【公式が病気ww】パンドラハーツのDVD特典映像がヒドすぎる件

ダークな本編とは裏腹にギャグ調が強いパンドラハーツのDVD特典映像まとめです。オズの腹黒加減に拍車がかかり、アリスの男前に磨きがかかり、ギルバートいじりはひどくなる一方…。さらに作中で「英雄」と謳われるジャックのキャラ崩壊と、まさかのショートストーリーに笑いが止まりません。

目次は「恐怖!!シャロンお嬢様が支配する挨拶会場」&「9度目の奇跡!?」&「次回予告」。

冒頭はシャロンの優雅なご挨拶から始まります。香りの良い紅茶でティータイム…。
のはずが、中盤より恐ろしい事態が発生した模様です(悲惨)

「9度目の奇跡!?」は原作のおまけ漫画でも描かれたエピソード。
タバコに取り憑かれたギルバートをSっ気たっぷりでイジり始めるオズとブレイクがヒドいです(笑)

Pandora Hearts おまけ6

YouTubeからです!!もう出てたらすみません

おまけ7「聖騎士物語 紙芝居版」

目次は「エリオットとリーオのご挨拶」&「聖騎士物語 紙芝居版」&「次回予告」

おそらく偽情報を含んだ聖騎士物語 紙芝居版がリーオによって語られますが、途中から妙にドロドロした昼ドラ展開になります。
しかもどこかで見た様なストーリー…。
何だか、某英雄さんの過去にそっくりです。

Pandora Hearts おまけ07

ようつべからです。 エリオットかわいい…!!

おまけ8「チェシャの部屋」

目次は「ヴィンセントと撮影隊エコーのご挨拶」&「チェシャ猫の部屋」&「次回予告」。
完全に「徹○の部屋」のオマージュですねww

チェシャ猫の言う「帽子屋、自分より弱い男、紅茶女、英雄、性格悪い男No.1」とは?
そして無防備に愚痴を吐いていたチェシャ猫に、性格悪い男No.1が襲いかかる…!!

Pandora Hearts おまけ08

またもやようつべからです。 かぶってたらごめんなさい…!! おまけ09うpしました!⇒sm10281539

おまけ9「くつろぎの空間あびす」

目次は「ジャックのご挨拶」&「くつろぎの空間あびす」。
白アリスキャラ崩壊にご注意下さい。

オズに勝るとも劣らないホストっぷりを披露するみかん英雄。さすがベザリウス家の人間ですね(笑)
そして主要キャラはアヴィスの意思が住まう場所に集められます。
一体、何が始まるというのでしょうか…。

パンドラハーツ おまけ9

最初のジャックさんに不覚にも吹きました。ギル可愛いよギル!鳥海さんってとこがまたいいよね!

関連サイト

www.square-enix.co.jp

www.tbs.co.jp

god_stylek3
god_stylek3
@god_stylek3

Related Articles関連記事

PandoraHearts(パンドラハーツ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

PandoraHearts(パンドラハーツ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『PandoraHearts(パンドラハーツ)』は、『月刊Gファンタジー』にて連載された望月淳による漫画作品である。『不思議の国のアリス』などの童話をモチーフにしつつも、残酷な描写が随所にみられるダークファンタジーとなっている。成人の儀で闇の監獄へ落とされた後に10年後の世界に生還を果たした少年、オズ・ベザリウスを主人公に、自らの存在の意味を問う彼がその真実を見つけ、世界の危機を救うまでを描く。物語全体にわたる伏線が読む人を魅了し、単行本累計発行部数500万部を超えた人気作である。

Read Article

ヴァニタスの手記(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ヴァニタスの手記(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴァニタスの手記』とは、2016年より望月淳が『ガンガンJOKER』で連載しているスチームパンクバトル漫画、および漫画を原作としたアニメ作品である。19世紀のパリを舞台に、吸血鬼に呪いをかける「ヴァニタスの手記」を持つ青年・ヴァニタスと、田舎から来た吸血鬼・ノエのコンビの活躍を描いている作品である。2022年には舞台化がされている。キャラクターはもちろんのこと、パリの美しい背景やスチームパンク描写など美麗な絵柄が大きな魅力となっている作品である。

Read Article

大どんでん返しのダークファンタジー漫画 【PandoraHearts(パンドラハーツ)】

大どんでん返しのダークファンタジー漫画 【PandoraHearts(パンドラハーツ)】

不思議の国のアリスをモチーフに作られた本作品はダークファンタジー好きやストーリー重視の方におすすめしたい漫画のひとつ。謎に満ちた主人公達の過去と歪められた歴史の真実が明かされる時、物語の伏線が絶妙に作用するよう描かれている。読めば確実に筆者の仕掛けた罠に嵌る事間違いなし。

Read Article

目次 - Contents