ゴジラの逆襲

ゴジラの逆襲

『ゴジラの逆襲』とは1955年に公開された、日本の怪獣映画である。
魚群探査機パイロットの月岡と小林は、ゴジラとアンギラスの戦いを目撃する。大阪警視庁では、緊急会議が行われるものの、解決策は見つからぬままであった。そんな中、ゴジラとアンギラスは街を破壊しながら激しく戦う。
月岡はゴジラの出現により小林を亡くしながらも、ゴジラを生き埋めにする作戦に参加し、ゴジラを仕留めたのであった。
見所は月岡と小林の友情と、CGでは表現できないゴジラとアンギラスの独特の動きである。

ゴジラの逆襲の関連記事 (4/6)

「シン・ゴジラ」から学ぶ自衛隊の組織編成と装備!防衛省との関係性は?

「シン・ゴジラ」から学ぶ自衛隊の組織編成と装備!防衛省との関係性は?

『シン・ゴジラ』では巨大怪獣「ゴジラ」から日本を守ろうと奮闘する防衛省や自衛隊の姿が描かれる。フィクションではあるものの、製作にあたって防衛省・自衛隊に協力を依頼し「実際にゴジラが現れた場合どう対処するのか」をミーティングするなど、リアリティが重視されている。

Read Article

【ZARAはどこ?】ネットがお祭り騒ぎとなった「シン・ゴジラのパワーワード」一覧!【内閣総辞職ビーム】

【ZARAはどこ?】ネットがお祭り騒ぎとなった「シン・ゴジラのパワーワード」一覧!【内閣総辞職ビーム】

『シン・ゴジラ』のパワーワード集を紹介する。2016年に大ヒットした本作は、その翌年となる2017年には早くも地上波に初登場。Twitterではストーリーの進行とともに飛び出すいくつもの印象的なセリフや言葉、いわゆる“パワーワード”が話題となった。

Read Article

【まずは君が落ち着け】『シン・ゴジラ』の名言・名セリフをまとめてみた!【仕事ですから】

【まずは君が落ち着け】『シン・ゴジラ』の名言・名セリフをまとめてみた!【仕事ですから】

2016年に公開された『シン・ゴジラ』は、特撮手法だけでなく、庵野秀明による秀逸な脚本と独特のセリフ回しも「癖になる」、「素晴らしい」と高く評価された。 ここでは、『シン・ゴジラ』の中でも特に印象的な名言・名セリフ/名シーン・名場面を紹介する。

Read Article

「なんでもない写真を平成明朝体W9で特撮っぽくする遊び」のツイートまとめ!まるでシン・ゴジラみたいに!

「なんでもない写真を平成明朝体W9で特撮っぽくする遊び」のツイートまとめ!まるでシン・ゴジラみたいに!

ここでは「なんでもない写真を平成明朝体W9で特撮っぽくする遊び」のタグで投稿されたツイートをまとめた。平成明朝体W9は映画『シン・ゴジラ』でも使用されたフォントだ。何の変哲もない画像に平成明朝体W9の文字を入れるだけで、まるで映画の一場面のようになるところが面白い。

Read Article

​「シン・ゴジラ」から学ぶ日本政府の危機管理の仕組み!緊急事態にはどう対応する?

​「シン・ゴジラ」から学ぶ日本政府の危機管理の仕組み!緊急事態にはどう対応する?

『シン・ゴジラ』では、日本の安全保障や危機管理制度に関する事柄が丁寧に描かれている。フィクションでありながら、実際に緊急事態が起きた時に政府がどう対応するのか、分かるようになっているのだ。ここでは映画で描かれた政府首脳の意思決定の手順・法的根拠などをまとめてみた。

Read Article

「シン・ゴジラ」が賛否両論!「エヴァンゲリオン」との類似や「ゴジラ」としての資質を問う声も!

「シン・ゴジラ」が賛否両論!「エヴァンゲリオン」との類似や「ゴジラ」としての資質を問う声も!

2016年に公開された『シン・ゴジラ』に集まった、賛否両論の声を紹介します。『ファイナルウォーズ』以来12年ぶりとなる和製ゴジラ映画ということで大きな注目が集まり、その出来を賞賛する声がある一方で、『エヴァンゲリオン』に雰囲気が酷似しているという声もあれば、「これはゴジラじゃない」と酷評する声もあるようです。

Read Article

地上波初放送の『シン・ゴジラ』の“カットされたシーン”をまとめてみた!

地上波初放送の『シン・ゴジラ』の“カットされたシーン”をまとめてみた!

2016年に公開された『シン・ゴジラ』が、翌年の11月に地上波で初放送された。ほぼノーカット放送となったが、時間枠に収めるためにカットされたシーンがいくつか存在し、熱心なファンが「どこが削られているのか」を細かく分析している。ここでは、それらのカットシーンをまとめて紹介する。

Read Article

【ANI】『シン・ゴジラ』のちょっと変わった出演者&マイナーだけど凄い出演者を紹介!【伊藤祐輝】

【ANI】『シン・ゴジラ』のちょっと変わった出演者&マイナーだけど凄い出演者を紹介!【伊藤祐輝】

「撮影中は日本中から役者が消えた」ともいわれる怪獣映画『シン・ゴジラ』には、意外な俳優が出演している。まさかのビッグネームもいれば、マイナーだが優れた演技で注目されている役者もおり、それを見付けるのも楽しみ方の1つとなっている。ここでは、そんな「ちょっと変わった出演者」や「マイナーな実力派俳優」を紹介する。

Read Article

『シン・ゴジラ』の“中の人”は野村萬斎!?驚愕の情報に驚くネットの声をまとめてみた!

『シン・ゴジラ』の“中の人”は野村萬斎!?驚愕の情報に驚くネットの声をまとめてみた!

2016年に公開され、記録的ヒット作となった『シン・ゴジラ』。本作のゴジラはモーションキャプチャーで作られたことが明かされていますが、それを演じたのが能楽師の野村萬斎だと判明しネットで話題となっている。“中の人”の正体が主演級の有名俳優だったことは、本作を視聴した多くの人を驚愕させることとなった。

Read Article

あだち充が島本和彦の描く「シン・ゴジラ」同人誌を購入したと話題に!

あだち充が島本和彦の描く「シン・ゴジラ」同人誌を購入したと話題に!

『タッチ』の作者として知られるあだち充が、島本和彦の描く『シン・ゴジラ』の同人誌を購入したことが大きな話題になっている。島本によれば、『サンデーうぇぶり』に掲載された同人誌を見たあだち充から、直接注文の連絡がきたという。大御所からの注文に、島本はとても動揺していた。

Read Article

【下手?】“「シン・ゴジラ」での石原さとみの英語力”に関する激論を徹底紹介!【ルー語】

【下手?】“「シン・ゴジラ」での石原さとみの英語力”に関する激論を徹底紹介!【ルー語】

大ヒットした『シン・ゴジラ』に登場する、石原さとみ演じるカヨコ・アン・パタースンが話題となっている。英語と日本語を織り交ぜて話すその独特の語り口調が、「下手なのでは?」「浮いている」「ルー大柴みたい」とネットを中心に盛んに議論された。ここでは、ファンによる激論について紹介する。

Read Article

高橋一生が「ごめんなさい」を連発した『シン・ゴジラ』発声上映会の盛り上がりぶりを紹介!

高橋一生が「ごめんなさい」を連発した『シン・ゴジラ』発声上映会の盛り上がりぶりを紹介!

2016年に公開された特撮映画『シン・ゴジラ』は、そのクオリティの高さから好評を博し、「発声可能上映会」がたびたび開かれるなど独特の盛り上がりを見せた。同年9月15日には「全国一斉!発声上映会」が大々的に開催され、同作の監督や俳優が会場に登場。当時の様子を紹介する。

Read Article

「シン・ゴジラ」のキャスト別の感想・評価をまとめてみた!”真の主役は誰だ”論争勃発!?

「シン・ゴジラ」のキャスト別の感想・評価をまとめてみた!”真の主役は誰だ”論争勃発!?

2016年に公開され、日本アカデミー賞で11賞を獲得した映画『シン・ゴジラ』のキャスト別の感想・評価をまとめました。長谷川博己、市川実日子、石原さとみ、高橋一生、マフィア梶田、平泉成、ピエール瀧などの俳優が高評価で、中には"真の主役"と言われる者もいるようです。

Read Article

「シン・ゴジラ」の尾頭ヒロミの早口セリフへの反応をまとめてみた!本人も驚く大反響!

「シン・ゴジラ」の尾頭ヒロミの早口セリフへの反応をまとめてみた!本人も驚く大反響!

『シン・ゴジラ』の女性限定鑑賞会議が行われ、尾頭ヒロミこと市川実日子が舞台挨拶。ゴジラの生態を推測する際の早口セリフが生披露されると、会場はどよめき拍手喝采。市川は大きなガッツポーズを見せていた。Twitterでは、尾頭のイラストが続々アップされ話題になっています。

Read Article

「シン・ゴジラ」のネタバレ考察まとめ!東日本大震災のオマージュ?尻尾から生えた人間のようなものは何?

「シン・ゴジラ」のネタバレ考察まとめ!東日本大震災のオマージュ?尻尾から生えた人間のようなものは何?

ここでは『シン・ゴジラ』のネタバレ考察をまとめた。映画ではゴジラが破壊し、歩いたところに放射能があると確認されている。このことから、『シン・ゴジラ』は東日本大震災をオマージュした作品ではないかと言われている。 またラストシーンでは、ゴジラ第4形態の尻尾が映る。この時、尻尾から人間のようなものが生まれているように見え、様々な憶測を呼んだ。

Read Article

【松本人志】映画「シン・ゴジラ」を各界のプロが大絶賛!ネット上の反応をまとめてみた!【石破茂】

【松本人志】映画「シン・ゴジラ」を各界のプロが大絶賛!ネット上の反応をまとめてみた!【石破茂】

2016年に公開され大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』は、ダウンタウンの松本人志や、元防衛大臣の石破茂などの著名人からも絶賛されている。様々なジャンルのプロフェッショナルの視点から見ても高く評価されたということは、それだけ本作のシナリオがよく出来ているという証拠だと、ネットを中心に話題となった。ここでは、『シン・ゴジラ』に対する著名人の感想と、それに対するネット上の反応を紹介する。

Read Article

【偶然の一致?】『シン・ゴジラ』と『エヴァンゲリオン』の“共通点”をまとめてみた【意図的な演出?】

【偶然の一致?】『シン・ゴジラ』と『エヴァンゲリオン』の“共通点”をまとめてみた【意図的な演出?】

2016年7月29日より公開された『シン・ゴジラ』。『ゴジラ FINAL WARS』以来、12年ぶりの日本制作のゴジラとのことですが、総監督・脚本が『新世紀エヴァンゲリオン』を手がける庵野秀明氏であったことが、何よりも注目を浴びているようです。『シン・ゴジラ』と『エヴァンゲリオン』に共通点を感じる人も少なくなく、様々な考察が行われています。ここではその一部を紹介します。

Read Article

『シン・ゴジラ』の凄さと魅力を紹介!日本アカデミー大賞「最優秀作品賞」獲得も納得の傑作!

『シン・ゴジラ』の凄さと魅力を紹介!日本アカデミー大賞「最優秀作品賞」獲得も納得の傑作!

特撮映画『シン・ゴジラ』が、2016年の日本アカデミー大賞の最優秀作品賞を受賞した。俗に「怪獣映画」と呼ばれる、娯楽に特化した作品ながらこれだけの名誉を受けることとなったのは、それだけ本作が映画的な技巧に優れていた証拠でもある。ここでは、『シン・ゴジラ』の魅力と凄さについて紹介する。

Read Article