手元には「命結石」を含めて5つ「結石」が集まった。

一方飯生の部下達も東京に集まっていた。梅太郎が「天結石」、そして陽(ひなた)と炉薔薇(ろばら)が「土結石」を含めた3つ、全部で4つの「結石」が飯生の手元に集まる。飯生はもともと持っていた「結石」と合わせて5つの「結石」を所持したことになる。

人肉工場にて

勢力を拡大するために、飯生は食料の確保に乗り出す。怪物の多くは雑食だが、とりわけ人肉を好む種族もおり、それを千葉県にある桜牙ハム(おうがハム)という工場が担っていた。鬼の一族が運営する桜牙ハムの工場に協力させるために、陽と炉薔薇が派遣される。陽と炉薔薇は工場にあった「栄結石(えいけっせき)」を手に入れ、社長を殺し、施設を蹂躙した。

そこへ夏羽達が現れる。夏羽は工場で働く人の大切な人を人質に取って戦う陽達が許せなかった。「栄結石」を譲ってもらう前に、人質の解放を目指し夏羽は戦う。隠神との連携で陽と炉薔薇を追い詰め、夏羽が炉薔薇にトドメをさそうとしたその時だった。陽が炉薔薇を庇って夏羽の攻撃を受けて死亡する。陽の死を目の当たりにした炉薔薇は戦意喪失。工場の戦いは終わった。

夏羽達の修行

修行に意気込む夏羽。

陽と炉薔薇との戦いで実力不足を感じた夏羽は、隠神にもっと強くなれるよう稽古をつけてほしいと頼む。修行について賛同した織と晶も一緒に、夏羽達は群馬県に向かった。群馬県にいる隠神の古い友人の屋島の太三郎の息子・多郎太(たろうた)を訪ね、夏羽達の修行に協力してもらえるよう仰ぐ。多郎太は自分の寿命を人に分け与える能力を持っていた。隠神は多郎太の3年を1年ずつそれぞれ夏羽、織、晶に分けてやるようにお願いする。こうして夏羽達の修行が始まった。

夏羽達の修行中に野火丸が隠神を訪ねてやってくる。そして隠神に飯生が屋島を襲撃することを決めたこと、そして屋島の襲撃を阻止したいことを伝えた。野火丸は飯生の部下だが、何か腹に一物抱えているらしく、裏では犠牲が出ないように動いている。今回隠神を訪ねてきたのもそれが理由だった。野火丸は任務遂行の日時を伝える途中、ふとある予感に突き当たる。任務失敗でお払い箱にされていた赤城と花楓が予定時間よりも先に単独で屋島に襲撃をかけるのではないか、と思い当たった。そしてそれは現実に起こる。

隠神は多郎太や野火丸達とともにすぐに屋島に向かうのだった。

『怪物事変』の登場人物・キャラクター

隠神探偵事務所

日下 夏羽(くさか かばね)

CV:藤原夏海
13歳。6月15日生まれ。身長151cm。体重48kg。
血を持たず痛覚がない屍鬼と人間の半妖。痛覚を持たないため恐怖心がない。1歳の時に母親に預けられ、叔母の住む鹿の子村で育ったが、隠神探偵事務所へ居候しつつ依頼をこなす。怪物特有の飢餓感を防ぐための命結石を持っておりそれを手がかりにして、隠神や織、晶と共に両親を探す。幼頃から山に囲まれた鹿の子村で育ち、周りの子供達から農作業ばかりしていたため泥田坊と呼ばれいじめられていたため世間知らずなところが多々ある。普段は無表情であることが多いが仲間をとても大切に思っており、仲間が傷つけられると怒りの感情を剥き出しにすることもある。
紺や綾に好意を持たれているが本人は全く気づいていない。恋人にするならという質問に恋人の定義を勘違いしており「隠神さん。」と答える天然っぷりを発揮している。
戦闘力はかなり高く、隠神探偵事務所の怪物の中でもトップクラスを誇るが、屍鬼の特徴である痛覚がなく死なないことから相手の攻撃を避けるということをしないことが欠点につながっていると指摘される。

隠神 鼓八千(いぬがみ こはち)

bajiriko19827
bajiriko19827
@bajiriko19827

目次 - Contents