【アダムス・ファミリー】リメイク・リブートされることが決定した映画まとめ【バタフライ・エフェクト】

過去に制作された映画の中には、年月が経っても長らく愛されているものがあります。そういった作品は、リメイクされたりリブートされたりすることが多いですよね。この記事では、実際にリメイク・リブートが決定した映画作品についてまとめました。ホラーやサスペンスが中心です。怖いのやグロいのが苦手な方は閲覧にご注意を。

■ペット・セメタリー

1989年のホラー映画「ペット・セメタリー」のリメイク版の監督に、「28週後...」のファン・カルロス・フレスナディージョが起用

出典: eiga.com

脚本は、同じくキングの原作を脚色した「1408号室」のマット・グリーンバーグが手がける。

出典: eiga.com

■ザ・クロウ

94年のブランドン・リーの遺作『クロウ/飛翔伝説』のリブート版

出典: blog.livedoor.jp

結婚前日に悪党ギャングたちに自分と恋人を殺められたゴス・ロッカーが、カラスの神秘的な力を借りて復活、復讐を果たすというストーリー

出典: blog.livedoor.jp

暗黒のヒーローがルーク・エヴァンズに正式決定

出典: cia-film.blogspot.jp

■アダムス・ファミリー

出典: skymovies.sky.com

アニメーションの監督としても才能を発揮するティム・バートンが、なんと映画でもおなじみの米コミック「アダムス・ファミリー」をアニメで制作するかもしれない。

出典: www.cinematoday.jp

3Dストップモーションアニメ化を企画している

出典: eiga.com

■バタフライ・エフェクト

出典: trailers.apple.com

SFサスペンス映画『バタフライ・エフェクト』がリメイクされることになったとVarietyが伝えた。

出典: www.cinematoday.jp

本作は、幼少時代の自分の体に乗り移ることができてしまう主人公のエヴァンが、過去のささいな出来事に手を加えたがゆえに、未来に甚大な影響が及ぶというストーリー。

出典: www.cinematoday.jp

オリジナル版のプロデューサー、A・J・ディックスやアンソニー・ルーレンが、リメイクの製作にも参加する予定。

出典: www.cinematoday.jp

監督、キャストはまだ決まっていない。

出典: www.cinematoday.jp

■ボディーガード

出典: www.kissfmuk.com

ケヴィン・コスナー、ホイットニー・ヒューストン主演の映画『ボディーガード』がリメイクされる。

出典: npn.co.jp

ラブストーリー部分も含め、ストーカーの魔の手から人気歌手(ヒューストン)を守るシークレットサービス(コスナー)を描いたオリジナル版と似たようなストーリー展開になるが、ボディーガードがイラク戦争を経験したベテラン兵士という設定になる

出典: npn.co.jp

出演者についてはまだ一切決定していないが、プロデューサー側は前作でホイットニーが映画出演で一躍大スターになったように、若手女性歌手にチャンスを与えるため、世界中からの候補者を考えているよう

出典: npn.co.jp

sakura-moti
sakura-moti
@sakura-moti

Related Articles関連記事

バタフライ・エフェクト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バタフライ・エフェクト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バタフライ・エフェクト』とは、2004年に公開されたアメリカ映画。 「バタフライ・エフェクト」とはカオス理論の一つで「小さな蝶の羽ばたきが、地球の裏側で台風を起こすこともある」と表現される。 幼い頃の悪戯に運命を狂わされたエヴァンとケイリー。愛するケイリーを救うためエヴァンは何度も過去に戻るが、必ず悲劇的な運命を辿ってしまう。まさに小さな羽ばたきが台風に変わるように。人生を操るという神にも許されない行為をしたエヴァンがたどり着いた最後の人生とは。全米映画史上最も切ないハッピーエンド。

Read Article

ウェンズデー(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウェンズデー(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウェンズデー』とは、2022年11月からNetflixで配信が開始されたTVミステリー・ファンタジードラマである。配信開始早々にNetflixのTV番組ランキングトップ10に入り、たちまち人気となった。『アダムスファミリー』のキャラクターであるウェンズデー・アダムスを主役としたストーリーである。のけ者とされる異能力者が集まったネヴァーモア学園に入学が決まったウェンズデー。孤独を好むウェンズデーが学園の仲間と共に未知の怪物・ハイドの正体に迫る。

Read Article

Oasis(オアシス)の兄弟喧嘩まとめ

Oasis(オアシス)の兄弟喧嘩まとめ

Oasis(オアシス)とは、1991年に結成されたイギリスのロックバンドである。作詞担当のノエル・ギャラガーとボーカリストのリアム・ギャラガーの兄弟を中心にメンバーが集い、2009年解散時には5人組で活動していた。「現代のビートルズ」と評されるほどの人気と実力を兼ね備える一方で、ギャラガー兄弟の壮絶な兄弟喧嘩エピソードの数々も有名である。

Read Article

バタフライ・エフェクト3/最後の選択(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バタフライ・エフェクト3/最後の選択(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バタフライ・エフェクト3/最後の選択』とは2009年に公開されたサスペンス・スリラー映画。 2004年に公開された『バタフライ・エフェクト』3部作シリーズの最終章。 主人公サムにはタイムトリップ能力があり、殺された恋人を救うため過去を変えてしまったことで、連続殺人鬼を生み出してしまう。今度はその連続殺人鬼を止めるために過去に戻る度に、サムの周囲の人々が次々と不幸に巻き込まれることに。そしてサムはついに連続殺人鬼の正体にたどり着く。衝撃の真実を前にサムはある究極の選択をするのだった。

Read Article

バタフライ・エフェクト2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バタフライ・エフェクト2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バタフライ・エフェクト2』とは2006年に公開されたタイムスリップラブストーリー。 2004年に大ヒットした『バタフライ・エフェクト』の続編。 主人公ニックはある事故がきっかけで、愛する恋人ジュリーと友達を亡くしてしまう。ニックは過去に戻れるという特殊な能力を使ってタイムスリップし、仲間を救おうとする。しかし事態は思ってもみない方向に進んでしまう。大事な人達を守るため何度でも過去に戻り、何度でも運命に抗おうとするニック。映画史上最も切ないハッピーエンド第2章の幕が上がる。

Read Article

スティーブ・ジョブズ(2013年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

スティーブ・ジョブズ(2013年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スティーブ・ジョブズ』とは2013年に公開されたアップルの創設者、スティーブ・ジョブズの生涯を描いたアメリカ映画である。ジョブズは大学中退後にコンピューターやカリグラフィに傾倒しながらも、ゲームメーカーに就職した。親友のウォズニアックの趣味であるコンピュータに興味を持ち、はみ出し者の友人たちを集めて1976年に“アップル”を設立する。25歳にして成功を収めたが、周囲との軋轢に苦しむ。その後企業経営を省みないとしてCEOながら解雇されてしまう。独裁的な経営者としての成功と挫折を描いた物語。

Read Article

『アダムス・ファミリー』の原作イラストまとめ!チャールズ・アダムスの1コマ漫画

『アダムス・ファミリー』の原作イラストまとめ!チャールズ・アダムスの1コマ漫画

ここではNetflixのヒットドラマ『ウェンズデー』の原作として知られている、『アダムス・ファミリー』の原作イラストをまとめている。原作はチャールズ・アダムスで、新聞に掲載された1コマ漫画シリーズだった。その後映画やミュージカル、ドラマなどが制作される人気コンテンツとなった。

Read Article

【重力ピエロ】「SPEC」シリーズが好きな人なら絶対ハマる奇想天外なSF映画まとめ【バタフライ・エフェクト】

【重力ピエロ】「SPEC」シリーズが好きな人なら絶対ハマる奇想天外なSF映画まとめ【バタフライ・エフェクト】

SFといえば、「サイエンス・フィクション」、つまり空想科学のこと。これを題材にした日本の作品に『SPEC』シリーズがあり、多くのSFファンを魅了しています。この記事では、そんな『SPEC』ファンの人なら絶対ハマること間違いなしのSF映画についてまとめました。洋画・邦画問わず集めてますので、気になったものから攻めていってみてください!

Read Article

【バタフライ・エフェクト】せつない恋愛映画BEST10!【ジョゼと虎と魚たち など】

【バタフライ・エフェクト】せつない恋愛映画BEST10!【ジョゼと虎と魚たち など】

今日はとことん泣きたい!そんな時に最適な泣ける恋愛映画をまとめました!バタフライ・エフェクトやジョゼと虎と魚たちなど、名作だらけです!最後までご覧ください!「ジョゼと虎と魚たち」は、田辺聖子の短編恋愛小説、及び本作を表題作とする短編集。『月刊カドカワ』1984年6月号に発表、角川書店より1985年3月27日刊行の同名短編集に収録された。

Read Article

目次 - Contents