100億の男

100億の男の関連記事

100億の男のレビュー・評価・感想

New Review
100億の男
5

彩る女性達のうち、できれば

終盤多くの女性と濡れ場を見せた富沢琢矢が楊美娟に「真に心が通ったのは君だけ」と言って、それまでが収斂して連載は終わったように見える。
最終回では父に絶縁された久我山沙貴がセックスの相手をした「100億の男」、新しい婚約者がいて琢矢に救われた広瀬和美は世界の異なる琢矢を応援し、りさ子と美村奈緒子がショーケンの知己で再登場し、互いに接点のなかった前島マリエと森下圭は沙貴の案内で真鍋政一とベンチャー社長達と共に琢矢の下に来た。
しかし再登場しなかった女性もいる。
速見香織は役目を終えており別にいいが、篠田冴子とレイチェル・ヘイズワードも再登場させてほしかった。前者は琢矢を自信に満ちていた亡き夫と重ねて結局自分はバカな男達が好きと気付き、古狸こと天善を負かすところが見たいと言った。帰国した琢矢を歓迎した。後者は優秀なチーフ。使い所はまだあった。
https://asokoro.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-7295.html
このように後者のファンもいたが、個人的には株を持っていたのは夫との思い出の品だからという前者も和美と違って本当の一市民でもない(テレビに映る琢矢を見れば、彼女のように見守るだけということもない筈)ので、ビジネスに強くなって琢矢の戦力となってほしかった。
金髪に着物が似合い、その髪を振り乱して琢矢とセックスをし、男を極めてもらう夢を託す冴子はよかった。
りさ子は情報を自分で活かすことはない。マリエは母親譲りの商才はあるかもしれないが、跳ねっ返りぶりを見れば学業もおろそかにしていそうな女子大生。奈緒子は特技が既に2つ(バイクの操縦と盗聴)あっては面白くない。
個人的には国友先生には自身も生き馬の目を抜くマネー戦争に加われるようになって、琢矢の(ショーケンと別の意味で)懐刀となりうる冴子を描いてほしかったところだ。夫の股肱之臣、岸和田専務にああ言ったのもあって…

親タグ