重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『重版出来!』とは2012年から松田奈緒子が小学館『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。週刊コミック誌『バイブス』の編集部を舞台に、主人公の漫画編集者・黒沢心が一癖も二癖もある漫画家たちや出版業界に関わる様々な業種の人々と一冊の本を生み出すため奮闘するお仕事漫画。2016年には黒木華主演でTBS系列にてドラマも放映。脚本は映画『図書館戦争』シリーズなどで知られる野木亜紀子。後に『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などのヒット作も手掛ける。

『重版出来!』の概要

『重版出来!』とは、2012年から松田奈緒子が『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。舞台はコミック誌『バイブス』の編集部。異色の経歴を持つ新人漫画編集者・黒沢心を主人公に編集者と漫画家とのコミック作りにかける情熱だけでは済まされない悲喜こもごもを描く。「仕事マンガランキング」(日本経済新聞社)第1位、第62回小学館漫画賞(一般向け部門)受賞など、仕事マンガとして幅広い層に支持されている。
また2016年4月12日から6月14日までTBS系列にてドラマも放送。全10話。脚本は野木亜紀子(『図書館戦争』シリーズ・『俺物語‼』)、演出は土井裕泰、福田亮介、塚原あゆ子。プロデューサーは那須田淳(『コウノドリ』・映画『ビリギャル』)、東仲恵吾吾、八尾香澄。黒木華が主人公を主演を演じ、出版社・印刷業者・デザイナーや書店員など様々な出版に携わる人たちにもフィーチャーしており出版業界の裏側も知ることができる。
オリンピック出場選手の候補として柔道に打ち込んでいた主人公・黒沢心はケガのためその夢を断たれた。しかし自分が何をしたいのかと問うた時、子どもの頃読んでいた『柔道部物語』を思い出したのだ。主人公たちの辛さや喜びを一緒に味わうことで実生活を頑張ることができた。心は「私もそういう作品を作りたい!世界の共通語となる漫画作りに参加して、地球上のみんなをワクワクさせたい!」と編集者を目指す。アクの強い編集者の面々、初めて担当すること緒になった新人漫画家、芽が出ないアシスタント、重鎮と言われる漫画家の苦悩など様々な人間模様が展開していく。

『重版出来!』のあらすじ・ストーリー

黒沢心参上!

重版出来の場面に、心も早く参加したい様子

漫画界重鎮の葛藤

心と先輩編集者の五百旗頭(いおきべ)は、人気漫画『いつでもハニーむう』のオーノヨシヒトとの打ち合わせに向かった。オーノは締め切りはしっかり守る律儀な性格で、漫画界の重鎮の一人である三蔵山龍(みくらやまりゅう)の元アシスタントでもあった。
次に心と五百旗頭が向かったのは、その三蔵山の自宅兼作業場だった。本物の三蔵山に会えたという感動で胸がいっぱいになる心。しかし、その日の夕方、編集部に三蔵山から「原稿を引き上げたい」と連絡が入る。
アシスタントとトラブルになった事をきっかけに初めて知った、「オワコン」「時代遅れ」という読者の声に漫画家の引退を考えたというのだ。朝の段階では3か月分の原稿を用意していた彼の突然の申し出に編集部内は騒然とする。
そこへ買出しに出かけた心が、出版社のエントランスで会ったというオーノを連れて編集部に戻ってくる。三蔵山から酷く落ち込んでいた様子で電話があった為、心配したオーノはそれを編集部に伝えに来たのだった。

そんな中新人研修の時に訪れていた書店で展開されていた「大仏特集」にヒントを得た心は、三蔵山の絵は「描く時の姿勢」の工夫次第で変えることが出来る事を力説し、「先生の絵は狂っていない」と断言する。そんな心の言葉や、駆けつけた漫画家たちの説得に三蔵山は再び筆を執る。

本を売るということ

和田(わだ)編集長は、次回の発行部数を巡り「部数決定会議」の為、営業部を訪れていた。部数を増やして多く売り出したい編集部と、部数を減らして赤字を出したくない営業部のせめぎ合いの場で、和田編集長は「初版5千部では全国に本がいきわたらず、次巻を出すことも危うくなる」と説得する。しかし、営業部の岡(おか)課長に「売れなかったら在庫の山になる。また雑誌を失ってもいいのか」と返され、結局初版5千部で手をうつ事になる。過去にコミック雑誌『FLOW』が廃刊し、雑誌を失うことの重みを味わっていた和田編集長だから、言い返せなくなってしまったのだ。

そんな『FLOW』に興都館の正社員として携わり、雑誌の廃刊で別の部署に異動することになるも、「どうしても漫画を作りたい」という想いからその後フリー編集者に転身した菊池。
そんな菊池が担当する八丹(はったん)カズオの作品が、月に100冊売れているという事が分かった営業部は『タンポポ鉄道』を仕掛けることを決める。この漫画は、都会の会社で働く主人公が忙しい毎日から抜け出し旅に出たその旅先で出会う人々との交流をきっかけに、人間として成長していくという物語だ。初版8千部以下という出版社からは期待されていないスタートだったが、新たなキャラクターの登場をきっかけに少しづつではあるが、売上が伸びてきていた。

心と営業部の小泉は、八丹が持ち込んだ大量の単行本をもとに作った「試し読み冊子」を配る為、書店回りを始める。しかし、書店では『タンポポ鉄道』は目立った陳列はされておらず、心は『タンポポ鉄道』のフェア展開をコミック担当者にお願いする。売上が伸びてきている商品という事もあり、すぐに快諾してもらえた事で安心した心。それに加えて、漫画を読まない人にもアピールしたいと考え、『鉄道フェア』コーナーにも本を置いてもらえるようお願いする。気難しい事で有名な担当者だったが、心の熱意に負け、本を一緒に置いてもらえる事になった。そんな心に対して、ただ立ってるだけの小泉の姿に、コミック担当者は「ユーレイみたい」と彼を笑った。

書店回りの休憩中、「なぜ人は『頑張れ』というのか。自分はそう言われるのが嫌いだ」と小泉は話す。「頑張れ」と言われることに対し心は、「自分は嬉しいと感じる。言ってもらった相手に喜んでもらえるように努力したい」と言い切る。この言葉に、彼女はきっと何度も何度も打ちつけられても「負けない」という情熱でこの強さを身につけたのだと、小泉は気付かされた。その後、営業部に戻った小泉は岡課長の机に広げられた手帳を見てしまう。そこには書店のデータや売筋、顧客傾向などの情報がビッシリと書き込まれていた。本気で仕事に取り組むその姿勢にいてもたってもいられなくなった小泉は一人で書店回りに出かける。

売上好調の『タンポポ鉄道』をさらに売る為、靴が擦り切れるほど書店にも何度も足を運んだ。自分が実際に行く事が出来ない、遠方の書店あての手紙を何通も何通も書いた。もともと情報誌志望で入社した為漫画に興味がなく仕事に対しても消極的で、いるのかいないのか分からないという理由で周りからは「ユーレイ」と呼ばれる小泉。そんな小泉が初めて熱意を持って、この漫画を売りたいと感じたのだ。その努力に予想以上の反響があり、多くの書店が『タンポポ鉄道』を置いてくれることになった。

そして、編集部に1本の電話が掛かってくる。『タンポポ鉄道』に重版がかかったのだ。数日後、行われたサイン会の会場の様子に、売れる漫画というのは「愛される漫画」だと実感する心。小泉もまた、出版社と書店で熱意を持って売ったから「売れた」のだと実感する。一冊の本を売るために、多くの人たちが関わっていることを知った2人はお互いに感謝の言葉を口にする。この『タンポポ鉄道』を売る為に頑張った人たちの話は新聞でも取り上げられ、さらに多くの人たちに、この漫画を知ってもらう良いきっかけになった。

一筋の道

ようやく心は担当を持つことになる。その漫画は『バイブス』に連載中の、人気漫画家の高畑一寸(たかはたいっすん)の『ツノひめさま』。しかし高畑には難点があり、恋人とうまくいかなくなるとやる気をなくしてしまい原稿が荒れてしまう事。例によって、つまらない物語展開のネームを書いてきた高畑に、心は自分が読者だった頃の気持ちを話す。

高畑は心に手渡された次回発売の『バイブス』を何気なく読んでいた。それに書かれていた『ツノひめさま』の「ああ弱い、弱い、弱い、どこかに強い男はおらぬかえ!」という、あおりセリフにハッとさせられた高畑。やる気を取り戻した彼は、読者をワクワクさせる物語のネームを書き上げる。

そんな高畑に、コミック誌『エンペラー』から「先生の他の作品を描いてみないか」と誘いが来る。担当者の誉め言葉に良い気持ちになっていた高畑は『エンペラー』での連載を引き受けることになったが、『ツノひめさま』のように思うように描けず、自信をなくしてしまう。そんな時、いつでも『ツノひめさま』の事を考えてしまう自分に気付いた高畑は、『エンペラー』誌での連載を断ることに。自分が必死に生み出した『ツノひめさま』を描けるように励ましてくれた和田編集長に感謝をしながら、もう他誌には移らずこれからも『ツノひめさま』を描いていく事を誓う高畑だった。

電子書籍の波

父である牛露田獏が失踪し、失意のアユ

当時絶大な人気を誇っていた漫画『タイムマシンにお願い』の漫画家の牛露田獏(うしろだばく)は、その後の新しい作品が描けず消息不明になっていた。そんな彼に電子書籍化と映像化の件を告げる為、連絡の取れずにいた牛露田をやっとの思いで探しだした編集部。
和田編集長、事業部の駒井(こまい)と共に牛露田の住むアパートを訪ねた心。生活は荒れ、生活保護を受けていた牛露田に「電子書籍化と映像化で現在の暮らしぶりも良くなる」と伝える和田編集長。
その説得も空しく「生活のことを考えて漫画描くヤツがいるか」と牛露田に邪険に扱われてしまう。
牛露田のアパートに同居している娘アユは母親を亡くし、学校では父親の件でいじめに合い、無表情になってしまった。

そんなアユを心配した心はファミレスに連れていき話を聞くことに。本が売れなくなった牛露田を支えていた母だったが、やがて心労で亡くなってしまったこと。それでも未だに自分の事を有名漫画家だと思い込み、夢ばかり見ている父親を許すことが出来ないこと。そんなことを話すアユに、心は「アユちゃんのパパは夢を見て、夢を見せてくれたんだよ」と告げ、牛露田の漫画を読んでみる事を提案する。
自宅に戻ったアユは、生前母親が開けてはいけないと話していた箱の事を思い出し、押し入れからその箱らしきものを見つける。中を開けると、そこには写真や漫画の原稿があった。そこへ帰ってきた牛露田と口論になったアユは「あんたが父親なんて恥ずかしい」「生活保護を貰ってるからとかじゃなく、現実を見ないことが恥ずかしい」と言い放つ。「フツーのお父さんになってよ」と懇願するアユの涙と、箱の中の長い年月が経ち黄ばんだ原稿に牛露田はある決心をする。
後日、興都館には電子書籍と映像化の契約をしにきた牛露田の姿があった。契約が終わると「後はよろしくな」と和田編集長に告げる牛露田に、また新しい漫画を描いてくれると淡い期待を持つ面々。

その後、漫画の道具と身の周りのものだけ持って牛露田は失踪した。一度は普通の生活を求めてアルバイトを始めようとも思った牛露田だったが、突然タクシーに乗りこみ「ずっとずっと未来」を目指した。
映像化と電子書籍化をきっかけに出版社にはたくさんのファンレターが届くようになり、アユも学校でいじめられなくなった。しかしアユの心は満たされず、父親がいなくなり、一人ぼっちになってしまった寂しさで涙が止まらなかった。

新人作家ができるまで

心は「ツブシの安井」という言葉に不安を抱く

『バイブス』編集部に持ち込みの新人たちがやって来た。一人目は大塚という名前の大学生で、今回初めて漫画を描いたという。五百旗頭が原稿を確認している間、大塚は緊張した面持ちでその様子を見ていた。読み終えた五百旗頭が「良い作品だ」と伝えると、大塚は素直に喜んだ。「修正を加えて本誌の受賞を目指してみないか」と提案する五百旗頭の話を真面目に聞く大塚の姿は、心の目から見ても好印象に映った。その後も、数人からの持ち込みがあったが、ソワソワして落ち着かない者、編集者の悪口を言い始める者などその反応は様々だった。

さらなる新人漫画家の獲得の為、同人誌即売会に「コミックバザール出張編集部」というブースを出展した『バイブス』編集部。そこへ自身の漫画を持ち込んできた女子大生の東江絹だったが、「自分がプロになれるわけない」と突然泣き出してしまう。そんな東江に同席していた人気漫画家の成田は、「それを決めるのは君ではない」「君に決められるのは目指すか目指さないか」と話す。真っ直ぐな目で話す成田のその言葉に、東江は「漫画家になりたい」と精一杯の声で言い放つ。

慣れないブース対応で疲れた為休憩に出た心は、あるフリー編集者に声をかけられる。彼は過去に興都館を受験した事があるが、自分は組織には向かないと感じた為、フリーになったのだと言う。そんな彼が口にした「ツブシの安井」という言葉に呆然としてしまう心。彼はすぐに自分のブースに戻ってしまった為、詳しい話を聞き出す事は出来なかった。『バイブス』編集部の安井がなぜそう呼ばれているのか。心の中には不安な気持ちが残った。

『バイブス』のブースに戻ってきた心は、東江の原稿を確認する。東江の漫画は面白いが、内容がBL作品だった為『バイブス』読者に受け入れられない可能性がある。この設定を男女の関係や女性同士の関係に変更すれば、対応も出来ると丁寧に伝える心。この丁寧な対応と、「一緒にデビューを目指しましょう」という心の言葉が、東江にはとても嬉しかった。次にやって来た、無愛想な青年の中田の淡々とした受け答えに戸惑ってしまう心。そんな彼が持ち込んだ漫画は、「人間の可能性をコントロールする概念兵器」をテーマにしたもので、とても重苦しい内容だった。独特な内容の漫画だった事から、心は一時的に原稿を預かることにした。

編集部内では、中田の漫画について話題になっていた。和田編集長をはじめとする部内の面々が口にしたのは「絵が酷い」「怖い」などネガティブなものだったが、菊池は「絵は下手だが構図や見せ方がうまい」と擁護する。それでも「この絵では雑誌に載せられない」と言う和田編集長に、心は「他の漫画家のアシスタントにつけてはどうか」と提案する。そこに割って入ってきた安井の意見は、「そんなもの時間の無駄だ」「今時の絵が描ける漫画家をガンガン使えば雑誌も売れる。本人にも金が入る。それでいいのだ」というドライなものだった。

ある日の編集部では、心と東江が打ち合わせを行っていた。編集者として様々な指摘を行っていく心だったが、初めての他人からの否定的な意見に東江はショックを受けていた。そのショックを引きずる東江に「三蔵山のもとにアシスタントに行かないか」と提案する心。後日、東江は中田と共に三蔵山の現場でアシスタントを体験することになった。実際の漫画家の現場で学びながら、なんとかアシスタントの仕事を終えた2人。その後、東江のもとに『バイブス』編集部から、コミカライズでの漫画家デビューの話がきていた。しかし何度も原稿を指摘され「自分はいつまで直しを続ければ良いのか」と、東江は心に対しての信頼感が薄れてしまっていた。

先日の「出張編集部」の時に再会した同期の社員と共に、多くの編集者やライター達との飲み会に出席した心。そこで話題になったのは「ツブシの安井」の話だった。使い勝手の良い新人ばかりに仕事を振って、使えなくなったら捨てる。安井の担当になった漫画家は、最初は良かったけど、後になって利用されていたのだと気付くという。会社員としては出来る人だが、誰からも慕われない嫌われ者だという話だった。

そんな安井が目をつけたのは、心の担当であった東江だった。安井の説得に「新人の心につくより、ベテランの安井についた方が早くデビュー出来るのでは」と考えてしまう東江。「選ぶのは君だ」という安井の言葉に、東江は大学を休学して漫画家の道を進むことを決めた。そして後日、東江は心に「担当を変えたい」という連絡をする。東江が自分の担当から離れてしまった事にショックを受けた心だったが、これからも彼女を応援し続けようと決めるのだった。

一方、『バイブス賞』に応募した中田の漫画の編集部内での評価は真っ二つで、審査は難航していた。しかし、和田編集長の「見たことないモノが載っているのが、雑誌の面白さだ」という言葉に中田の漫画を載せることを決めた編集部。『バイブス賞』の新人である、中田の漫画に対する世間の評価は「絵は下手だが面白い」という良いものだった。自分の漫画が載った雑誌を手にした中田はプロの道の厳しさを実感し、改めて漫画の描き方を学ぶ為、三蔵山のアシスタントになることを申し出る。

『重版出来!』の登場人物・キャラクター

興都館『バイブス』編集部

黒沢心(くろさわ こころ)(演:黒木華)

興都館・コミック誌『バイブス』編集部・新人編集者。女子柔道でオリンピックを目指すもケガの為、断念する。しかし、柔道家を目指すきっかけとなった漫画『柔道部物語』を思い出し、自分もワクワクする漫画を作ってみたいと編集者を目指す。小柄な体格だが屈強な腕っぷしは健在で、入社試験の際は社長を変質者と間違え投げ飛ばしてしまう。みんなからは『小熊』の愛称で呼ばれることもある。実直な性格で担当する漫画家には親身に対応、優しさと強さを兼ね備えた新人担当者。

五百旗頭敬(いおきべ けい)(演:オダギリジョー)

riku9191
riku9191
@riku9191

Related Articles関連記事

アンナチュラル(Unnatural)のネタバレ解説・考察まとめ

アンナチュラル(Unnatural)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンナチュラル(Unnatural)』は女優の石原さとみ主演の、野木亜紀子の脚本によるオリジナルドラマである。主人公の三澄ミコトはUDIラボで働く法医解剖医。UDIラボメンバーの中堂、東海林、六郎たちと一緒に、日本全国から送られてくる不自然死した遺体を解剖する仕事をしている。1話ごとに事件解決する法医学ミステリーで、ドラマのキャッチコピーは「不自然な死は許さない」。スピード感や爽快感のある明るくスリリングな物語で、UDIラボメンバーの人間ドラマをメインに「死」の謎や事件を解明していく。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

水曜どうでしょう(水どう)のネタバレ解説・考察まとめ

水曜どうでしょう(水どう)のネタバレ解説・考察まとめ

『水曜どうでしょう(水どう)』とは、1996年より北海道テレビで放送されたテレビ番組。 大泉洋、鈴井貴之、藤村忠寿、嬉野雅道の4人が、企画に挑戦するバラエティ番組である。 バラエティ番組でありながら、主に移動中の車内の様子を放送するといった独特な手法により人気番組となった。 家庭用ビデオカメラを用いるなど、低予算番組ならではの撮影方法が取られている。

Read Article

孤独のグルメ(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

孤独のグルメ(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

『孤独のグルメ』とは、原作・久住昌之、作画・谷口ジローによる漫画(扶桑社刊)、およびそれを原案としたテレビドラマ作品である。自営業の中年男性、“井之頭五郎(いのがしら ごろう)”が営業中に立ち寄った飲食店でただひたすら淡々と食事し続けるだけで、予測不能な展開やドラマティックな展開も皆無という内容でありながら、『飯テロ』『夜食テロ』という流行語を生み出し、一躍テレ東の看板作品の一つになった人気作品。

Read Article

湯を沸かすほどの熱い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

湯を沸かすほどの熱い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『湯を沸かすほどの熱い愛』とは、2016年に公開された日本映画。「幸の湯」という銭湯を営む幸野家。しかし1年前に父が家を出て行ってしまい銭湯は休業状態。母の双葉はパートをしながら懸命に娘を育てていたが、ある日余命宣告を受ける。双葉はその日から、「絶対にやっておくべきこと」を決め実行して行くが、それは家族の秘密を取り払うことでもあった。関わるすべての人の心を突き動かす強さと優しさを持つ主人公・双葉を宮沢りえが演じ、失踪した夫・一浩をオダギリジョーが演じる。第40回日本アカデミー賞受賞作品である。

Read Article

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!~人生に捧げるコント~とは、NHKが制作しているコントを中心としたバラエティ番組。『人生』をテーマにしており、ウッチャンナンチャンの内村光良が中心となっている。内村にとってはNHKでの初のレギュラー番組。一度見たら忘れられない個性的すぎるキャラクターたちや、多分野に渡る豪華ゲストが特徴。

Read Article

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『50回目のファースト・キス(映画)』とは、本国アメリカのみならず世界中で大ヒットとなったロマンチック・ラブコメディである。記憶障害という難病をテーマに切なく涙かせるシーンもありながら、集結したコメディ俳優たちがハワイを舞台にナンセンスながらクセのあるギャグで始終笑わせてくれる。 二人が揃ってメディアに登場すると今だに大きな話題となるアダム・サンドラー×ドリュー・バリモアの最強コンビの抜群の信頼関係が、最高の映画製作に影響を与えヒット作へと導いている、今もなお根強いファンが多い傑作である。

Read Article

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

DESTINY 鎌倉ものがたり(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

DESTINY 鎌倉ものがたり(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『DESTINY 鎌倉ものがたり』とは、2017年に公開された映画で、西岸良平の人気コミック『鎌倉ものがたり』を実写映画化したファンタジー作品である。監督は、日本アカデミー賞最優秀賞を受賞した山崎貴。主演に堺雅人と高畑充希を迎え、ほかにも大物俳優が勢揃いしている。ストーリーは魔物や幽霊が一緒に生活するという鎌倉が舞台。夫婦の周りでは奇妙な出来事が起こり、自分たちの謎が解き明かされていく作品だ。夫婦の絆を感じることができる温かい映画作品である。

Read Article

残穢-住んではいけない部屋-(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

残穢-住んではいけない部屋-(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『残穢-住んではいけない部屋-』とは、小野不由美のホラー小説『残穢』を原作とした、中村義洋監督による映画作品。竹内結子が主人公であるホラー小説作家の私(小松由美子)を演じ、橋本愛がストーリーのきっかけとなる女子大生の久保亜紗美を演じる。ある日、私の元に久保亜紗美から、「今住んでいる部屋で、奇妙な音がする」という内容の手紙が届く。そのマンションを調べていく内に、過去の住人が引き起こした数々の事件について暴かれていく。暗闇の底から這い出てくるような不気味な世界観が特徴。

Read Article

引っ越し大名!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

引っ越し大名!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『引っ越し大名!』とは、土橋章宏原作小説の『引っ越し大名三千里』をもとにした、2019年に公開された時代劇映画である。監督は犬童一心。姫路藩の書庫番・片桐春之介は、藩の国替えに伴い「引っ越し奉行」に任命されてしまう。しかし春之介には国替えの経験が全く、幼馴染の鷹村源右衛門や前引っ越し奉行の娘・於蘭の力を借りて引っ越しの成功へ向けて奔走する。この作品は、引っ込み思案な春之介が国替えという一大事に直面し、成長していく姿がコメディ調に描かれている。

Read Article

NEW
新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『新選組!』とは2004年1月から12月まで放送されたNHKの大河ドラマである。幕末を舞台に若者たちが命を懸けて己を貫く姿を中心に、青春群像劇として高い評価を得た。多摩の百姓であった近藤勇が真の侍になるため京に上り、仲間たちと新選組を結成し誠の忠義を貫くために戦い、生きていく姿が描かれている。香取慎吾をはじめ若手俳優たちが生き生きと演じたこと、また人気脚本家三谷幸喜の脚本も見どころの一つとされている。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

宇宙兄弟(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

宇宙兄弟(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙兄弟』とは2007年に講談社『モーニング』にて連載がスタートした、小山宙哉による漫画及び、原作を基にしたアニメ作品。大人気を博し、のちにアニメ及び実写で映画化されている。「兄弟二人で宇宙飛行士になる」という幼いころの約束。弟は夢をかなえて宇宙飛行士になっていた。いつしか夢をあきらめて別の道に進んだ兄六太(ムッタ)のもとへ、もう一度宇宙へのチャンスがやってくる。宇宙飛行士になるまでの過程や施設、訓練、ミッションの様子など、宇宙の魅力がふんだんに詰め込まれた作品である。

Read Article

花束みたいな恋をした(はな恋)のネタバレ解説・考察まとめ

花束みたいな恋をした(はな恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『花束みたいな恋をした』とは、2021年公開の日本のラブストーリー映画。主演は菅田将暉と有村架純。『東京ラブストーリー』『Mother』などで知られる坂元裕二によるオリジナル脚本で、終電に乗りそびれた二人が21歳で恋に落ちて、26歳で別れるまでの忘れられない恋愛を描く。坂元裕二はあくまで「普通の恋愛」を描くことを目指しており、等身大の恋愛に共感する視聴者が続出した。

Read Article

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説・考察まとめ

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説・考察まとめ

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

仮面ライダークウガ(空我)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダークウガ(空我)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダークウガ』とは、テレビシリーズ『仮面ライダーBLACK RX』の終了より10年、劇場作『仮面ライダーJ』の公開より6年を経て誕生した、平成仮面ライダーシリーズ第1作。 超古代の戦闘種族グロンギは長き封印から蘇り、人間に対して“殺人ゲーム”を繰り返す。若き冒険家・五代雄介は、超古代の遺跡から発掘されたベルトの意思に導かれ、戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守るために熾烈な戦いにその身を投じてゆく。

Read Article

検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『検察側の罪人』とは、雫井脩介によって書かれた日本の小説が基になっている日本のサスペンス映画である。木村拓哉と嵐のメンバーである二宮和也がダブル主演で魅せるサスペンスストーリー。老夫婦殺人事件と時効を迎えた事件がきっかけとなり自分の正義に固執する最上と事件の真相に対する正義を追い求める沖野の対立が描かれた本作。脇には吉高由里子、大倉孝二、八嶋智人などが固める。映画のキャッチコピーは「一線を超える」。

Read Article

愛の渦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

愛の渦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『愛の渦』(映画)とは劇団「ポツドール」の主宰者であり劇作家として活躍中の三浦大輔が監督を務めた、セックスが題材の成人向け映画作品である。戯曲『愛の渦』は岸田國士戯曲賞受賞。待望の映画化に注目が集まった。舞台はとあるアパートの一室。そこはセックスを目的に集まった男女が乱交パーティーを行う裏風俗だ。集まったのはニートや女子大生、保育士にサラリーマンと見ず知らずの男女10名。肉欲に溺れる男女と交錯する人間模様を浮き上がらせた、セックスがテーマの映画となっている。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

ごめんね青春!(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ごめんね青春!(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ごめんね青春!』とは2014年10月から放送されたTBS系列のドラマであり、宮藤官九郎が脚本し主演は錦戸亮が務めた。 静岡県三島市の高校が舞台で、仏教系男子校とキリスト系女子校の合併に伴う恋愛模様などを描いたドラマ。 主演の錦戸亮は仏教系男子校の先生役であり合併には賛成派。しかし周囲は反対派が多く、合併に向けて奮闘していくストーリー。合併に向けて奮闘していく中、生徒や先生間の恋愛・家族との問題について「ごめんね」と謝り向き合っていく。

Read Article

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)のネタバレ解説・考察まとめ

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『心が叫びたがってるんだ。』とは、2015年公開のアニメ映画。社会的ヒット作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のスタッフにより作成され、様々なメディアに展開していった青春群青劇。幼い頃のトラウマでしゃべれなくなった高校生・順。地域交流会でミュージカルを披露することとなり、「歌なら言いたいことが言えるかも」とやる気になった彼女は、仲間たちとの様々な交流の中で成長していく。青春の爽快感と切なさが詰まった物語と、ミュージカルとして生まれ変わる懐かしいメロディーの数々を楽しめる映画作品である。

Read Article

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)の徹底解説・考察まとめ

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)の徹底解説・考察まとめ

『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』とは2019年に公開された、詐欺師をテーマにした映画作品。東京ドラマアウォードなどの賞を受賞した、総合視聴率15.1%の人気テレビドラマを映画化した1作目。大ヒットした痛快エンターテインメント映画で、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)が、悪い奴から詐欺で大金を巻き上げるストーリー。今回のおさかな(ターゲット)はラン・リウ。恋愛詐欺師のジェシーと日本のゴットファザーの赤星も加わり、香港を舞台にコンゲームを繰り広げる。

Read Article

宇宙兄弟の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

宇宙兄弟の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『宇宙兄弟』とは小山宙哉によって執筆された、夢を諦めた兄が宇宙飛行士の弟と「兄弟で月に立つ」という夢をもう一度実現するべく宇宙飛行士目指して奮闘する、宇宙を題材にした漫画作品である。夢を叶えた弟に劣等感を抱く兄六太(ムッタ)や、ともに宇宙を目指す仲間達、弟の日々人(ヒビト)などが発した名言・名セリフの数々は「もう一度立ち上がろう」という小さなきっかけをくれる原動力を、多くの人々に与えている。『宇宙兄弟』の心にしみる名言・名セリフ、印象深いシーンなどをご紹介する。

Read Article

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『極主夫道』(ごくしゅふどう)とは、おおのこうすけによる日本の漫画。実写ドラマ化とアニメ化もされている。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。強面のヤクザが全力で主夫業に邁進するギャップ、および高い画力とシュールな展開が特徴。大筋は主人公の龍がその強面から繰り出す熟練の家事スキルギャップが軸になるが、登場人物たち半数近くがその筋の関係者で彼らも彼らでどこかしらズレており、そのズレの連鎖から笑いの渦を生んでくるパターンも多い。

Read Article

俺物語!!(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

俺物語!!(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

原作・河原和音、作画・アルコによる少女漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画。2011年に『別冊マーガレットsister』に掲載された第1話が好評につき連載へ移行。その後『別冊マーガレット』にて2016年まで連載された。誰もが目を引く巨漢、剛田猛男とお菓子作りが大好きな女子高生大和凛子。痴漢から助けた出会いをきっかけに付き合い始めた二人の不器用ながら微笑ましい恋模様がコミカルに描かれる。

Read Article

コウノドリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

コウノドリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『コウノドリ』とは、2012年より鈴ノ木ユウが「モーニング」(講談社)で連載を開始した産科医療漫画である。産婦人科医でありながら、正体を明かしていないピアニストでもある、主人公鴻鳥サクラ。サクラが勤務する聖ペルソナ総合医療センターで、妊婦とその家族を中心に物語が繰り広げられる。7年間の掲載を経て、2020年10月23日最終巻が発売され完結している。コミックの累計発行部は800万部を超えている大人気コミックである。

Read Article

南極料理人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

南極料理人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『南極料理人』とは、西村淳の著書『面白南極料理人』『面白南極料理人 笑う食卓』を原作とした、2009年の日本映画である。海上保安庁に勤務する「西村」は、同僚スズキの代理で、南極観測隊として派遣されることになった。そこでは、様々な個性やクセを持った7人の隊員と共同生活を送らなければならない。初めは打ち解けずトラブルもある隊員たちだったが、次第に南極での生活を楽しみ始めることとなる。この映画は人との関わりを考えさせつつも、くすっと笑えるポイントが随所にちりばめられた、ヒューマンコメディ作品である。

Read Article

目次 - Contents