孤独のグルメ / Kodoku no Gourmet

孤独のグルメ / Kodoku no Gourmet

『孤独のグルメ』とは、日本の漫画作品である。原作は久住昌之、作画は谷口ジロー。1994年に『月刊PANJA』にて、1994年から1996年にかけて連載された。その後、2008年に『SPA!』で読み切り作品として復活し、その後は2015年まで新作が掲載された。単行本も発売されており、全2巻となっている。
本作品はグルメ漫画だが、大きな特徴は、ストーリーに展開が少ないという点である。主人公の井之頭五郎(いのがしらごろう)が一人で食事を楽しんでいるシーンが中心であるため、他の人物との会話は少ない。本作品は海外でも翻訳版が発売されており、イタリアやフランス、韓国などさまざまな国の人々に親しまれた。
2012年には松重豊を主演としてテレビ東京系でテレビドラマ化。シリーズ化されるほどの人気作となり、スペシャルドラマも放映されている。また、2015年には台湾でも映像化され、ウェブドラマとしてシリーズ化されている。

孤独のグルメ / Kodoku no Gourmetの関連記事

孤独のグルメ(テレビ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

孤独のグルメ(テレビ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『孤独のグルメ』とは、原作・久住昌之、作画・谷口ジローによる漫画(扶桑社刊)、およびそれを原案としたテレビドラマ作品である。自営業の中年男性、“井之頭五郎(いのがしら ごろう)”が営業中に立ち寄った飲食店でただひたすら淡々と食事し続けるだけで、予測不能な展開やドラマティックな展開も皆無という内容でありながら、『飯テロ』『夜食テロ』という流行語を生み出し、一躍テレ東の看板作品の一つになった人気作品。

Read Article

ドラマ「孤独のグルメ」の聖地巡礼(都内の地下鉄編・後編)

ドラマ「孤独のグルメ」の聖地巡礼(都内の地下鉄編・後編)

急遽、前後編に分かれてお送りする事になりました。「孤独のグルメ」の聖地巡礼(都内の地下鉄編)。東京都内の地下鉄でアクセスできる所だけでもたくさんのお店が「孤独のグルメ」に登場しています。後編でもドラマに登場したお店をご紹介致しますので、是非チェックして実際に食べに行ってみて下さい☆

Read Article

『孤独のグルメ』season1~6に登場した“全料理と全店舗”をまとめて紹介!

『孤独のグルメ』season1~6に登場した“全料理と全店舗”をまとめて紹介!

人気ドラマ『孤独のグルメ』のseason1からseason6に登場した全ての店と料理を紹介する。このドラマは、個人で輸入雑貨商を営む井之頭五郎が、仕事の合間に大食漢ぶりを発揮して様々な店で食事を楽しむ様を描いたもので、シンプルな内容ながら人気が高い。「あの回の店がどうしても思い出せない」という方はぜひこの記事で確認していってほしい。

Read Article

『孤独のグルメスペシャル!真夏の東北・宮城出張編』の聖地巡礼&実食レポ

『孤独のグルメスペシャル!真夏の東北・宮城出張編』の聖地巡礼&実食レポ

2016年8月3日に放送された『孤独のグルメスペシャル!真夏の東北・宮城出張編』。 『孤独のグルメ』非公式Twitterアカウントである@kodoku_jouhouの放送中の実況や、実際に現地に行って実食した様子のツイートをまとめている。また、特にドラマ内に登場した3軒のお店について詳細に記載している。

Read Article

「孤独のグルメseason5」2016年元旦北海道・旭川出張SP!ストーリーと登場した店舗を紹介!

「孤独のグルメseason5」2016年元旦北海道・旭川出張SP!ストーリーと登場した店舗を紹介!

輸入雑貨商を営む井之頭五郎が、食欲の赴くまま様々な店で食事を楽しむ様を描いた人気ドラマ『孤独のグルメ』。2015年10月から放送されていたseason5も、2016年元旦の北海道・旭川出張SPを最終回として完結することとなった。ここでは、その北海道・旭川SPで井之頭が足を運んだ店を紹介する。

Read Article

攻め過ぎと話題!年末年始に放送されたテレビ東京のドラマまとめ【孤独のグルメSPなど】

攻め過ぎと話題!年末年始に放送されたテレビ東京のドラマまとめ【孤独のグルメSPなど】

放送日や内容からネットで攻め過ぎと話題になった、2017年の年末年始に放送されたテレビ東京のドラマをまとめました。大晦日に放送された「孤独のグルメ」スペシャルをはじめ、ロバート秋山が1人10役を演じた推理ドラマ「黒い十人の秋山」、豪華名優が共演した「三匹のおっさんスペシャル」など、各作品の内容や出演者のコメントを紹介しています。

Read Article

孤独のグルメ / Kodoku no Gourmetのレビュー・評価・感想

New Review
孤独のグルメ / Kodoku no Gourmet
9

小説のような読み心地のハードボイルドグルメ漫画

言わずと知れたドラマ版「孤独のグルメ」はずっと見続けてきましたが、読んだことがなかった原作漫画が気になり、読んでみました。
主演の松重豊さんのキャラクターのせいか、親しみやすさを感じていたドラマ版に対し、漫画はハードボイルドな雰囲気を感じました。
ただご飯を食べることが中心なのに、硬派な語り口が面白かったです。
頭の中で実況している、1人でご飯を食べる主人公や、街の様子を読むスタイルの漫画は珍しいと思いました。

ドラマにはなかったはずの、温められるシウマイ弁当を新幹線の車内で食べ、周囲に匂いを充満させ失敗したエピソードのほか、選んで失敗した物の話もあり新鮮でした。
「そんなこと考えながら買い物するな」と共感できる、コンビニで夜食を購入するだけの描写も良かったです。
飲食店で豚肉炒めととん汁を注文し豚がだぶったり、コンビニでおでんのうずらと卵焼きを購入して卵が重なったり、あるあるの小さな失敗も面白みがありました。
ドラマ版で聞いたことがなかったはずの、よりリアリティがある「このきゅうりうまくないな」のセリフに親近感を覚えました。
井之頭五郎らしい名言「ああ、なんてことだ、食べ始めているのに、さらに腹がへっていくかのようだ」が出てきたときは嬉しかったです。

甲子園の予選に出場する甥っ子を叫んで応援していました。「苦手だ」と思いながら自然派のお店に入り、食べてみたら美味しくて追加注文しました。井之頭五郎のこれらの断片的な情報やちょっとした機微に心惹かれました。
小説のような読み心地の魅力的な漫画を、ぜひ読んでもらいたいです。

孤独のグルメ / Kodoku no Gourmet
8

ドラマでおなじみの名作

「孤独のグルメ」は、独特なコンセプトと緻密な描写で人気を博している漫画です。主人公・井之頭五郎の食べ歩きの日常を通じて、食べ物の魅力と孤独さを描き出しています。
この漫画の魅力の一つは、主人公の五郎のキャラクターです。五郎は食べることが大好きなフリーの輸入商であり、普段は地味で物静かな性格ですが、食べ物に関する情熱と探究心は人一倍強いです。彼の独自の食べ歩きスタイルや食へのこだわりは、読者にとっても興味深い要素となっています。
作中では、五郎が様々な店舗や食事をする様子が詳細に描かれます。彼が食べる料理の一つ一つには、その背景や調理法、食材の鮮度など、細部にまでこだわりが感じられます。また、五郎が食事を楽しむ様子や、食べ物が与える感情的な満足感もリアルに描かれており、読者はその臨場感に引き込まれます。
漫画のテーマである孤独さも、作品の魅力の一つです。五郎はいつも一人で食事をしており、食べることを通じて孤独を感じながらも、その中で食べ物との対話や新たな発見を楽しんでいます。このような独特の視点から描かれる孤独さは、読者の心に共感を呼び起こし、考えさせられる要素となっています。
「孤独のグルメ」は、食べ物という身近なテーマを通じて、五郎の個性や食文化を描き出しています。作品全体を通して、読者は五郎とともに食べ物の世界を巡り、新たな料理や店舗に出会う喜びを共有することができます。そのため、食べ物やグルメに興味のある方にとって、この漫画は一読の価値があるでしょう。

親タグ

子タグ

兄弟タグ