ゴジラの逆襲

ゴジラの逆襲

『ゴジラの逆襲』とは1955年に公開された、日本の怪獣映画である。
魚群探査機パイロットの月岡と小林は、ゴジラとアンギラスの戦いを目撃する。大阪警視庁では、緊急会議が行われるものの、解決策は見つからぬままであった。そんな中、ゴジラとアンギラスは街を破壊しながら激しく戦う。
月岡はゴジラの出現により小林を亡くしながらも、ゴジラを生き埋めにする作戦に参加し、ゴジラを仕留めたのであった。
見所は月岡と小林の友情と、CGでは表現できないゴジラとアンギラスの独特の動きである。

ゴジラの逆襲の関連記事 (6/6)

「シン・ゴジラ」に期待する声をまとめてみた!リーク情報に一喜一憂大騒ぎ!

「シン・ゴジラ」に期待する声をまとめてみた!リーク情報に一喜一憂大騒ぎ!

『ふしぎの海のナディア』や『エヴァンゲリオン』シリーズで知られ、特撮の大ファンであることでも有名な庵野秀明が監督を務めた『シン・ゴジラ』は、公開前からその話題性で高い注目を集めていた。ここでは、様々なリーク情報に一喜一憂する、『シン・ゴジラ』公開前の人々の反応を紹介する。

Read Article

「シン・ゴジラ」の続編は無し!?上映イベントでの庵野監督の発言まとめ

「シン・ゴジラ」の続編は無し!?上映イベントでの庵野監督の発言まとめ

「シン・ゴジラ」の上映イベントで、監督の庵野秀明が続編の制作に乗り気でなかったことから、「続編は無い」とされ話題になった。同イベントに登壇したキャスト陣が続編に前向きな考えを示す一方で、庵野は「僕はもういいです」などと後ろ向きな発言。作品の視聴者からも「シンゴジラはあの形で終わったから名作」など、同意する意見も多く見られた。

Read Article

【蒲田くん】「シン・ゴジラ」Twitter上での感想をまとめてみた!パワーワードのオンパレード!【内閣総辞職ビーム】

【蒲田くん】「シン・ゴジラ」Twitter上での感想をまとめてみた!パワーワードのオンパレード!【内閣総辞職ビーム】

12年ぶりに日本で作られたゴジラ映画『シン・ゴジラ』は、その秀逸なシナリオと映像のクオリティで各方面から絶賛された。リピーターが続出し、普段特撮映画を見ない層も映画館に足を運ぶ大ヒットとなった。ここでは、公開当時のTwitter上の感想をまとめて紹介する。

Read Article

「シン・ゴジラ」実況ツイート「東京湾で水蒸気爆発」「アクアライン崩落」で大混乱!紛らわしいと怒りの声も

「シン・ゴジラ」実況ツイート「東京湾で水蒸気爆発」「アクアライン崩落」で大混乱!紛らわしいと怒りの声も

『シン・ゴジラ』の劇中で起こった出来事をリアルタイムで実況するツイートが盛り上がりを見せる中、本作を知らない人が現実のことだと勘違いするという事態が起こった。「東京湾で水蒸気爆発」や「アクアライン崩落」といった不穏な情報に振り回された人々は、「紛らわしい」と怒りの声を上げた。

Read Article

【ネタバレ無し】『シン・ゴジラ』の感想ツイート集!【高橋一生の好演】

【ネタバレ無し】『シン・ゴジラ』の感想ツイート集!【高橋一生の好演】

12年ぶりに日本で制作された『ゴジラ』シリーズの新作『シン・ゴジラ』の感想ツイートをネタバレ無しで紹介する。俳優の中村育二を政治家の甘利明と見間違えて驚く者もいれば、高橋一生が見せた安定の好演を評価する者まで多種多様。本作への高い注目を裏付けるものとなっている。

Read Article

内閣総辞職がTwitterでトレンド入り!ゴジラの話題と誤解する人が続出!

内閣総辞職がTwitterでトレンド入り!ゴジラの話題と誤解する人が続出!

2018年、NHKの討論番組で野党が安倍内閣の責任を追及し、内閣総辞職を要求。Twitterでは内閣総辞職がトレンド入りし話題になりましたが、「ゴジラの話題」と勘違いする人が続出しました。これは2016年の『シン・ゴジラ』でゴジラの放った光線が、「内閣総辞職ビーム」と称されたことが原因になっています。

Read Article

『シン・ゴジラ』製作発表への反応をまとめてみた!監督は庵野秀明、12年ぶりのシリーズ復活にファン歓喜!

『シン・ゴジラ』製作発表への反応をまとめてみた!監督は庵野秀明、12年ぶりのシリーズ復活にファン歓喜!

『シン・ゴジラ』が製作発表された際のファンの反応を紹介する。本作は日本で製作されるものとしては12年ぶりのゴジラシリーズ作品で、監督は日本を代表するアニメーターである庵野秀明。特撮マニアのみならずアニメ好きもこのニュースに反応し、『シン・ゴジラ』への期待を高めていった。

Read Article

シン・ゴジラで石原さとみが英語を披露!上手か下手かで大論争勃発!

シン・ゴジラで石原さとみが英語を披露!上手か下手かで大論争勃発!

2016年に公開され、記録的なヒット作となった『シン・ゴジラ』には、石原さとみが英語を披露するシーンがある。この時の石原は「アメリカの若い政治家」という役柄で登場しており、ネイティブ風のイントネーションはなかなか見事なものなのだが、「発音が良すぎて自然な感じがしない」、「いかにも英会話教室の英語」との意見も少なからず存在する。石原の英語シーンの反応について紹介する。

Read Article

『シン・ゴジラ』発声可能上映「女性限定鑑賞会議」を徹底紹介!【新宿バルト9】

『シン・ゴジラ』発声可能上映「女性限定鑑賞会議」を徹底紹介!【新宿バルト9】

2016年に公開された『シン・ゴジラ』は、その高いクオリティから絶賛の声が相次ぎ、「ストーリーの展開に合わせて叫んだり語ったりしながら見てみたい」という声に応える形で前代未聞の「発声可能上映」が幾度か行われた。ここでは、その中でも新宿バルト9で開催された「女性限定鑑賞会議」の様子について紹介する。

Read Article

シン・ゴジラのタグ「巨災対の日常」のツイートまとめ!萌えと妄想が入り乱れる!【Twitter】

シン・ゴジラのタグ「巨災対の日常」のツイートまとめ!萌えと妄想が入り乱れる!【Twitter】

ここでは映画『シン・ゴジラ』に関連したタグ「巨災対の日常」のツイートをまとめた。「巨災対」というのは「巨大不明生物特設災害対策本部」のこと。映画の「巨災対」の雰囲気は終始緊迫していたが、「巨災対の日常」のタグで投稿されたツイートではファンの妄想により、非常にほのぼのとしている。

Read Article

シン・ゴジラでも健在のテレビ東京伝説!怪獣が東京に出現しても通常放送!

シン・ゴジラでも健在のテレビ東京伝説!怪獣が東京に出現しても通常放送!

2016年に公開された『シン・ゴジラ』では、「ゴジラの進行に合わせてテレビ番組が緊急速報を出す」という演出が取り入れられ、リアリティのある展開を作り出すことに成功している。しかしこの時の画面をよく見ると、1局だけ通常放送を続けるテレビ局があり、「この局はテレビ東京ではないか」と話題になった。「テレビ東京は大事件が起きても通常放送を続ける」という“テレビ東京伝説”がここでも再現された形である。

Read Article

【ゴジラ】2018年の怪獣映画特集!スクリーンで「巨大生物」が暴れ回る!【パシフィック・リム】

【ゴジラ】2018年の怪獣映画特集!スクリーンで「巨大生物」が暴れ回る!【パシフィック・リム】

2018年、巨大ロボになって怪獣と戦う大ヒット映画の続編『パシフィック・リム:アップライジング』が公開された。この年はいわゆる「怪獣映画」の当たり年で、様々な話題作が続々と登場してファンを賑わせた。ここでは、そんな2018年の怪獣映画を紹介していく。

Read Article

「シン・ゴジラ」地上波初放送でファンの理解度の高さが明らかに!小出恵介のシーンはカット…石原さとみに注目

「シン・ゴジラ」地上波初放送でファンの理解度の高さが明らかに!小出恵介のシーンはカット…石原さとみに注目

2017年、人気映画の『シン・ゴジラ』が地上波初放送された。Twitterでは「内閣総辞職ビームの音がウルトラマンのスペシウム光線と同じ」「不祥事起こした小出恵介のシーンがカットされてる」「石原さとみの谷間に注目」といったつぶやきが投稿され、映画やキャストに対するファンの理解度の高さが明らかとなった。

Read Article