しろくまカフェ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『しろくまカフェ』とは、2006年に第22回コミックオーディション銀の花賞を受賞した、ヒガアロハのデビュー作。漫画は「月刊flowers」(小学館)にて連載中。アニメは2012年4月5日から2013年3月28日までテレビアニメが放送されていた。カフェを営むしろくまと常連客のパンダや動物たち、それを取り巻く人々が繰り広げるほのぼの系ギャグ漫画。動物たちはごく自然に人間社会に溶け込み、種族間の隔たりなく会話をしている。

常勤パンダさん

CV:小西克幸
ふれあい動物園で働く週7日「パンダ」として働く。基本的に法事や子供の授業参観などでしか休まない。趣味はプラモデルで中国に実家がある。勤務中によく内職をしては半田さんに注意をされる。言動は家庭を背負って人生に疲れている中年男性そのままであり、パンダ好きのリンリンに「同じパンダなのになんでパンダくんばかり…」とぼやく。物語後半でシンガポールの動物園に転勤した。

ラマさん

CV:小野大輔
しろくまカフェの常連客。ふれあい動物園のラマ館で働く。草を食べることが特技であり、好物。竹を食べるとお腹痛くなる。礼儀正しくマイペースな性格で、悩みは動物園であまり注目されず、声をかけないと知り合いですら素通りされそうになること。アルパカとよく間違えられる。スマホを舌で操作して使う。ペンギンさんから恋愛相談を持ち掛けられることも。趣味は盆栽で食べることで形を整えている。ペン子達を見分けることができる。

リンリン

CV:川島得愛
本名は林厘太郎(はやしりんたろう)。花屋を営んでいる。イケメンで女性からモテる。パンダ君のことが大好きでいつもご機嫌を取ろうと奮闘しているが、パンダ本人からは苦手とされている。中身が中年男性な常勤パンダは可愛いと感じないために関心がない。

ペン子さん

CV:矢作紗友里
アニメオリジナルキャラクター。パン屋で働いているペンギンさんが憧れているペンギン。1羽だと思っていたペン子は7羽おり、シフトを組んで働いていた。名前は、ペン子、ペン美、ペン奈、ペン花、ペンニュエル、ペン乃、ペンジョリーナ。

ナマケモノさん

CV: 谷山紀章
第1話で笹子さんにしろくまカフェに連れてきてもらって以来、しろくまカフェの庭に住まわせてもらっている。言動が非常にゆっくりしている(お花見の回では、昼に買い出しに行って夜に戻ってきた)。一日中気にぶら下がっていると手がパンパンになるらしい。誰かに弟子入りしたいというパンダくんがナマケモノさんに弟子入りしたが、ずっと木の上で過ごしているのでパンダくんに「ナマケのプロ」と評されるほど。

アナグマさん

CV:宮田幸季
穴(ホール)を掘る特性を生かして第1話では「ホール係」に応募するものの、不合格。

マンドリル

CV:伊藤陽佑
動物園でアルバイトをしている。見た目に迫力がある。「しろくまカフェ」のアルバイトの面接に来たが、「食べることが特技」と答えたため不合格。第13話の七夕の願いには「食べ過ぎ禁止」という願い事を書いていた。

ゾウガメさん

CV: 近藤孝行
言動がゆっくりしている。「しろくまカフェ」のアルバイトの面接に来たが、動作が遅すぎるため落とされる。趣味がカメラであり、趣味が同じペン子とは友達。動物園に勤めている。

Lily-yarn
Lily-yarn
@Lily-yarn

目次 - Contents