ソウ

ソウ(SAW)は監督ジェームズ・ワン、脚本ワンとリー・ワネルによって2004年1月19日に公開された映画である。
ジャンルは犯罪/ホラー/ミステリー/スリラーに部類される。
この作品では連続猟奇殺人鬼「ジグソウ」が仕掛けるゲームが中心に描かれており、 そのゲームは参加者全員が命の危険にさらされ、グロテスクな要素もある。ゲームの参加者にはある関係性や共通点があり、ジグソウはなんらかの明確な目的を持って対象人物を選出しており、そのゲームを阻止しようと動く刑事の視点などからも物語が展開されていく。
シリーズ1作目である今作は120万ドルという低予算に関わらず、全世界で1億ドル以上の興行収入を記録し、最も収益性の高いホラー映画のひとつとなった。
スパイラル:ソウ オールリセットが2021年5月14日に公開されたあとの全世界での興行収入が10億ドルを超えるなど、1作目が公開されたあとも世界的に根強い人気のある作品である。

taki_taku888のレビュー・評価・感想

ソウ
8

リアルで怖い

ソウは怖いと評判でした。
一番怖いというか、最初の方で繋がれた男たちが、自分の足を切り落とさないといけないかもしれないとわかるところでこの映画は怖いと理解しました。
その2人の事件も怖いですが、ソウがどういう人物かを示す、他の事件も怖いです。なんか罠っていうか、ゲームみたいなのを仕掛けられて、殺されるってひどいなと思います。
すごく想像力を掻き立てらさせるっていうか、自分の身においてしまって怖くなります。
ソウの目的もよくわかんないし、なんで選ばれたんだろうとか色々考えちゃいます。
多分、映画内で説明していたのでしょうが、色々衝撃で忘れちゃいました。
やっぱり、一番衝撃なのは最後のシーンです。
医者は顔面蒼白で出て行くし、残された方は鍵の行く末を思い出して絶望だし、ソウはあ、あなたがソウなのって人だし、鳥肌立ちまくりでした。終わり方が悲鳴で終わるってのも新しいし、後を引きます。
この映画は予算も少なかったと聞きました。
だからできない演出とかもあったかもしれませんが、だからこそ、よりリアルで怖かったと思います。
こういうのができてしまった以上、続編が作られるのは致し方ないのかもしれませんが、やはり、本作を超えるものはできなかったなと思いました。