安藤正臣

安藤正臣

安藤正臣(あんどうまさおみ)とは、アニメーション監督、演出家。アニメ監督のワタナベシンイチに憧れてアニメ業界を目指した。監督作品には『WHITE ALBUM2』『がっこうぐらし!』『クズの本懐』などがある。

安藤正臣の関連記事

彼方のアストラ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

彼方のアストラ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『彼方のアストラ』とは、篠原健太が『少年ジャンプ+』で2016年5月から2017年12月まで連載していた漫画、及びをそれを原作としたTVアニメ作品。 舞台は宇宙への往来が当たり前になった近未来。宇宙空間で何者かに狙われ遭難した、9人の少年少女のサバイバルを描く。宇宙船という閉鎖空間で、彼らを襲った犯人が仲間の中にいるというサスペンスと、仲間達との友情と恋愛を描く学園ドラマのような要素、そしてギャグが融合した作品となっている。

Read Article

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

SHY(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

SHY(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『SHY』(シャイ)とは、ヒーローたちの活躍と葛藤を描いた、実樹ぶきみによる漫画作品。実樹が「3誌合同新人まんが賞NEXT CHAMPION」に応募した同名の読み切り作品にしてデビュー作を連載用に再構成したもので、2023年にはアニメ化された。 ヒーローたちの活躍によって全ての戦争が無くなった世界。日本のヒーロー「SHY」として活動している中学生の紅葉山テルは、ある時スティグマを名乗る謎の少年と遭遇。スティグマが人の心を操る力を持つことを知ったテルは、仲間のヒーローたちと共に彼に立ち向かう。

Read Article

彼方のアストラの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

彼方のアストラの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

『彼方のアストラ』とは、日本の漫画家・篠原健太によるSFミステリー漫画。集英社のウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』で2016年5月から2017年12月にかけて連載していた。2019年にTVアニメ化している。単行本は全5巻。 主人公のカナタ・ホシジマ達は9人は宇宙船に閉じ込められてしまう。その中に自分達の命を狙う刺客がいることが判明し、犯人を見つけ、無事に故郷へ帰るために奮闘する。作中では多くの謎が散りばめられており、最終回までにその謎や伏線が鮮やかに回収されていると読者の評価が高い。

Read Article

彼方のアストラの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

彼方のアストラの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『彼方のアストラ』とは、篠原健太による漫画作品。 学校行事で惑星マクパへと向かったケアード高校B5班の生徒達だったが、突如現れた謎の球体に吸い込まれ、気が付くとそこは宇宙空間だった。偶然近くにあった宇宙船へと逃げ込んだB5班の9人は、現在地がマクパから5千光年の彼方である事実を知る。 宇宙で遭難した生徒達が力を合わせて5千光年を旅するサバイバルを描く漫画である。長い旅の中で数多くの名言も生まれている。

Read Article

マンガ大賞2019にノミネートされた作品の魅力に迫る!【彼方のアストラ、ブルーピリオド他】

マンガ大賞2019にノミネートされた作品の魅力に迫る!【彼方のアストラ、ブルーピリオド他】

「マンガ大賞」とは書店員を中心とした有志による選考委員が、誰かに薦めたいと思う“今一番フレッシュなマンガ”を投票で決める大賞だ。2008年から始まったこの大賞。第12回となるマンガ大賞2019は、見事大賞を受賞した『彼方のアストラ』をはじめ、2021年10月からアニメ化される『ブルーピリオド』など、素晴らしい作品がノミネートされた。

Read Article

子タグ