黒星紅白 / 飯塚武史

黒星紅白 / 飯塚武史

黒星紅白(くろぼしこうはく)とは、神奈川出身の男性イラストレーター。飯塚武史(いいづか たけし)名義でも活動をしている。小説の表紙や挿絵、ゲームのキャラクターデザインなどを数多く手掛けており、アニメーションのキャラクター原案を務めることも多い。『キノの旅』シリーズの小説の表紙やゲーム『サモンナイト』シリーズのキャラクターデザインが有名である。

黒星紅白 / 飯塚武史の関連記事

キノの旅(Kino's Journey)のネタバレ解説・考察まとめ

キノの旅(Kino's Journey)のネタバレ解説・考察まとめ

『キノの旅』とは、時雨沢恵一によるライトノベル、及びそこから派生したアニメ作品。原作のイラストは黒星紅白。 旅人キノと喋るモトラド(二輪車)エルメスが不思議な国々を巡る、ショートストーリーの連作シリーズ。キノとエルメス以外にも、「師匠と相棒」「シズと陸(とティー)」「フォトとソウ」などが主人公になる話もある。 アニメは2003年4月~7月に全13話が放送され、2017年3月12日には再アニメ化が告知された。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』とは、時雨沢恵一によるライトノベル、およびそれを原作とした漫画・アニメ作品。川原礫による『ソードアート・オンライン』を原案としたスピンオフ作品で、同作に登場するゲーム『ガンゲイル・オンライン』を舞台とした物語が展開される。本作は主人公のレンこと小比類巻香蓮が、VRゲームをプレイすることで高身長という自分のコンプレックスと向き合い、そしてピトフーイやエムらライバルたちと競い合うことで人間として成長していく物語を描いている。

Read Article

子タグ