kitarou1@kitarou1

kitarou1
kitarou1
@kitarou1
1 Articles
4 Reviews
0 Contributions
0 Likes
kitarou1

kitarou1のレビュー・評価・感想

トップガン / Top Gun
9

私が見るべきと感じる作品は

私が見るべきと感じる作品はトム・クルーズ主演の『トップガン』シリーズです。この作品は、米国空軍士官学校を舞台にした、恋愛や青春群像劇要素があるの1986年アメリカ公開のアクションドラマ映画です。トム・クルーズの出世作ともいわれていて、「空軍」という組織が注目された作品でもあると思います。私も本編も何度か観ていますし、TVゲームも何度もやっていました。あと、本編中に出てくるトム・クルーズが着ていた「MA1」のフライトジャケットや「GPZ900R」というバイクなども公開当時人気になったようです。
そもそも『トップガン』の意味は、「ある分野・社会のトップクラスの人」「米国空軍士官学校の最優秀の卒業生」という意味だそう。映画主題歌であるケニー・ロギンスの「デンジャー・ゾーン〜TOP GUN THEME」やBGMも、ニュースやドキュメンタリー番組で空軍特集がされると使用されるほどですし、聞こえてくるとこちらもなぜだかわかりませんが、テンションがあがります。2022年5月27日には『トップガン』の続編といわれている『トップガン マーヴェリック』も公開され、観に行きました。『トップガン』を観ているから、より楽しめましたが、『トップガン』を観ていなくても楽しめる内容だと思います。正直人気作にはならないような感じもしましたが、公開前にTV等で宣伝も結構されていたので、追いトップガン現象(2回以上、映画館に観に行くこと)になったり、興行収入も100億円を超えたりなど、人気になっているようです。みなさんもお時間があれば、改めて、『トップガン』から、ご覧になってみては、いかがでしょうか?

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
8

最後まで目が離せない豪華キャストによる本格ミステリー映画

NY郊外の館で大富豪のハーラン・スロービーが誕生日パーティーの翌朝遺体で発見されたことから始まるミステリー。
探偵のブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)は匿名で調査依頼をうけたことがきっかけでこの殺人事件の謎に挑むことになる。
ストーリーは心優しく誠実なハーランの看護師、マルタがハーランに薬と間違えてモルヒネを大量投与してしまったことから始まる。
親友でもあるマルタやマルタの家族を守りたいハーランはマルタが犯人として扱われないように自らの死を偽装する。
徐々に名探偵ブノワによって追いつめられるマルタ。
しかし物語が進むにつれてハーランの死にはマルタ以外の何者かが関わっていることがわかってくる。
このままマルタは捕まってしまうのか?ブノワは真犯人を突き止めることができるのか?
また、ハーランの残された巨額の遺産を巡って家族の思惑が交差しそちらからも目が離せない。
最後の最後まで真相がどうなるかわからずハラハラするだけでなく、最後にはすべての謎が解き明かされすっきりとさわやかな気持ちになる。
またミステリーだけでなく人種差別や移民問題についても考えさせられる作品となっている。
「007」で有名なダニエル・クレイグがアメリカの南部なまりの探偵役であったり、
「キャプテン・アメリカ」として有名なクリス・エヴァンスが禁止用語を連発したりと、配役にも皮肉が効いている。

千年戦争アイギス
8

エッチだけど本格的!?戦略的タワーディフェンス

負けると思わず熱くなってしまう絶妙な難しさです!
『千年戦争アイギス』はDMM GAMESが2013年から配信しているブラウザゲームで、PCとAndroid/iOSどちらでもプレイできます。
タワーディフェンスというジャンルで、敵がゴールポイントまで向かってくるので足止めしたり攻撃して敵を倒します。敵が一定数以上通過したら負け、というゲーム内容です。
DMM GAMESの作品の中でも古株のゲームですが、内容は古びることなく面白さとキャラクターの魅力を更新し続けています。長く続いているだけあって、現在では超人気のイラストレーターの初期のイラストや最新の超美麗イラストまでの軌跡を見ることもできます(「桐生ココ」デザインのyaman**先生、巨乳好きにはたまらないBelko先生など)。
また、R18版では「寝室」という機能で、好きなキャラクターのエッチなイラストとシナリオを見ることができます(一般版でも代替に非エロなテキストがあります)。

「熱い戦闘に燃え上がり、フッと一息ついたらエッチなイラストを見たい…」、そんなあなたのご希望を『千年戦争アイギス』は叶えてくれます。是非プレイしてみてください。

MUCC
8

現在も進化を遂げるバンド

MUCCは茨城県の同級生同士で結成されたヴィジュアル系バンドです。
元々はよくある濃いメイクや黒一色の衣装、曲調も暗くいわゆるヴィジュアル系バンドでした。
もちろんインディーズの頃から曲調や歌詞がとても共感を呼び響くものが多かったです。

一時期、方向性がロックバンドやデジタル音楽系のものになっていき、ファンが混乱した時期もありました。
それでもやはり、元々MUCCが持っている、人々の心の奥にある感情を揺さぶる歌詞や楽曲が評価されたのか、以前はライブチケットの争奪戦などはなく当日券でも気軽に行けましたが、どんどん人気が出て、東京周辺はもちろん地方でもチケットが取りにくくなりました。

海外公演も積極的に行っており、ヨーロッパなどのライブ映像を見ると日本のファンを凌駕するほど熱狂的なファンが多いことが分かります。
MUCCの公式SNSやYouTubeのライブ配信などでは、英語のみならず、見たことのない言語のコメントが日本語のコメントと同じ数ほど並ぶのも日常です。

このように、日本のみならずワールドワイドに全世界に影響を与えているMUCCの音楽。
落ち込んだり少し疲れたり恋愛の曲ばかりのヒットチャートに飽きた時に、ぜひオススメです。